Powered by Six Apart

2016年9月27日 (火)

JAあさか野新座市野菜出荷組合・片山出荷組合の皆さまのご視察をおこないました

9/14(水)は、JAあさか野新座市野菜出荷組合・片山出荷組合の

皆さまが視察に訪れました。

Img_0873JAあさか野は東京都心から20km圏内の

埼玉県朝霞市、志木市、和光市、新座市に広がるJAです。

片山出荷組合は、新座市にあります。

ほうれんそうなどの葉物野菜や花の生産が中心ですが、

片山地区はぶどうも生産しており、様々な品目を生産されています。

Img_0867_2

最初に、営農・技術センターの業務について

説明させていただきました。

次に、6階に上がり、残留農薬検査室と窓から見える

JA全農青果センター神奈川センターについて

説明させていただきました。

最後に、センター内の圃場やハウスについてもご覧いただきました。

Img_0871

Img_0895

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますshine

2016年9月26日 (月)

丙ガス主任技術者試験対策講習を開催しました

営農・技術センターでは、9月14日~16日にかけて、

丙ガス主任技術者試験対策講習を開催しました。

Img_0898

Img_0900

Img_0901丙ガス主任技術者試験対策講習は、簡易ガス事業の許可を受けている

JA・関連会社・連合会のLPガス担当者を対象に開催している講習会です。

模擬試験形式で試験対策をおこない、試験合格を目指します。

Img_0905

Img_0909営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2016年9月23日 (金)

食農教育:平塚市立中原小学校の5年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、食農教育活動を行っています。

その中でも小学校5年生を対象にした施設見学は、

毎年好評です。

お米の歴史や田んぼの生きものについての話しと、

トラクターやコンバインなどの農業機械に触れる体験をしています。

9/14(水)は、平塚市立中原小学校の5年生、

67名の元気な小学生がやってきました。

Img_1276

関東の方はご存知だと思いますが、「中原街道」のもとになった

平塚市中原地区のそばにある小学校です。

中原地区は、江戸時代に徳川家康のお鷹場として使われた場所でした。

「御殿」と言う地域名や江戸から中原に続く「中原街道」なども、

その名残だそうです。

Img_1279

さて、施設見学は、最初に、全農がおこなっている仕事の話と、

営農・技術センターの仕事について説明しました。

次に、田んぼの生き物や、お米作りについてお話しをしました。

自分たちで育てているお米についてたくさん質問したいことがあったようで、

稲の写真や質問事項なども紙に書いて持ってくるなど、

とても熱心な小学生の皆さんでした。

Img_1280

続いて、外に展示したトラクター・コンバイン・田植え機の

説明をしてもらいました。

Img_1287

Img_1290_2

Img_1291

Img_1297

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさ、を体験してもらう活動を行っていますnote

2016年9月21日 (水)

JAセレサ川崎高津地区組合員後継者の会の皆さまのご視察をおこないました

9/14は、JAセレサ川崎高津地区組合員後継者の会

の皆さまが視察に訪れました。

JAセレサ川崎は、神奈川県の川崎市全域に広がるJAです。

Img_1262今回来ていただいた高津地区は、JAセレサ川崎管内の真ん中に位置しており

多摩川の丘陵地に広がる、果樹や野菜を中心に生産されている地域です。

特に梨は、『多摩川梨』として広く知られています。

Img_1261営農・技術センターの業務について説明させていただいた後は、

本館の6階に上がり、残留農薬検査室と6階から見える

JA全農青果センター 神奈川センターについて説明させていただきました。

Img_1263

Img_1266

Img_1268

Img_1269センター内の圃場やハウスについてもご覧いただきました。

Img_1272_2

Img_1273営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2016年9月20日 (火)

食農教育:平塚市立金田小学校の5年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、食農教育活動を行っています。

毎年このシーズンは、小学校5年生を対象に

施設見学の受入を行っています。

お米づくりをおこなっている5年生に、

お米の歴史や田んぼの生きものについての話しと、

トラクターやコンバインなどの農業機械に触れる体験をしています。

9/13(火)は、平塚市立金田小学校の5年生の

皆さんがやってきました。

今年度最初の小学校です。

Img_1237

最初にガイダンスルームで、全農が何をやっている

ところなのかと、営農・技術センターの仕事について

説明しました。

小学生の皆さんのメモ帳が文字でぎっしり埋められる程、

興味の高さが伺えました。

Img_1238

続いて、外に展示したトラクター・コンバイン・田植機の説明をして、

乗って触れる体験をしました。

間近で見る機会が少ない機械に触れて、

子どもたちは興奮状態でした。

Img_1240

Img_1244あいにくの雨模様でしたが、皆さんの熱気がすごく、

楽しく体験しながら農業について理解を深めていただきました。

Img_1249

Img_1251_2

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに

食べものの大切さ、農産物づくりの楽しさを

体験してもらう活動を行っていますwink

2016年9月16日 (金)

台風(温帯性低気圧)大接近

9/8の台風13号は、温帯性低気圧にかわりましたが、

関東は激しい雨となりました。

Img_1199

Img_1198営農・技術センターでも、ご覧の有様でした。

Img_1202

Img_1197

Img_1226突然の豪雨となったため、実習棟の入口前では

傘を持たずに出た人が立ち往生する姿も見られました。

台風が多い時期は、急な雨に注意しなければなりませんね…。

Img_1230

Img_1234JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

技セのフレッシュな情報を提供します。

2016年9月15日 (木)

エーコープマーク品研修会を開催しました!

エーコープマーク品研修会は、

JA全農生活リテール部主催の研修会です。

対象は都府県本部のエーコープマーク品を取り扱う職員です。

Img_1224

Img_1209_2

平成28年9月8日~9日の2日間にわたり開催されました。

Img_1211

Img_1213

エーコープマーク品の導入のポイントや商品知識、

商品を使ったレシピなどについて研修されていました。

Img_1216

Img_1218

Img_1219

Img_1220

Img_1223

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

2016年9月14日 (水)

スプレーギクリーダー研修会を開催しました!

スプレーギクの関連団体、「社団法人日本花き生産協会

スプレーギク部会が主催するスプレーギクリーダー研修会を、

9/5~6にかけて営農・技術センターで開催しました。

Img_1151

Img_1152全国のスプレーギクの生産者、指導者、研究者等が一堂に会し、

情報や意見の交換をとおして、技術及び品質向上、経営の安定化を図り、

我が国のスプレーギク生産振興に資するために開催されている研修会です。

全農もスプレーギクの品種改良を行っており、研修会に参加しました。

Img_1153

Img_1156

Img_1158

Img_1159営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2016年9月13日 (火)

JAしみず蒲原地区おしどり部会の皆さまのご視察をおこないました

9/7(水)は、JAしみず蒲原地区おしどり部会の皆さまが視察に訪れました。

JAしみずは、静岡市清水区内を営業エリアとするJAです。

今回来ていただいた皆さまは由比・蒲原地域の方々です。

Img_1166_2

JAしみずの農産物は、温州ミカン・はるみ・不知火(デコポン)・

ポンカン・清見・スルガエレガント(柑橘)・お茶・バラ・洋花・

枝豆・イチゴ・トマト・キウイフルーツ・銀杏・梨・葉ネギ・

イチジク・ワサビ・ナス・キンカン・葉しょうが・

プラム・ニンニク・アスパラガス・米など、

さまざまな農産物を生産されている地域です。

Img_1167

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

次に、6階に上がり、残留農薬検査室と窓から見える

JA全農青果センター神奈川センターについて説明させていただきました。

最後に、センター内の圃場やハウスについてもご覧いただきました。

Img_1169

Img_1170

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますshine

2016年9月12日 (月)

肥料品目技術マスター講習会を開催しました!

肥料品目技術マスター講習会は、肥料や土壌、作物栄養、

施肥コスト抑制などに関する専門的で応用的な知識を

習得することを目的とした講習会です。

Img_0851

Img_0853

Img_0854そのため、県連・県本部の肥料を担当する職員で、土壌や肥料

および土壌改良資材等全般にわたる品目知識を習得しようとするものと、

施肥診断技術者の有資格者または同等の知識を有するものが

受講の対象者となります。8月29日から9月2日まで開催されました。

Img_0856

Img_0857営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2016年9月 9日 (金)

小学校の見学の下見をおこないました! 勝原小学校・中原小学校

小学生の夏休みも、すでに終了しました。

長いようで短かった夏休み。

学校の先生は、毎日学校で勤務しています。

夏休み期間中を利用して、9月~11月におこなわれる

小学校の見学の下見に来られました。

Img_1110

1時間かけて見学コースを下見していただき、

当日、事故のないように動線を確認してもらいました。

また、先生方への営農・技術センターの業務紹介もおこないました。

見学当日が盛り上がるように先生と協力して進めています。

Img_1111

Img_1112

Img_1112_2

先生方の疑問に思っていることや、

学校で児童と勉強して解らなかったことへの質問なども、

ご相談として承っております。

見学の下見に来ていただいた8/30(火)は、

学校の開始日でしたが、台風のため休校となったそうです。

Img_1114

Img_1115

今年も、9月に入ると賑やかな小学校の見学が始まります。

営農・技術センターでは、小学生に食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っていますnote

2016年9月 8日 (木)

JA御殿場女性部の皆さまにご視察いただきました

9/1はJA御殿場女性部の皆さまがご視察にいらっしゃいました。

エーコープマーク品の研修会を中心としたご視察です。

Img_1137

Img_1138

JA御殿場は、静岡県の東に広がる東駿にあり、

御殿場市小山町が地域です。

JA御殿場管内の代表的特産品は、ごてんばこしひかり峰の雪もちです。

そのほか、わさびや水かけ菜、金華豚などの生産でも有名な地域です。

Img_1142

営農・技術センターの紹介とエーコープマーク品の開発検査を行っている

商品管理室の概要について説明を行いました。

Img_1143

Img_1146

Img_1149

その後、商品管理室の展示室をご覧いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2016年9月 7日 (水)

JAびえい様、ホクレン旭川支所様のご視察をおこないました

8/31(水)は、JAびえい様とホクレン旭川支所の

ご担当者様のご視察をおこないました。

Img_1124JAびえいがある「北海道美瑛町」は、

農業と観光の町として知られ、北海道のほぼ中央に位置しています。

美しい丘の畑が広がる写真をご覧になった事がある方も、

多いと思います。

米・麦はもちろん、たくさんの種類の野菜を生産されているJAです。

Img_1125

最初に、営農・技術センターの業務について

説明させていただきました。

次に、6階に上がり、残留農薬検査室と窓から見える

JA全農青果センター神奈川センターについて説明させていただきました。

Img_1126

今回は全農札幌事業所からの依頼もあり、

肥料研究室・農薬研究室からも、

研究室の概要をそれぞれ説明させていただきました。

Img_1122_2

Img_1132

来ていただいた方からは、

「大変勉強になった。生産者の研修にもぜひ活用したい。」と

お言葉をいただきました。

Img_1135

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますshine

2016年9月 6日 (火)

大潟村水稲種子組合の皆さまのご視察をおこないました

8/29は、大潟村水稲種子組合の皆さまが視察に訪れました。

大潟村は、日本最大の干拓地です。そこで水稲種子を生産されている

種子組合の皆さまに来ていただきました。

Img_0832

Img_0835

営農・技術センターの業務について説明させていただいた後は、

県本部と事業所からの希望もあり、農薬研究室から

サーモシードについても説明いたしました。

Img_0844

Img_0845

その後、サーモシードの開発に関係する施設などもご覧いただきました。

Img_0848

Img_0850

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2016年9月 5日 (月)

農機関連大学関係者のご視察をおこないました

8/29(月)は、農機関連大学関係者のご視察をおこないました。

生産資材部農業機械課の依頼で、大学で農業市場関連を

研究調査されている先生方をご案内いたしました。

Img_0825

午前中は、営農・技術センターについて案内させていただきました。

最初に、営農・技術センターの業務について詳しく説明させていただきました。

Img_0828

次に、6階に上がり、残留農薬検査室と窓から見える

JA全農青果センター神奈川センターについて説明させていただきました。

最後は、全国土壌分析センターや、圃場・ハウスなどもご覧いただきました。

Img_0829

Img_0831

午後からは、生産資材研究室・生産資材部農業機械課が

中心となり、農機関連の施設をご案内いたしました。

Img_0839

Img_0840

Img_0841

Img_0842

Img_0843

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますflair

2016年9月 2日 (金)

平成28年度 第3回野菜栽培概論講習会を開催しました!

昨年度から営農・技術センターが事務局となり、

地域生産振興の一環として産地づくりのできる

人材育成のための講習会を新たに開催しています。

そのひとつである、「野菜栽培概論講習会」は

産地づくりの強化に向け、JAや県域の職員等を対象に、

野菜栽培技術の習得を目的として、

1シリーズ5回で実施する講習会です。

20160826_133532

6/28の第1回、7/26の第2回に続き、8/26に第3回を開催しました。

各県本部のTV会議システムを活用し、

全国で500名を超える方が受講されています。

20160826_162744

20160826_162753

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますflair

2016年9月 1日 (木)

神奈川県本部生活モニター会議を開催しました!

8/24(水)は、神奈川県本部生活課主催の

「第2回生活モニター会議」が営農・技術センターでおこなわれました。

Img_1084

Img_1086県下 8JAの生活モニターの方々やJA職員22名が参加しました。

Img_1088「生活モニター会議」は、 生活モニターに選任された

県下JAの女性部員を対象に開催するものです。

商品メーカー担当者による商品研修会やAコープマーク品の

質の高さや安心安全な商品開発の現場視察を通して、

商品知識を身に付け、JA女性部活動に役立てていただこうというものです。

Img_1090

Img_1099

今年度2回目となる今回は、営農・技術センターを会場とし、

営農・技術センターの説明や、エーコープマーク品の商品管理を

おこなっている商品管理室の見学をおこないました。

Img_1100

Img_1101

Img_1104

Img_1109

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますflair

2016年8月31日 (水)

夏休みに松ヶ丘小学校と崇善小学校の先生が見学下見にやってきました

8月も本日で終わりです。小学生の夏休みも、すでに

終了してしまったところがほとんどだと思います。

長いようで短かった夏休み。

しかしながら学校の先生は、夏休み期間中も毎日学校に勤務しています。

その間営農・技術センターでは、9月~11月におこなわれる

小学校の見学下見の受け入れを行っています。

Img_0813

Img_0820

1時間をかけて見学コースを下見していただきます。

時間がある場合には、先生に営農・技術センターの業務紹介もおこなっています。

Img_0814

先生が疑問に思っていることや、学校で児童と勉強して

解らなかったことへの質問なども、ご相談として承っております。

見学当日が盛り上がるように先生と協力して進めています。

Img_0817

今年も、9月に入るとの賑やかな小学校の見学が始まります。

Img_0822

Img_0823

営農・技術センターでは、小学生に食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っています。

2016年8月30日 (火)

台風一過

8/22の台風9号は関東を直撃し、

営農・技術センターも大荒れでした。

Img_0779

Img_0788

Img_0792

Img_0790

午後遅くになり、城島圃場も見回りに行きました。

水路からは水があふれていました。

Img_0797

Img_0799

Img_0809

その夕方、西の空は台風一過できれいな色に染まっていました。

20160822_182425

20160822_182430

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

技セのフレッシュな情報を提供します。

2016年8月29日 (月)

平成28年度加工・業務用野菜づくり講習会を開催しました!

昨年度から、営農・技術センターが事務局となり、地域生産振興の一環として

産地づくりができる人材育成のための講習会を新たに開催しています。

加工・業務用野菜づくり講習会」は産地づくり強化のため、

JA・県域の職員等を対象に、加工・業務用野菜づくりについての

知識の習得を目的としています。

S2920001

S2920002

野菜栽培概論講習会と同様にTV会議システムを活用し、

今年度は、「加工・業務用レタス」をテーマに、8/19に開催しました。

全国で180名を超える方が受講されました。

S2920003

S2920004

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。