Powered by Six Apart

2019年3月25日 (月)

JAオホーツク網走 農業担い手実践研修のみなさまがご視察にいらっしゃいました。

3月22日(金)に、

JAオホーツク網走 農業担い手実践研修の皆さまが視察に訪れました。

1903251

JAオホーツク網走は、北海道東部の網走市(あばしりし)を中心として東西に広がり、

オホーツク海に面しています。

このJAでは、麦類・砂糖の材料となるてんさい・じゃがいも・だいこん・ながいも・

ごぼう等が栽培され、また乳牛・和牛が飼育されています。

今回お越しになった皆さまは、JAオホーツク網走で実施している

就農2年目の担い手を対象とした研修に参加されている方々です。

1903252

麦類・でん粉原料用じゃがいも・てんさいを中心に一部豆類や

野菜の作付をしている若い農業者の皆さまです。

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階のリサーチギャラリーで

センター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1903253

1903254

1903255

また、圃場やハウス、農業機械の実習棟も見学していただきました。

1903256

皆さまは、リサーチギャラリーの展示や農業機械を熱心に視察されました。

異なる地域の農業を知っていただくことができたと思います。

1903257

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2019年3月22日 (金)

センターから見える春の風景(1)

営農・技術センター入り口の写真の部分には、芝生を植えていましたが

生育が良くないため、玉砂利を敷いてリニューアルしました。

1903221

1903222

1903223

センターのりんごの木は、まだ花や葉が出ていなくて、

冬の姿になっています。冬の間に剪定を行ったので、枝が少なくなっています。

1903224

1903225

しかしよく見ると、赤いつぼみが育ってきています。

4~5月には白い花が咲く予定です。

1903226

1903227

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

営技セのフレッシュな情報を提供します。

2019年3月20日 (水)

宿泊棟の設備を更新しました

営農・技術センターの宿泊棟は、

多くの講習生に利用していただいています。

築30年を超えており、老朽化していますが、

まだ頑張ってもらわなければなりません。

毎年少しずつ講習生が少ない今の時期に設備の更新を行っています。

1903201

1903202

今年は放送設備を更新しました。

1903203

1903204

宿泊棟の男子用トイレは、個室が狭いという意見がありましたが、

3年かけて1フロアずつ個室を広くする工事を行いました。

また、扉も新しいものに交換し、

2階はオレンジ色、

1903205

3階は赤色、

1903206

4階は青色と、別の色の扉を付けています。

1903207

また、冷暖房が不調なところは、現在修理を行っています。

新年度にセンターにいらっしゃる講習生が快適に過ごせるように、

メンテナンスを行っています。

1903208

1903209

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

センターのフレッシュな情報を提供しますhappy01

2019年3月19日 (火)

NPO法人たこ凧揚がれ 伊勢原農業交流9の皆様が視察に訪れました

3/14(木)に「NPO法人たこ凧揚がれ 伊勢原農業交流9

の皆さまが営農・技術センターを訪問しました。

NPO法人たこ凧揚がれでは、インドネシアのバリ島にある国立ウダヤナ大学

農学部の学生2名を農業交流として受け入れており、日本で研修を行っています。

神奈川県のJAいせはらも協力しており、今年が9年目だそうです。

1903191

今回は7日間の日本滞在とのことで、カリキュラムのひとつとして

営農・技術センターの見学に来ていただきました。

学生2名と事務局3名での訪問です。

1903192

パワーポイントを使用して、営農・技術センターの

業務について説明させていただきました。

1903193

その後本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の

取り組みについてご覧いただきました。

1903194

また、圃場やハウスも見学していただきました。

1903195

全農が普及している省力的栽培技術「鉄コーティング水稲直播」、

農研機構が開発した地下水位制御システム「FOEAS」、全農が

普及している天敵を活用した防除資材「バンカーシート」など

について多くの質問を受けました。

なお、この日の午前中は神奈川県農業技術センターを視察されたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年3月18日 (月)

農協運営改善のためのリーダー育成研修(IDACA)の参加者をご案内しました

3月13日(水)に、IDACA主催の「農協運営改善のためのリーダー育成研修」に

参加している海外の皆さまをご案内しました。

1903181

IDACAとは、

財団法人アジア農業協同組合振興機関

(The Institute for the Development of Agricultural Cooperation in Asia)です。

IDACAは、国際協力機構(JICA)やその他の国際関係機関と提携し、

農業協同組合振興に向けた人材養成のための研修を実施しています。

今回は、2月下旬から20日間の日程で、農協運営改善に向けたリーダー育成のため、

アジアなどの農協組織育成に関わっている方々を対象とした研修会を開催し、

各地のJA・生産現場に研修に行かれたそうです。

ブータン、カンボジア、キルギス、ラオス、モルディブ、ネパール、スリランカの

7カ国の12名が営農・技術センターを視察されました。

1903182

まずは、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1903183

その後、農産物商品開発室と残留農薬検査室の取り組みについて担当者より説明し、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1903184

また、圃場やハウスも見学していただきました。

1903185

皆さまからは、研究開発や講習会などの運営方法や仕組みについて質問が多くありました。

また、残留農薬検査室やリサーチギャラリーの展示、圃場を熱心に見学されていました。

1903186_2

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れています。

2019年3月15日 (金)

ホクレン農業総合研究所の皆さまのご案内をおこないました

3月12日(火)にホクレン農業総合研究所

の皆さまが営農・技術センターを訪れました。

ホクレン農業総合研究所は、農業に関するさまざまな課題に対応するため、

生産から流通・販売に関わる幅広い研究、食の安全に関わる検査および

生産現場への営農支援を行うことにより、北海道農業をサポートしています。

1903151

営農支援センター、作物生産研究部、食品検査分析センター

といった組織でさまざまな研究を行っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回お越しの方々は、食品検査分析センターの皆さま3名で、

当センターの残留農薬検査室との情報交換のためにいらっしゃいましたが、

その前に営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1903152

皆さまからは、農産物の鮮度保持、クレーム分析、成分分析や

全農が開発したミニトマトの品種「アンジェレ」の取り組み

などについての質問がありました。

1903153

1903154

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

営農・技術センターの防災訓練を実施しました

3/6(水)に営農・技術センターの平成30年度防災訓練を実施しました。

本年は職員の日頃の防災意識を高めるため、

各フロアでの消防設備や避難経路の解説をおこないました。

1903131

1903132

消火器や火災報知機、防火扉の場所を確認し、

その機能を理解してもらうための説明を行いました。

また現場では、消防設備に関する質問も多く出され、

職員の防災意識の高さが伺えました。

1903133

1903134

1903135

この後夕方には地震と火災が起こったことを想定した避難訓練を行い、

センター内の指定避難場所に全職員が集合しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

営農・技術センターのフレッシュな情報を提供します。

2019年3月14日 (木)

JA東京むさし 国分寺地区青壮年部の皆さまのご視察をおこないました

3月7日(木)に、JA東京むさし 国分寺地区青壮年部の皆さまが視察に訪れました。

1903141

JA東京むさしは、東京都中部の武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・

小平市を管内としています。

特産物のウドをはじめ、夏果菜の露地野菜を中心に果樹・花・庭園樹などを出荷しています。

今回お越しの方々は、国分寺市で野菜、花き、植木などの多品目を生産されています。

直売所での販売が多いとのことでした。

また、地元野菜として国分寺市内の学校給食にも供給されているそうです。

1903142

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1903143

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階のリサーチギャラリーで

センター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1903144

1903145

最後に、圃場やハウスも見学していただきました。

 皆さまからは、加工・業務用野菜の品種や全農が普及する

天敵を活用した防除資材「バンカーシート」に関する質問がありました。

リサーチギャラリーでは、ネギの地中点滴潅水や

土壌断面等の展示を熱心に見学されていました。

営農・技術センターの後は、藤沢市の「井手トマト農園」に視察に行かれました。

1903146

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますflair

2019年3月12日 (火)

初級・中級レベル実践研修会

3/5(火)~6日(水)にかけて、一般財団法人 日本土壌協会の開催で

土壌医資格登録者を対象とした初級・中級レベル実践研修会を開催しました。

研修の中で、営農・技術センターのご案内をさせていただきました。

1903121

この研修会は、現地で土壌の調査、診断、対策を行っていく上で

問題になることの多い事柄に焦点を当てた研修会です。

土壌の簡易診断法、土壌物理性調査などのカリキュラムがあるそうです。

1903122

まず、営農・技術センターの業務について説明した後、施設見学を行いました。

限られた時間でしたが皆さん熱心に視察され、全農の営農・技術センターと言う機能について

理解していただけたようです。

1903123

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

 

2019年3月11日 (月)

赤西用水渋川地区産地形成の皆さまのご視察をおこないました

3月5日(火)に赤西用水渋川地区産地形成

の皆さまが視察に訪れました。

今回お越しの方々は、群馬県のJA赤城たちばな管内

なす、トマト、パプリカ、ピーマン、水稲などを栽培している

生産者の皆さま10名です。

1903111

ピーマンでは、全農が普及している点滴を活用した防除資材

バンカーシート」を活用されているそうです。

また、同地域では全農が普及している野菜栽培用資材

うぃずOne」を導入されている生産者もおられるとのことでした。

1903112

パワーポイントを使用して、営農・技術センターの業務について

説明させていただきました。

1903113

その後本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階の

リサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについて

ご覧いただきました。

1903114

1903115

リサーチギャラリーでは農研機構が開発した地下水位制御システム

FOEAS」や土壌断面などの展示を熱心に見学されていました。

翌日は、静岡県掛川市にある「サカタのタネ」の総合研究センターを

視察されるとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年3月 8日 (金)

平塚農業高校の視察をおこないました

3/1(金)に、平塚農業高校の先生9名が視察に訪れました。

1903081

営農・技術センターがある平塚市の高校で、業務を委託している

「全農ビジネスサポート平塚支店」に卒業生が在職しております。

学校が期末試験中とのことで、午後から来所されました。

1903082

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階のリサーチギャラリーで

センター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

また、圃場やハウスも見学していただきました。

1903083

 先生方からは、農産物の鮮度保持、農業機械、スーパードレンベッドなどに

関する質問がありました。

また、分析機器類についてのパネルや

リサーチギャラリーの展示物を熱心に視察されていました。

1903084

1903086

1903085

1903087

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますnote

2019年3月 7日 (木)

安全な農産物づくり基礎講習会を開催しました

営農・技術センターでは、2月28日(木)~3月1日(金)の

2日間にかけて、今年度第2回目の

安全な農産物づくり基礎講習会を開催しました。

1903071

1903072

この講習会は、安全な農産物づくりのための肥料、農薬の基礎知識や、

生産履歴記帳指導についての理解を深めるための、初任者を対象とした講習会です。

1903073

1903074

1903075

土づくり、農薬の適正使用、残留分析、栽培日誌記帳、生産管理などの

基礎知識を習得することを目的としています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2019年3月 6日 (水)

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習会を開催しました

2月25日~28日にかけて、

「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習会」を開催しました。

1903061

労働安全衛生法に定める場所で作業を行う際、酸素欠乏になることを防止して、

傷病者への応急手当などを行うことができる作業主任者を選任する必要があります。

そのため、酸素欠乏危険作業主任者の国家資格を取得するための講習会を開催しています。

1903062

なぜこのような資格の取得が必要なのでしょうか?

1903063

それは、全農生産資材部で開催している共同乾燥施設運転主任者講習会と

関連があります。

共同乾燥施設とは、ライスセンターやカントリーエレベーターのことです。

穀物の貯蔵には、巨大なサイロ(貯蔵ビン)が併設されており、

その中は酸欠になる可能性があるので酸素欠乏危険作業主任者を置くことが必要となります。

座学と実習が行われており、実習では救急蘇生法やAEDの取り扱い、

濃度測定の実習等を行っています。

1903064

1903065

1903066

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

2019年3月 5日 (火)

共乾施設運転主任者講習会を開催しました

営農・技術センターでは、2月18日(月)~22日(金)に

共乾施設運転主任者講習会を開催し、多くの講習生の方に受講いただきました。

1903051

1903052

共乾施設運転主任者講習会は、カントリーエレベーターなどの

共同乾燥施設の運転に必要な国家資格(乾燥設備作業主任者)の取得と、

基礎知識を習得するための講習会です。

今回で今年度第3回目となり、56名の方が参加されました。

1903053

この講習会では、座学のほか実際にシミュレーターを使った

実践的な実習なども行っています。

1903054

1903055

1903056

1903057

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、さまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2019年3月 4日 (月)

施肥診断技術者養成講習会を開催しました

営農・技術センターでは、平成31年2月18日~22日にかけて

第11回施肥診断技術者養成講習会を開催しました。

1903041

本年度最後の講習会となります。

1903042

施肥診断技術者養成講習会は、土壌や肥料および土壌診断に関する

基礎的な知識や土壌分析器を用いた土壌分析法の習得などを

目的とする講習会です。

JA職員で土壌診断業務に従事し、土壌改良目標や

施肥設計を策定しようとする方や県連・県本部職員で

土壌診断・施肥設計等の業務に従事しようとする方を対象に行っています。

1903043

JAの指導力強化のため、肥料に関する基礎知識、施肥指導のための応用技術など、

受講レベルに即した講習会を実施しています。

防除指導員要請講習会と並んでJAの営農指導員などには欠かせない講習会です。

1903044

座学の講義のほか、実際に土壌分析法を学ぶ実習も行われます。

慣れない実験器具の操作に戸惑うこともありますが、

講師の熱心な指導により、受講生は土壌分析が自分でできるようになっていきます。

1903045

1903046

1903047

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

2019年3月 1日 (金)

JAしみず蒲原支店運営委員会の皆さまのご視察をおこないました

2月21日(木)にJAしみず蒲原支店

運営委員会の皆さまが視察に訪れました。

JAしみずは、静岡県中部の静岡市清水区(旧清水市)を管轄するJAで、

おもな農産物としてはみかんを始めとするかんきつ類、お茶、えだまめ、

いちご、バラなどの花といったものがあります。

1903011

今回はかんきつ類やキウイフルーツなどの果樹、野菜類などを栽培している

生産者で構成される運営委員会の皆さま17名にお越しいただきました。

1903012

パワーポイントを使用して、営農・技術センターの

業務について説明させていただきました。

1903013

その後本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階のリサーチ

ギャラリーでセンター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1903014

1903015

皆さまからは、種苗登録・商標登録の期間や、残留農薬・

防除についての質問がありました。また、リサーチギャラリーでは

全農が普及している天敵を用いた防除資材の「バンカーシート」や

野菜栽培資材の「うぃずOne」などの展示を熱心に見学されていました。

営農・技術センター視察の後は、JAさがみの直売場

「わいわい市」に視察に行かれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年2月28日 (木)

「JAさいかつ松伏地区 農業研究会・認定農業者協議会・野菜研究会」の皆さまのご視察をおこないました

2月20日(水)に、「JAさいかつ松伏地区 農業研究会・認定農業者協議会・野菜研究会」

の皆さまが視察に訪れました。

1902281

「JAさいかつ」は、埼玉県の南東部に位置し、三郷市、八潮市、吉川市、

松伏町を管内としており、稲作や小松菜の生産が盛んな地域です。

今回は、水稲やブロッコリー、ネギなどを生産されている皆さま

18名にお越しいただきました。

松伏地区では、お米の品種「彩のきずな」が

昨年最も食味のよい「特A」の評価を取得されたとのことでした。

1902282

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1902283

1902284

リサーチギャラリーではネギの地中点滴潅水、全農が普及している

省力的栽培資材「うぃずOne」、土壌断面、全農が開発した

水稲品種「はるみ」等の展示を熱心に視察されていました。

1902285

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2019年2月27日 (水)

向日市農家組合長会の皆さまのご視察をおこないました

2月14日(木)に向日市農家組合長会

の皆さまが視察に訪れました。

向日市は京都府南西部に位置する市で、JA京都中央管内にあります。

京都市に隣接する都市近郊農業が行われている地域でタケノコの産地であり、

その他京野菜の千両ナスやみずな、花の栽培も行われています。

1902271

今回視察にいらした皆さまは、水稲やタケノコなどを栽培している

生産者、JA、市役所の皆さま10名です。

地元の小学校へ給食の食材を納品している方もいらっしゃるそうです。

1902272

今回は肥料研究室農薬研究室の取り組みについて紹介し、

両研究室の施設を見学していただきました。

1902274

1902275

1902276

1902277

圃場、ハウス、農薬研究室の害虫飼育室などを視察し、

研究室職員の説明を聞いていただきました。

1902273

また、リサーチギャラリーでは防除関係の展示を熱心に

見学されていました。営農・技術センターの後は、JA湘南の

直売所「あさつゆ広場」を視察に行かれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年2月26日 (火)

島根県農業協同組合の皆さまのご視察をおこないました

2月13日(水)に、島根県農業協同組合の皆さまが視察に訪れました。

1902261

島根県農業協同組合(JAしまね)は、2015年に島根県内の

11JAが合併した、県域JAです。

島根県の農業生産額は、米約30%、畜産40%、園芸30%となっており、

特産物としてはブドウ、メロン、わさびなどがあります。

今回視察にいらした皆さまは、JA管内で水稲、

園芸などに取り組まれている生産者の皆さま26名です。

1902262

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後、6階の残留農薬検査室を視察し、1階のリサーチギャラリーで

センター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1902263

皆さまからは、業務用米の品種に関する質問がありました。

また、リサーチギャラリーでは全農が普及している

天敵を使用した防除資材の「バンカーシート」、省力的な野菜栽培資材の

「うぃずOne」、ネギの地中点滴潅水などの展示を熱心に見学されていました。 

営農・技術センターの後は隣接する全農青果センター㈱神奈川センターを視察され、

さらに成田に移動し、翌日からはオランダの海外研修に出発されるとのことでした。

忙しいスケジュールの中、平塚まで視察にお越しいただき、ありがとうございました。

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine

2019年2月25日 (月)

関前生産組合の皆さまのご視察をおこないました

2月13日(水)に関前生産組合の皆さまが視察に訪れました。

関前生産組合は、JA東京むさし管内の東京都武蔵野市にあります。

都市化が進んだこの地域には「農業ふれあい公園」というのがあるそうです。

1902251

今回視察にいらした皆さまは、この地域で都市近郊農業を行っている方

14名で、主に果菜類(トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、パプリカ、

万願寺とうがらし)やブルーベリーなど多品目を生産されている方々です。

1902252

パワーポイントを使用して、営農・技術センターの

業務について説明させていただきました。

1902253

1902254

その後本館6階の残留農薬検査室を視察し、1階のリサーチギャラリー

センター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1902255

また、圃場も見学していただきました。

圃場では、ちょうどネギ地中点滴潅水試験の設置中でしたので、

視察の皆さまは熱心に見学されていました。また、センターの後は

静岡にあるJAのワイナリーを視察されるとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。