Powered by Six Apart

« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

第60回研究・業務発表会

本日13時から、研究・業務発表会が開催されました!!

各研究室20分ずつのプレゼンテーションとなりました2_2

P1020226

P1020214

司会のお二人ですPhoto

3_2 前半 3_2

各研究室の発表テーマです。

管理・講習課…………… 営農・技術センターにおける節電の取り組み

エーコープ商品管理室… 営農・技術センター本館の太陽光発電システムについて

生産資材部……………   農業分野における太陽光発電システムの活用について

肥料研究室……………   震災で津波の被害を受けた農耕地土壌の化学性および

                 石灰質資材による塩害土壌の除塩効果の検証

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後半は若手研究員による発表でした8

P1020300

農産物商品開発室

P1020327

燃料研究室

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3_2 後半 3_2

残留農薬検査室…………夾雑物除去に効果的な簡易前処理法の検討

農薬研究室………………水稲直接購買・重点品目に関する病害防除検討試験について

農産物商品開発室………カラフルポテトの普及に向けた商品開発について

燃料研究室………………JAエコオイルの生分解性エコ基準の検証

P1020242

質問コーナーでは、後ろにマイクがある為、前に座っている方々は

タタッとダッシュします(笑)3

P1020360

発表が終わった後はセンター長の講評、

そして営農販売企画部の久保課長から

「いい研究業務発表会でした~」とお言葉を頂きました15

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさん、お疲れ様でしたPhoto_3

2011年9月29日 (木)

~視察~東京都 JA東京むさし直売組織連絡協議会様

9/29(木)は、東京都からJA東京むさし直売組織連絡協議会の

お客様がいらっしゃいました。

Dsc00072

6階の残留農薬検査室や、お隣のJA全農青果センターをご覧になって頂いた後、

外に出て圃場を見学して頂きました。

Dsc00069

建物の外は、また夏のような暑さが戻っていました。

上の写真は、太陽光発電の運用試験を行なっているハウスを

見学して頂いている様子です。

Dsc00070_2

ガイダンスルームでは、農産物商品開発室の主任研究員が

直売所向けの特長品種について紹介しました。

お客様からは「この品種の種はどうやって入手できるのですか」

といった声もあり、たいへん好評でした。

リハーサル

明日9月30日(金)は、毎年行なわれている研究業務発表会です。

本日はリハーサルが行なわれていました~Photo

P1020211

時間通りに話せるか等のチェックをしていますPhoto_2

2011年9月28日 (水)

秋がやってきた

最近朝起きると、ぐっと冷え込むことが多くなりました。

もう秋ですね。

Dsc00055

ここ営農・技術センターも、すっかり秋らしくなってきました。

食堂から見える景色は、田んぼから稲が収穫されたので

ずいぶん寂しい風景となってしまいましたが、

日が暮れると、“こおろぎ”や“きりぎりす”の鳴き声が聞こえてきます。

Dsc00054

写真は、台風で倒れそうになったシンボルツリーです。

よく見ると、葉っぱや木の幹が茶色くなっています。

秋枯れにはまだ早い時期なので、やはり台風で根が切れているのかもしれません。

~富士山 夕焼け~

昨日の17時半過ぎ、センター5階から撮りました。

富士山 ・ 夕焼けです。 キレイです~Photo_3   

P1020140

24日に初冠雪しましたね~Photo

少し見えにくいですがsweat01 雪が薄っすらと積もっていますPhoto_2

平年より6日早いそうです。

P1020128

2011年9月27日 (火)

◎大豆の脱穀◎

~平塚市内の大野小学校で行なっている食育活動~

2週間、乾燥して調整した大豆、サヤから粒を取る脱穀作業を行ないましたhappy01

P1020075

てんこ盛りになっていた大豆は乾燥・調整の期間、虫等が発生したようですPhoto_2 

「どんな虫がいたかな~?」と聞くと「カメムシ!!」「アリ~!!」と答えていました。

殺虫剤や殺菌剤を使っていないためです。

P1020100_2

本題に戻り、脱穀作業のお話へ4

手でサヤから粒を取り出し、ふるいと大きなバットを使って、

小さなゴミ等を落とし、豆だけにしていきます。

P1020108

ワイワイ「精密検査をしているんだ~note」などと言いながら(笑)

作業を行なっています。

P1020119

小さなゴミや豆殻を落としていき

P1020125

このように取れました~shine

作業が終わった後は、大豆からどうやって「豆乳」や「味噌」が作れるかなどを話して

本日は終了しましたPhoto

肥料研究室の新兵器!!

肥料研究室に新しい機器がやってきました。

写真は従来使用していた「貫入式土壌硬度計」です。

P1010795

貫入式土壌硬度計」とは、文字通り、土の硬度を調べる機器です。

通常は深さ60cmまで調べることができます。

P1010796

従来のものは上の写真のように、外部に記録紙を取り付け、

インクで直接測定値を記録していました。

その上、毎回計測地点を記録する必要がありました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

下の写真は、“新兵器”の新しい硬度計です。

新しい硬度計はコンピュータで硬さを測定するので、測定値の整理が簡単にできます。

また、GPS付きなので、今までのように計測地点を記録する必要がなくなりました。

P1010801

土の硬さは、作物の根はりや養水分の移動などと

密接な関係がある重要測定項目です。

“新兵器”の導入で、作業効率アップにより

一層のデータ蓄積が進むことが期待されます。

2011年9月26日 (月)

食育の掲示板

営農・技術センターの1階リサーチギャラリーには、各研究室の展示物の他に、食育活動の掲示板があります。

Dsc00052

ホームページ等には諸事情があって載せられない、ここでしか見られない子どもたちの笑顔がたくさんあるので、センターにお越しの際はぜひご覧になって下さい!

リサーチギャラリー衣替え①

涼しくなりましたね~

もうすぐ10月です。衣替えの季節ですmaple

センター1階のリサーチギャラリーでは、パネルや展示品の衣替えをしましたshine

P1020015

6 作業前

P1020045

6 作業後

職員達は「う~ん」と配置を考えながら、パッパと並べています。。

2011年9月22日 (木)

台風一過

9/22(木)朝、昨日の台風が嘘のように、空は澄み渡っていました。

Dsc00051

平塚市内では、相模川に架かる橋の上で車が横転するなどの被害が出ました。

ここ営農・技術センターも、少なからず台風の影響を受けました。

Dsc00050

例えば、この木。

営農・技術センターの入り口にあるシンボルツリーですが、

ご覧のように強風に煽られて傾いてしまいました。

根も切れてしまっているでしょう。

今朝は、点検や片付けにおわれる職員たちを

あちこちで見かけました。