Powered by Six Apart

« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

担当職中堅職員研修

8/30(木)から、入会5年目・6年目の担当職を対象とした

担当職中堅職員研修が行われています。

Dsc02353

2日目の31日(金)は、営農・技術センターを視察しました。

営農・技術センター概要説明ハウス・圃場の見学

後は、エーコープ商品管理室残留農薬検査室

それぞれ業務内容について説明しました。

Dsc02343

エーコープ商品管理室・食品検査室

Dsc02348

エーコープ商品管理室・日用品検査室

Dsc02349_3

残留農薬検査室

2日間という短い期間の研修でしたが、全国から集まった

職員との交流などいかがでしたか?

営農・技術センターの視察も、皆さんにとって

少しでも有意義なものになれば幸いです。

研修お疲れ様でした!

2012年8月30日 (木)

~視察~JAいるま野 入間野菜部会 様(埼玉)

8/30(木)は、埼玉県からJAいるま野

入間野菜部会のお客様がいらっしゃいました。

Dsc02341

農薬研究室が、農薬の安全使用と防除について

説明しました。34名のお客様なので、

ガイダンスルームもいっぱいですね!

Dsc02339_2

今回は短い時間でのご案内でしたが、

また機会があれば、ぜひゆっくり施設見学もしていって下さいね!

2012年8月29日 (水)

【視察】清泉女学院高等学校の高校生が職場見学に来ました!!③

8/23(木)は、清泉女学院高等学校の生徒さんが

職場見学にやって来ました。

今回は、8/23(火)に掲載した「【視察】清泉女学院高等学校の

高校生が職場見学に来ました!!」の続きで、午後の様子をご紹介します。

Dsc02270_2

Dsc02273

エーコープ商品管理室は、エーコープマーク品ができるまでの

流れなど概要を説明した後、食品検査室日用品検査室

紹介しました。

Dsc02274

最後に、▲農薬研究室は農薬について歴史や

どのような種類があるのかなど概要を説明しました。

今回は除草剤チームの職員が担当だったので、

試験で使用している水田も紹介しました。

Dsc02277

稲との違いが分かりにくい雑草はどうやって見分けるのか、

水田にはどんな雑草が生えるのかなど説明すると、

生徒さんは「へぇ~」と覗き込んで観察していました。

Dsc02282_2

営農・技術センターという同じ建物の中にあっても、

仕事は様々でしたね。皆さんは気に入った仕事はあったでしょうか。

最後に総括として質問や分からなかったところを聞き、

職場見学の厚い(熱い?)1日が終わりました。

2012年8月28日 (火)

【視察】清泉女学院高等学校の高校生が職場見学に来ました!!②

8/23(木)は、清泉女学院高等学校の生徒さんが

職場見学にやって来ました。

今回は、「【視察】清泉女学院高等学校の高校生が職場見学に来ました!!」

の続きで、午後の様子をご紹介します。

Img_2938

農産物商品開発室は、営農・技術センターで生まれた

良食味米「はるみ」の紹介を中心に、お米について

品種や歴史など説明しました。

Img_2942

Img_2949

残留農薬検査室は、業務内容を紹介しました。

海外から来るお客様は、「日本の農産物中に含まれる

残留農薬の基準は非常に厳しい」と口を揃えて言います。

その一端が垣間見えたでしょうか?

厳しい基準を通って、農産物は私たちの食卓に届くのですねぇ…。

【視察】清泉女学院高等学校の高校生が職場見学に来ました!!

<午前部>

8月23日(木)、清泉女学院高等学校の高校生が職場見学に

いらっしゃいましたshine

P1070539

まずはセンターの全体説明や、日本の農業が今、どのようになっているか、

食について説明しています。

P1070552

説明後は実習棟で農業機械を見学。

担当が農業機械を動かしてくれました~sign03

その時のみなさんは「わぁ~」という表情をしています1 shine

P1070557

高校生達もためしに農業機械に乗ってみました。

嬉しそうですねheart

P1070593

スプレーギクを見て午前部は終了しましたPhoto

2012年8月27日 (月)

野菜・卵・乳セミナー③

8月22日(木)、野菜・卵・乳セミナーが3社合同JA全農青果センター株式会社、

JA全農たまご株式会社、雪印メグミルク株式会社)で

営農・技術センターにて行なわれましたsign03

第3弾は、雪印メグミルク株式会社の方から牛乳、バター、ヨーグルト、チーズと

乳製品を作ることができる乳についての説明となりましたshine

Img_2912_2

このセミナーの主役である、野菜(ピーマン)・卵・乳(チーズ)を使って、

料理紹介がされました。

他にもにんじんとクリームを使ったケーキが紹介され、好評でしたheart

作っている時に子ども達に「おいしくな~れと言うと、おいしくなるんだよ~」と

説明があり、子ども達は「おいしくな~れeye」と声をかけていますheart04

Img_2920

出来上がりです!!

チーズがとろ~り6_2  おいしそうですね~happy02

Img_2927

料理紹介後は骨がどのようにできていくか、説明されています。

骨がしっかりできるのは高校生。

体を支えるための骨は牛乳やヨーグルトなどの乳製品で

栄養を取らなくてはなりません。子どもの成長に欠かせないものです。

大人になってからも、きちんと取らなければならない栄養素であることを

説明されていました。

Img_2932

最後は子ども達だけでパシャっ♪と記念撮影camera

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食の大切さが楽しく学ぶことができ、野菜・卵・乳をバランス良く

食事を取ることが大切だと改めて実感しましたPhoto

2012年8月24日 (金)

~講習会~葬儀企画講習会

8/24(金)~8/25(土)は、葬儀企画講習会が開講しています。

8/24(金)は、花祭壇キャンドル祭壇の設営の実習を行いました。

Dsc02310

できあがった祭壇は、宗教色が薄く、従来のものよりも小さめです。

祭壇を小規模にすれば、故人が慣れ親しんだ家の中での葬儀も可能になり、

ご家族だけで葬儀を済ませたいといった声にも応えることができます。

Dsc02312

花祭壇

設営に要する時間は、5人程度で

通常2時間(早い時には1時間30分)程度だそうです。

Dsc02320_2

例えばキャンドル祭壇(上の写真)であれば、祭壇にお供えするキャンドルを

会葬者に飾ってもらい、体験型の葬儀にすることもできます。

小規模であっても、花の色・種類や飾り付けの工夫によって、

故人やご遺族の色(個性)を出すことができます。

Dsc02319

このような実習を通じて、お客様のニーズに合った

葬儀を企画するスキルを身につけていきます。

野菜・卵・乳セミナー②

8月22日(木)、野菜・卵・乳セミナーが3社合同(JA全農青果センター株式会社、

JA全農たまご株式会社、雪印メグミルク株式会社)

営農技術センターにて行なわれましたsign03

第2弾はJA全農たまご株式会社の方から

卵について、「たまごプロフィール」が紹介されましたshine

Img_2901

卵は火を通すと、卵焼きプリン、ふわふわスポンジケーキ、

マヨネーズなどができ、変身上手ですnote

なぜ、卵の黄身は黄色いのか、温泉たまごの作り方も

説明されていました。

Img_2903

こちらは温泉たまごと、アイス、下の方にはコンフレークが

入っていますshine

P1070465_2

みんなで試食しています。

「おいしい~happy02」と好評ですheartheart

私も食べたかったなぁ…。。。

P1070464

2012年8月23日 (木)

野菜・卵・乳セミナー

8月22日(水)、野菜・卵・乳セミナーが3社合同JA全農青果センター株式会社、

JA全農たまご株式会社、雪印メグミルク株式会社)で

営農・技術センターにて行なわれましたsign03

農産物や卵、加工品などを実際に見て、試して、味わいながら、

食について楽しく学んで頂くことがテーマですshine

たくさんの親子連れが参加しました。

P1070390

「全農」「営農・技術センター」では何をしているのか?を説明しました。

説明後は、トマトのハウスを見学しましたが、やはり外は暑いです~wobbly

P1070421

次は旬のお野菜・食べ比べ・流通のしくみ教室が行なわれ、

JA全農青果センター株式会社の方からの説明となりました。

前には8つの果物・野菜が並べられていますIcon_potato21 Budou31

ご飯や野菜の役割り、特徴、大切さを説明しています。

P1070415

それぞれの野菜や果物の味がどのように違うか、

試食して頂き、食べ比べをして頂きましたPhoto

同じものでも作った場所や環境によって違います。

みなさん、どうだったのでしょうか~??

P1070451

野菜・果物を選ぶときに何をポイントに選んだらよいか、

選び方もご紹介されました。

毎日、お買い物へ行くお母様方にとっては必要な情報ですheart

視察のご紹介③

今回は、8/14(火)からスタートした

「視察のご紹介」の施設見学編・第2回目です。

残留農薬検査室をご見学いただく前に、

6階の窓からお隣のJA全農青果センター神奈川センターをご覧いただきます。

Dsc02286

Dsc02285

今年の2月から稼動を開始したJA全農青果センター

神奈川センターですが、6階の窓から見ても壮観な眺めです。

神奈川センターでも、視察の受入れを火曜日と木曜日の午後

行なっています。しかし、営農・技術センターとは別組織となりますので

JA全農青果センターの神奈川センターへの視察申込みは、直接

神奈川センターにお問い合わせいただくようお願い致します。