Powered by Six Apart

« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

神奈川県立有馬高等学校の皆さんをご案内しました!

7/25(金)、神奈川県立有馬高等学校の皆さんが視察にいらっしゃいましたshine

Img_3024

有馬高校は、ユネスコ・スクールネットワークに加盟していますshine

世界のユネスコスクールと共同で各国共通する食物「米」=Riceについて

研究をすることになり、お米のことを知るために営農・技術センターに

いらっしゃいましたriceball

営農・技術センターの説明の後は、農産物商品開発室のお米の専門家から

品種・開発について説明しましたshine

Img_3034

Img_3035

さらに、日本のお米生産に欠かせない農業機械の説明をし、

実際に機械も見て頂きましたeye


Img_3038

見学して頂いた生徒さんの中には、8月後半に韓国に赴き、

日本の農業についての報告をされるそうです。

また、11月に岡山で開催されるユネスコスクール世界大会でも

報告される予定です。

有馬高校の皆さん、今回の視察も参考とし、報告がんばってくださいsign03

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れています。

2014年7月30日 (水)

地球っ子ひろばの皆さんにご視察いただきました

7/25(金)は、地球っ子ひろば

の皆さんがご視察にいらっしゃいました。

平塚市の真土地区で子ども環境教室を開催されている皆さんです。

田んぼの観察会や近隣に流れる渋田川の観察本「渋田川たんけん

等の発行など、幅広く活動されています。

Img_3011昨年、近隣の小学校のイベントでご一緒させていただき、

今回、営農・技術センターの見学が実現しました。

Img_3013
パワーポイントによる子ども向けのセンター業務紹介と、

「田んぼの生きものについて考えよう」という題目で

田んぼのもっている機能性や田んぼの中の生き物について説明しました。

Img_3014
また、農業で使用する機械、田植え機やトラクターも触っていただき、

より身近に農業を感じてもらえるよう説明しました。

Img_3018

Img_3020

Img_3021
営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆さまを対象に、視察や研修を受入れています。

2014年7月29日 (火)

JA営農指導者連盟のご視察をご案内しました!

7/23(水)、JA営農指導者連盟の皆さまがご視察にいらっしゃいましたshine

茨城県内JAの新人営農指導員の皆さまです。

パワーポイントによるセンターの業務紹介と、

残留農薬検査室・ハウス圃場などご覧いただきましたeye

P1110713

P1110705

特に安全・安心な農産物を届けるために

全農がどのようなことに取り組んでいるのかを中心に説明しました。

また全農取扱品種のミニトマト「アンジェレ」や、

新しいトマトの栽培方法「うぃずOne」についても説明し、

大変興味を持っていただけましたhappy01

P1110702

P1110712

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine

2014年7月28日 (月)

~視察~(群馬県)足利市農業協同組合 小麦種子部会様をご案内しました

7/24(木)は、足利市農業協同組合

小麦種子部会の皆さまがご視察にいらっしゃいました。

小麦の種子を中心に生産されている生産者のお客様です。

Img_3007

Img_2996
パワーポイントによるセンターの業務紹介と、

残留農薬検査室ハウス圃場などを見ていただきました。

Img_3002
特に残留農薬検査室では、赤カビ病が原因とされる

麦類のカビ毒の検査もおこなっている旨の説明をさせていただきました。

麦の生産に直接関係することなので、大変興味をもって聞いていただけました。

Img_3004
また、営農・技術センターで開発したお米「はるみ」についても

興味をもっていただき「足利の栽培形態とはるみの特質が

合っているので是非検討したい」と熱いエールもいただきました。

Img_3008
営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆さまを対象に、視察や研修を受け入れています。

2014年7月24日 (木)

~視察~(静岡県)JA遠州夢咲ふれあい便委員会 様

7/23(水)は、静岡県からJA遠州夢咲ふれあい便委員会

のお客様がいらっしゃいました。

Dsc05077
生活リテール部 商品管理室では、女性部の方を中心に

JAのプライベートブランドである「エーコープマーク品

についての情報提供を行っています。

Dsc05070
上の写真は、担当者が商品管理室の業務やエーコープマーク品の

こだわりなどについてご説明している様子です。

商品を使った実験なども行い、分かりやすい説明を心がけています。

Dsc05073

Dsc05074
また、商品管理室の「食品検査室」や「日用品検査室」も

ご見学いただきました。

営農・技術センターにお越しいただきありがとうございました!

JAいずも川跡地区総代会様のご視察をご案内しました!

7/17(木)、JAいずもの川跡地区総代会の皆さまがご視察にいらっしゃいましたshine

水稲と野菜を栽培なさっている農家の方とJA役員の方々です。

Dsc05041

パワーポイントによるセンターの業務紹介と、残留農薬検査室・ハウス圃場、

農業機械基礎講習会の講習風景など見学していただきましたeye

Dsc05045

Dsc05048

Dsc05052

「昔、岡山講習所で農機講習を受けた」というお客様もいらっしゃり、

話が盛り上がりましたup

JA職員の方々に向けた講習会を行っていることをご理解いただきました。

Dsc05053

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine

 

2014年7月23日 (水)

JA愛媛食糧指導員会のご視察をご案内しました!

7/18(金)、JA愛媛食糧指導員会の皆さまがご視察にいらっしゃいましたshine

愛媛県下JAの作物担当指導員で構成される方々です。

Img_2980

Img_2986

パワーポイントによるセンターの業務紹介と、

農薬研究室・肥料研究室の担当者から、肥料農薬事業のさまざまな情勢や、

JAグループの現場における技術指導の重要性について説明しましたpencil

Img_2988

Img_2989

肥料研究棟やハウス・圃場など見学し、大変興味を持って聞いていただきましたeye

Img_2993

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れています。

富山県本部 JA肥料農薬担当課長研修のご視察をご案内しました

7/22(火)は、富山県本部主催の

JA肥料農薬担当課長研修の皆さまが

ご視察にいらっしゃいました。

Dsc05054

Dsc05055
パワーポイントによるセンターの業務紹介の後、

肥料研究室が業務内容や肥料の品質検査について説明いたしました。

さらに、肥料研究棟で実際に試験品をご見学いただき、

ハウス・圃場や残留農薬検査室をご案内しました。

Dsc05056

Dsc05057
営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆さまを対象に、視察や研修を受け入れています。

2014年7月22日 (火)

新潟県本部野菜果実課のご視察をご案内しました!

7/16(水)、新潟県本部野菜果実課の方々が視察にいらっしゃいましたshine

Dsc05025

営農・技術センター視察の前に、JA全農青果センター神奈川センターも

視察したとのことですeye

Dsc05029

Dsc05036

パワーポイントによるセンターの業務紹介と、

残留農薬検査室・ハウス圃場など見学しましたhappy01

Dsc05026

センターの6階から見る青果センターの屋根の上のソーラー発電は壮観で、

「凄いですね。」と感心の様子shine

Dsc05039

リサーチギャラリーの模型で新しいトマトの栽培方法について

説明しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れています。

食農教育:大野小のコメ作り防鳥網と田んぼの草抜きしました!

営農・技術センターでは、神奈川県平塚市の大野小学校と連携して

農業体験学習を行っていますshine

5/13に田植えを行った小学校の校庭のプラブネ(大型プランター)の稲も

生長してきました。

Img_6495

7/16に5年生のみなさんとおコメ作り4回目の作業をしました。

今回は田んぼに生えた草を抜いていきます。

順調に生長した稲の間から草がたくさん生えてきていますbud

6/20の生きもの調査の時に草を抜きましたが、たった1ヶ月でまた生えてきました。

子どもたちは田んぼの中の草を黙々と抜いていきます。

Img_6510

あと3日で夏休みに入るので、鳥よけの網も張りました。

誰もいない夏休みの学校は、雀の天下です。

来月のお米の花が咲く時期に雀の襲来を受けるとお米が収穫できません。

そのため、炎天下にみんなで網を張りましたhappy01

Img_6516

Img_6524

夏休みの間も交代で、田んぼの水管理が行われますmist

営農・技術センターでは、小学生に食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っていますshine