Powered by Six Apart

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月29日 (火)

清水農業協同組合飯田地区女性部全体研修の皆さまにご視察いただきました

9/25(金)、清水農業協同組合飯田地区女性部全体研修の皆さまが

ご視察にいらっしゃいましたshine

Img_6914

エーコープマーク品の研修会を中心としたご視察です。

最初に、営農・技術センターの紹介とエーコープマーク品の開発検査を

行っている商品管理室の概要について説明を行いました。

Img_6900

食品添加物・たくわん漬けの素や、普段から共同購入やエーコープのお店などで

購入いただいている商品の説明は、視察者の方々に好評でした。

その後、研究・開発・検査をおこなっている商品管理室の展示室を

ご覧いただきましたeye

Img_6907

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine

2015年9月28日 (月)

食農教育:平塚市立吉沢小学校の4年生がやってきました

9/25は、平塚市立吉沢小学校の4年生の

みなさんが営農・術センターにやってきました。

Img_6896
営技セのそばにある「だるま屋さん」の見学と

組み合わせての見学です。

地域の産業について学んでいるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この「だるま屋さん」は神奈川名産100選・ひらつか名産品の

 伝統だるまを作っているそうです。

 百四十余年の伝統があり、手描きの温かさを大切にした、

 ひとつひとつ心を込めてだるまを創っているそうです。

Img_9289

Img_9302
人数が多いので、営農・技術センターの説明も同時に行い、

だるま屋さんの見学が実現したそうです。

営農・技術センターでは、野菜や全農の仕事について

学んでいただきました。

子供たちからは、たくさんの質問が出され、

平塚の農業や平塚産の野菜について、

興味を持っていることがよく分かりました。

Img_9299
営農・技術センターでは、小学生に食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っています。

2015年9月24日 (木)

食育:大野小でうぃずOneを活用した野菜作り秋作が始まりました

営農・技術センターでは、神奈川県平塚市の大野小学校と連携して

農業体験学習を行っていますshine

農家向けに開発した軽量で設置が容易なトロ箱養液栽培「うぃずOne」を活用して、

小学生を対象とした「トマト」「ブロッコリー」の栽培体験学習を実証しています。

□□□□□

9/16(水)、大野小3年生のみなさんとトマト栽培に続き、

ブロッコリー栽培を始めました。

Img_6846

Img_6848

発泡スチロール製のプラスボック(専用の栽培容器)に

茎ブロッコリーの苗を定植しますbud

Img_6856

Img_6849

倒れないように簡単な誘引も行っていきます。

Img_6854

Img_6855

その後、「大きくなる野菜の育て方・めずらしい野菜」の出前授業も行いました。

Img_6867

いろいろな野菜の話に子供たちは聞き入っていました。

Img_6866

質問もたくさんいただき、「いろいろな色のある野菜を教えて下さい」

「栄養のある野菜はなんですか?」「ブロッコリーはどんな種類がありますか?」と

野菜の出前授業を聞いて、ブロッコリーはもちろん、

いろいろな野菜への興味を持ったようでした。

Img_6859

営農・技術センターでは、小学生に食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っていますshine

2015年9月18日 (金)

食農教育:JA佐野アグリスクールでブロッコリを定植しました

うぃずOneを活用した野菜作り食農教育」は、

うぃずOne」の栽培様式を用いて開発した食農教育資材です。

平成27年度は5カ所のJAで活用しており、

JA佐野での秋作がはじまりましたのでお知らせします。

Img_6831
JA佐野は、食農教育の取り組みとして、次世代対策の観点から

子供を地域で育み、子供たちの食を守り、生きる力を育てることを

目的として「JA佐野アグリスクール」を毎年開催しています。

Img_6835
今年から親子参加型の農業体験とし、野菜の種まき・定植の体験、

芋掘りや野菜の収穫、自宅での野菜栽培などを親子で体験する取り組みです。

平成27年5月から12月にかけて36組の親子が7回の農業体験をします。

Img_6844
5月から8月にかけて、「うぃずOneを活用した野菜作り食農教育」を活用して、

参加者のみなさんが自宅でミニトマト栽培に挑戦しました。

9月からは新たに茎ブロッコリの栽培に挑戦します。

Img_6841
参加者の親子は、茎ブロッコリの苗を受け取って、定植方法や、

倒れ防止の誘引の方法、青虫やヨトウムシからブロッコリを守る方法などを

JAの職員からじっくりと教えてもらい、自宅に持ち帰ります。

冬の茎ブロッコリの収穫が楽しみですね。

Img_6833

Img_6838
営農・技術センターでは、小学生に食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っています。

2015年9月17日 (木)

食農教育:JA横浜と小机直売所のメンバーが小机小学校のみなさんとブロッコリーを定植しました

うぃずOneを活用した野菜作り食農教育」は、

JAが行う小学校での食農教育活動で活用いただける資材です。

平成27年度は、5カ所のJAで導入されており、

JA横浜での活動が秋作に移行しましたのでご報告します。

Img_6732
JA横浜は、地域の生産者と地域社会の結びつきのため、

食農教育マイスター」を認定しています。

小学校での栽培指導や、生活活動などさまざまな取り組みをしています。

小机直売所の食農教育マイスターは、小机小学校で夏まで栽培した

ミニトマトを片付けて、秋作に向けて作業を開始しました。

Img_6718
9/9は、小学生のみなさんと一緒に茎ブロッコリーの苗を定植しました。

苗の特徴や、育て方をJAの職員や食農教育マイスターから

教えてもらいながら、うぃずOneの栽培槽に置いていきます。

Img_6726
簡単な作業なので今回栽培する小学校2年生でも

すぐに作業を終えることが出来ました。

Img_6735
台風の影響で大雨の降る中での作業でしたが、

みんなで楽しくブロッコリーの苗を植えることが出来ました。

11月の収穫を目指してみんなで育てていきます。

Img_6736
営農・技術センターでは、小学生に食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っています。

2015年9月16日 (水)

山梨県立農業大学校の皆さまのご視察がいらっしゃいました

9/11(金)、山梨県立農業大学校の皆さまが視察にいらっしゃいましたshine

Img_6789

農業大学校の中でも社会人を対象としたコースの皆さまです。

Img_6790
最初に営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

Img_6792

Img_6793

その後、6階に上がり、窓から見える全農青果センター神奈川センターと

残留農薬検査室について説明させていただきました。

Img_6796

Img_6798

台風一過の青空の中、かなり暑い中でのご視察となりましたが、、

ハウスや圃場などもご覧いただきましたeye

Img_6823

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine

2015年9月15日 (火)

JA魚沼みなみ職員研修 第3班の皆さまが視察にいらっしゃいました

9/10(木)、JA魚沼みなみ職員研修第3班の皆さまが視察にいらっしゃいましたshine

Img_6739

JA魚沼みなみは、「南魚沼産コシヒカリ」で有名です。

今回を含め、職員研修として6班に分かれ

センター視察に来て頂く予定で、3組目の皆さまです。

Img_6745

最初に営農・技術センターの業務について説明しました。

Img_6749

次に6階に上がり、窓から見える全農青果センター神奈川センターについて

説明した後、残留農薬検査室を見学しました。

Img_6749_2

先日の雨も上がり、少し蒸し暑い中でしたが、センター内の圃場やハウスも

ご覧いただきましたeye

Img_6755

Img_6759

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine

2015年9月14日 (月)

先週もさまざまな講習会を開催していました!

Img_6761

Img_6762_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

都府県本部職員肥料農薬技術講習会

Img_6764

Img_6766
全農肥料農薬部関東事業所主催の職員向け講習会です。

9月10日~11日の2日間にわたり開催されました。

Img_6767


エーコープマーク品研修会

Img_6770

Img_6772
全農生活リテール部主催の研修会です。

対象は、都府県本部のエーコープマーク品を取り扱う職員です。

9月10日~11日の2日間にわたり開催されました。

Img_6776

Img_6777
エーコープマーク品の導入のポイントや商品知識、

商品を使った代わりレシピなどを紹介していました。

Img_6778

Img_6783

Img_6784
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

 

 

2015年9月11日 (金)

食農教育:平塚市立松延小学校の5年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、広く食農教育活動を行っています。

その中でも小学校5年生を対象にした施設見学は、毎年大好評です。

お米の歴史、田んぼの生きものについての話や、トラクターやコンバインなどの

農業機械に触れたり乗ったりなどの体験をしていただいていますshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9/8(火)、平塚市立松延小学校の5年生のみなさんが見学にやってきました。

Img_9264

最初に全農が何をやっているのか、営農・技術センターでは、

どのような仕事をしているのかについて説明しました。

Img_9265

Img_9266

台風接近typhoonによるあいにくの空模様でしたが、

施設の屋根のある部分に移動してトラクター・コンバイン・田植機に

乗って触る体験をしました。

Img_9267

Img_9268

狭い空間でしたが、みんなで譲り合って、機械の観察ができましたeye

Img_9275 

最後の質問コーナーでは、それぞれが考えてきた質問や

疑問に思ったことなどをみんなで一緒に考え、

学ぶことができる賑やかな見学となりました。

Img_9279

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っていますshine

2015年9月10日 (木)

食農教育:平塚市立相模小学校の5年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、広く食農教育活動を行っています。

秋のこのシーズンは、小学校5年生を対象に

施設見学の受け入れを行っていますshine

小学校でお米づくりを行っている5年生に、お米の歴史、

田んぼの生きものについての話や、トラクターやコンバインなどの

農業機械に触れたり乗ったりなどの体験をしていただいていますshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9/7(月)、平塚市立相模小学校の5年生のみなさんが見学にやってきました。

今年度受入れる最初の小学校です。

Img_9251

Img_9253

ガイダンスルームで、全農が何をやっているのか、

営農・技術センターでは、どのような仕事をしているのかについて説明しました。

Img_9254

小学校のみなさんのメモ帳はぎっしり文字で埋められ、

興味の高さがわかりましたpencil

Img_9256

続いて、農業機械のトラクター・コンバイン・田植機の説明をした後、

乗って触る体験をしました。

Img_9257

間近で見ることが少ない機械に触れて、子どもたちは興奮状態ですhappy01

Img_9258

Img_9260

その場で質問をいただき、楽しく体験しながら農業について

理解を深めていただきました。

Img_9261

Img_9262

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っていますshine