Powered by Six Apart

« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

JA東京むさし支部長代表者会の皆さまがご視察にいらっしゃいました

11/25(水)、JA東京むさし支部長代表者会のみなさまが

ご視察にいらっしゃいましたshine

Img_7598

Img_7600

Img_7605

JA東京むさしは、武蔵野市 ・三鷹市・小金井市・国分寺市・

小平市を管内としているJAです。

Img_7612

特産物のウドをはじめ、夏場の露地野菜を中心に

果樹・花・庭園樹などを栽培している地域です。

Img_7607

Img_7609

圏央道寒川南ICが開通し、東京近郊のから来る視察者の方からは、

「センターに来るのが楽になった」とお聞きすることが多いのですが、

今回も「早く着くね」「便利だね」とのお言葉をいただきましたshine

Img_7611

最初に営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

次に6階に上がり、窓から見える全農青果センター神奈川センターを

ご覧いただいた後、残留農薬検査室を見学していただきました。

その後、外に出てハウスや圃場もご覧いただきましたeye

Img_7615

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますshine

2015年11月27日 (金)

大神圃場閉場式をおこないました

大神圃場は、営農・技術センターの場外圃場として

昭和62年から29年間に渡り、水田試験圃場として貢献してきましたshine

Img_9872

Img_9873

しかし、大神圃場が土地区画整理の対象となり、

平成27年の栽培をもって使用が終了となります。

Img_9879

Img_9894

これまでの感謝の意を表し、11月20日に閉場式を行いました。

Img_9899

Img_9922

当日は関係役職員が集まり、神職様をお招きし、

修祓の儀をおこないました。

Img_9936_2

平成28年度からは新しい圃場での栽培が始まります。

2015年11月26日 (木)

食農教育:平塚市立崇善小学校の3年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、広く食農教育活動を行っています。

野菜づくりや地域産業についての勉強、いわゆる社会や理科として

勉強を始める小学校3年生を対象にした見学も行っています。

野菜を栽培するハウスの見学や、野菜についての授業を行いました。

Img_986011/20は、平塚市立 崇善小学校

の3年生のみなさんがやってきました。

午前中は平塚市内の漁港を見学し、平塚の産業のひとつ

漁業について勉強したそうです。

Img_9836

Img_9838

Img_9842午後からは営農・技術センターで、平塚で生産される野菜の話や、

農家が野菜を作る上で、農薬やビニールハウスなどを使って

いろいろな工夫をしながら野菜栽培を行っている話をしました。

Img_9858

Img_9859全農が行っている仕事の話や、野菜の流通についてもお話ししました。

たくさんの質問が出され、とても熱心にメモを取っていました。

Img_9857営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさ、を体験してもらう活動を行っています。

2015年11月25日 (水)

駒寄水田作組合(JA北群渋川)の皆さまがご視察にいらっしゃいました

11/18(水)、駒寄水田作組合(JA北群渋川)の皆さまがご視察にいらっしゃいましたshine

JA北群渋川は、水稲・麦・こんにゃく・りんご・ぶどう・ねぎ

・チンゲンサイなど、様々な品目を広く生産されているJAの皆さまです。

Img_7557

今回ご視察に来られたのは、駒寄地区で水田作を中心に

おこなっている生産者の皆さまです。

Img_7555

駒寄(こまよせ)という地名は、関越道のパーキングに「駒寄」という場所があり、

そのすぐ近くで農業をおこなっている皆さまです。

Img_7558

最初に営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

次に6階に上がり、窓から見える全農青果センター神奈川センターを

ご覧いただいた後、残留農薬検査室を見学していただきましたeye

Img_7561

その後、外に出てハウスや圃場などもご覧いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine

 

2015年11月24日 (火)

岡山県産直協議会の皆さまがご視察にいらっしゃいました

11/13(金)、岡山県産直協議会の皆さまがご視察にいらっしゃいましたshine

Img_7445_2

Img_7447_2

お越しいただいたのは、岡山県の産直に関連する農協や岡山パールライス、

生活協同組合おかやまコープ、岡山県本部の皆さまですshine

Img_7465_2

Img_7472_2

最初に営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

次に本館の6階に上がり、窓から見える全農青果センター神奈川センターを

ご覧いただいた後、残留農薬検査室を見学していただきましたeye

Img_7449_2

Img_7450_2

Img_7453_2

その後、外に出ていただき、ハウスや圃場などもご覧いただきました。

Img_7455_2

Img_7458_2

Img_7461_2

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますhappy01

 

食農教育:平塚市立大野小学校の3年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、広く食農教育活動を行っています。

野菜づくりや地域産業についての勉強、いわゆる社会や理科として

勉強を始める小学校3年生を対象にした見学も行っています。

野菜を栽培するハウスの見学や、野菜についての授業を行いました。

Img_9806

Img_980211/16は、平塚市立 大野小学校3年生

みなさんがやってきました。

総勢130名の元気な小学生です。

Img_9809平塚で生産される野菜の話や、農家が野菜を作る上で

農薬やビニールハウスなどを使い、いろいろな工夫をしながら

野菜栽培を行っている話をしました。

全農が行っている仕事の話や、野菜の流通についても話しました。

Img_9810たくさんの質問が出され、とても熱心にメモを取っていました。

Img_9811

Img_9812

Img_9814

Img_9815営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさ、を体験してもらう活動を行っています。

2015年11月19日 (木)

第325回農業機械基礎講習会開講しました!

【農業機械基礎講習会】

第325回農業機械基礎講習会が始まりました。

平成27年11月10日~12月1日まで行われる22日間の講習会です。

JA・県JA・県連・県本部職員・担い手の新任農機担当者を対象に

行われる講習会で、農業機械担当者として必要な基礎知識と

技能を修得することを目的としています。

Img_7432

Img_7433機械や電気の基礎知識を学ぶ講習から始まり、4サイクルガソリンエンジン・

ディーゼルエンジンの講習と実習を含む科目へと移っていきます。

その後は、刈り払い機・トラクター・コンバイン・田植機・

乾燥機へと続き、農業機械について必要な基礎と技能を学び、

修得していただきます。

Img_7434

Img_74353日目(11/12)の講習会の様子を写真で紹介します。

ガソリンエンジン実習の2日目です。

工具の使い方やガソリンエンジンについて、

実機を使い講習を行っていきます。

Img_7437

Img_7438

Img_7441講習会終了まで、まだ先は長いですが、

受講生の皆さん頑張ってください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

伊達みらい農業協同組合霊山営農センターの皆さまがご視察にいらっしゃいました

11/11(水)、伊達みらい農業協同組合霊山営農センターの皆さまが

ご視察にいらっしゃいましたshine

Img_7295

Img_7296

JA伊達みらいは、東京から北に280km、福島県の県北地方、

福島盆地の北部に位置する農協です。

地域の東部には相馬市との境に海抜825mの霊山があります。

その霊山営農センターの若い営農指導員の皆さまにご視察いただきましたeye

Img_7306

Img_7308

Img_7311

お米、キュウリ、イチゴ、モモ、あんぽ柿の5品目を中心に、

リンゴ、ブドウ、花卉、エンドウ類、菌茸類、畜産など、

様々な作物が栽培されている地域です。

Img_7313

Img_7316

Img_7322

最初に営農・技術センターの業務について説明させて頂きました。

次に6階に上がり、窓から見える全農青果センター神奈川センターを

ご覧いただいた後、残留農薬検査室を見学していただきました。

ハウスや圃場などもご覧いただきました。

Img_7326

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine

2015年11月18日 (水)

あきた北農業協同組合の皆さまのご視察をおこないました

11/11は、あきた北農業協同組合

の皆さまが視察に訪れました。

あきた北農業協同組合は、秋田県北部、大館市を基幹とした農協です。

主力品種のあきたこまちや、山の芋、とんぶりなど地域の特産品、

日本三大地鶏で知られる比内地鶏などの産地として知られています。

今回は、組合長を含む役職員の皆さまにご視察いただきました。

Img_7336_2

スケジュールの関係から、先に場内をご案内することとなりましたが、

質問もたくさんいただき、充実した視察となりました。

Img_7338_2

Img_7340_2

Img_7343_2

Img_7352_2

Img_7359_2

Img_7363_2ハウスや圃場をご覧いただいた後、本館の6階に上がって

残留農薬検査室と6階から見えるJA全農青果センター

神奈川センターについて説明させていただきました。

Img_7378_2最後に、営農・技術センターの業務についても説明させていただきました。

Img_7387_2

Img_7389_2営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2015年11月16日 (月)

JA新津さつき役員研修の皆さまのご視察をおこないました

11/10は、JA新津さつき役員研修

の皆さまが視察に訪れました。

Img_7274

Img_7276
JA新津さつきは、新潟県新潟市にあり、東西に阿賀野川、

信濃川が流れる地域です。

新潟を代表するコメ「コシヒカリ」の栽培を始め、

JAの名前にも使われる「さつき」などの花木産地としても有名なJAです。

この度は、組合長を含む役職員の皆さまにご視察いただきました。

Img_7278

Img_7279

Img_7280
営農・技術センターの業務について説明させていただいた後は、

本館の6階に上がり、残留農薬検査室と6階から見える

JA全農青果センター 神奈川センターについて説明させていただきました。

その後、ハウスや圃場などもご覧いただきました。

Img_7281

Img_7282

Img_7284
営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。