Powered by Six Apart

« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

防除指導員養成講習会を開催!!

営農・技術センターでは、平成28年7月25日~29日にかけて、

防除指導員養成講習会を開催しました。

Img_0444Img_0445

防除指導員養成講習会は、農薬の適正使用、病害虫防除に

指導的役割をもつ防除指導員を養成するためのもので、

農薬の基礎的知識や、病害虫雑草の発生や防除法、

安全管理等の知識を習得する講習会です.

Img_0447JA職員で、営農指導または農薬購買業務に1年以上従事し、

防除指導業務に従事しようとする職員と、

県連・県本部職員で、防除指導業務に従事

しようとする職員を対象に行っています。

Img_0448

Img_0449

JAの指導力強化のため、農薬に関する基礎知識から

防除指導のための応用技術まで、

短期集中で学んでいただいています。

Img_0450

Img_0451

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますsun

2016年7月28日 (木)

JAふじかわ女性部役員の皆さまにご視察いただきました

7/21はJAふじかわ女性部役員

の皆さまにご視察いただきました。

エーコープマーク品の研修会を中心としたご視察です。

Img_0332

Img_0333女性部での共同購入運動などエーコープマーク品を

積極的にお使いいただいている皆さまです。

Img_0337

Img_0336営農・技術センターの研究開発など全体的な話と、

エーコープマーク品の商品紹介について説明いたしました。

研究・開発・検査をおこなっている商品管理室の展示室もご覧いただきました。

Img_0339

Img_0343

Img_0338

Img_0344営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2016年7月27日 (水)

JA東京あおば板橋地区青壮年部の皆さまのご視察をおこないました

7/21(木)JA東京あおば板橋地区青壮年部の

皆さまが視察に訪れました。

Img_0348

JA東京あおばは、東京都板橋区・北区・豊島区・練馬区にまたがるJAです。

今回は、板橋地区の青壮年部の皆さまがいらっしゃいました。

Img_0349

Img_0350

最初に、営農・技術センターの業務について詳しく

説明させていただきました。

次に、6階に上がり、残留農薬検査室と窓から見える

JA全農青果センター神奈川センターについて説明させていただきました。

最後に、センター内の圃場やハウスもご覧いただきました。

Img_0354

Img_0356

Img_0358

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますshine

2016年7月26日 (火)

食農教育:小机小学校でうぃずOneの食農教育を活用したトマト栽培を行いました!

うぃずOneを活用した野菜作り食農教育」は、「うぃずOne」の

栽培様式を用いて開発した食農教育資材です。

JAで活用していただき、小学校での食農教育活動や、

JAアグリスクールでの栽培指導などをご提案しています。


平成28年度は、4カ所のJAで導入されており、今回はその一つ

JA横浜での実施内容についてお知らせします。

Img_0244JA横浜は、地域の生産者と地域社会の結びつきのため、

食農教育マイスターを認定しています。

マイスターは小学校での栽培指導や、生活活動など

さまざまな取り組みをしているそうです。


今回、小机小学校の栽培企画に、「うぃずOneを活用した野菜作り食農教育」を

加えていただきました。

地域の食農教育マイスター「小机直売所」メンバーの指導のもと、

ミニトマト作りにチャレンジしました。

Img_02515/10に定植をおこなったミニトマトが、無事収穫時期となりました。

7/19は、栽培指導をおこなっていた地域の食農教育マイスター

「小机直売所」メンバーとJA横浜の職員を招いて、トマトパーティーを開催しました。

Img_0249

Img_0256

Img_0250その時の写真が届きましたので、お知らせします。

ミニトマト栽培に関する発表や展示、自分たちの作ったミニトマトを使った

ミニピザの試食など楽しい会のようでした。

Img_1248

Img_0262

Img_0267

Img_0278_2営農・技術センターでは、小学生に食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っています。

2016年7月25日 (月)

JAちばみどり営農センター銚子Dブロック連絡協議会の皆さまのご視察をおこないました

7/20(水)JAちばみどり営農センター銚子Dブロック連絡協議会の

皆さまが視察に訪れました。

Img_0301JAちばみどりは、千葉県東総地区の豊かな地力と

温暖な気候を生かした野菜生産が盛んな地域です。

60品目以上の農産物を生産しており、

全国トップクラスの農業地域です。

Img_0303

Img_0305

今回のお客様さまは、銚子にある海上支店の地域で

キャベツを生産されている皆さまです。

最初に、営農・技術センターの業務について詳しく説明させていただきました。

Img_0306次に、6階に上がり、残留農薬検査室と窓から見える

全農青果センター神奈川センターについて説明させていただきました。

Img_0307

Img_0309

最後に、センター内の圃場やハウスもご覧いただきました。

Img_0310_2

Img_0312

Img_0313

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますnote

2016年7月22日 (金)

JA邑楽館林青年部西邑楽支店の皆さまのご視察をおこないました

7/12は、JA邑楽館林青年部西邑楽支店

の皆さまが視察に訪れました。

JA邑楽館林管内の館林市と邑楽郡は、日本有数の農産物の産地です。

キュウリをはじめ、トマト、ナスの夏野菜と白菜、

春菊の冬野菜、また花の生産も盛んな地域です。

Img_0185今回お越しいただいたJA邑楽館林青年部西邑楽支店の皆さまは、

とても若いフレッシュな生産者の皆さんです。

Img_0189

Img_0190営農・技術センターの業務について詳しく説明させていただいた後、

本館の6階に上がり、残留農薬検査室と6階から見える

JA全農 青果センター神奈川センターについて説明させていただきました。

Img_0195

Img_0196

Img_0198最後に、センター内の圃場やハウスについてもご覧いただきました。

Img_0201

Img_0202営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2016年7月21日 (木)

第2種電気工事士試験対策講習(技能)を開講しました

7月5日から7日までの3日間で、

第2種電気工事士試験対策講習(技能)を開催しました。

Img_0871

第2種電気工事士試験対策講習(技能)は、

大型ガス機器設置にともなう電気配線やコンセントの

取り付け工事に必要な、電気工事士の資格取得を

目指すために行っている講習会です。

Img_0872

Img_0873_2

受講対象者は、JA・県連・県本部のLPガス担当者(筆記試験合格者)です。

Img_0878

今回の技能は、技能試験に必要な基本作業を学び

出題候補問題に沿った実技を行い、試験合格を目指すものです。

Img_0881

実技中心の講習会なので、限られた作業時間内で

技能試験に必要な実技講習を行いました。

Img_0883

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

 

2016年7月20日 (水)

農業機械基礎講習会を開催しています!!

営農・技術センターでは、農業機械基礎講習会を開催中です。

7月5日から始まった講習会も、実習などの本格的な内容になってきました。

Img_0175

Img_0177ちなみに農業機械基礎講習会は、機械や電気の基礎知識を学ぶ講習から始まり、

4サイクルガソリンエンジン・ディーゼルエンジンの講習と

実習を含む科目へと移っていきます。

Img_0178

Img_0179その後、3週間の間に刈り払い機・トラクター・コンバイン・

田植機・乾燥機へと、農業機械について必要な基礎と

技能を学び、修得していただきます。

Img_0180

Img_0182今回写真で紹介しているのは、ディーゼルエンジンの

組み立て実習をしているところです。

耕耘機や水揚げ用のポンプには重要なエンジンです。

Img_0183

Img_0184営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2016年7月19日 (火)

JA埼玉中央女性大学の皆さまにご視察いただきました

7/7(木)は、JA埼玉中央女性大学の皆さまにご視察いただきました。

Img_0897

「女性大学」とは、「元気な地域」「仲間づくり」を目指し、地域交流を深め、

活動を通じて一層のJA運営の参加や女性組織リーダー育成を進めていく事を目的に、

平成25年12月から始まったものです。

今回はその第3期生の皆さまにお越しいただきました。

Img_0898

エーコープマーク品の研修会を中心としたご視察です。

女性部での共同購入運動など積極的にエーコープマーク品を

お使いいただいている皆さまです。

Img_0900最初に、営農・技術センターの研究開発についての説明と、

エーコープマーク品についてお話しいたしました。

次に、研究・開発・検査をおこなっている商品管理室や

エーコープマーク品の展示室もご覧いただきました。

Img_0904

Img_0906

Img_0909

 

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine

2016年7月15日 (金)

JA全農青果センター職員への業務紹介を行ないました!

7月7日(木)は、JA全農青果センターとの連携強化の一環として、

青果センターの職員を対象とした営農・技術センターの

業務紹介を行ないました。

JA全農青果センター神奈川センターの会議室を会場として、

東京・大阪の両センターともTV会議システムでつなぐことにより、

総勢60名超の参加者となりました。

Img_0136内容は、管理・講習課から「営農・技術センターの業務概要」、

農産物商品開発室から「新たな栽培技術や品種の研究開発と産地導入の取り組み」、

肥料研究室から「健全な野菜生産と土の役割」、

農薬研究室から「現場課題に対応した病害虫雑草防除対策の取り組み」、

生産資材研究室から「生産資材研究室の業務概要と包装資材提案活動」、

残留農薬検査室から「品質管理ツールとしての残留農薬検査」について紹介し、

最後に質疑応答を行ない閉会しました。

Img_0144今後も、様々な企画を検討・実施することにより、

さらなる連携強化を図っていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

営技セのフレッシュな情報を提供します。