Powered by Six Apart

« 2017年4月 | メイン | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

農業機械基礎講習会を開催しています!!

営農・技術センターでは、農業機械基礎講習会を開催中です。

Img_3840

この講習会では、農業機械について必要な基礎知識と技能を修得していただきます。

Img_3851

機械や電気の基礎知識を学ぶ講習から始まり、

4サイクルガソリンエンジン・ディーゼルエンジンなど農業機械の

講習と実習を行います。

その他にも、3週間の間に刈り払い機・トラクター・コンバイン・

田植機・乾燥機についても学びます。

5月23日から始まった講習会も2週目となり、実践的な内容になってきました。

Img_38425月23日から始まった講習会も2週目となり、実践的な内容になってきました。

今回の写真は、ディーゼルエンジンの組み立て実習をおこなっているところです。

耕耘機や水揚げ用のポンプ等に使用さてている重要なエンジンです。

Img_3843_2

Img_3844

Img_3847

Img_3848

Img_3850

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますshine

2017年5月30日 (火)

神奈川県下「新任営農担当者研修会」の皆さまのご視察を行いました!

5月26日は、神奈川県下のJA職員を対象とした、

新任営農担当者研修会の皆さまをご案内しました。

この研修会は神奈川県中央会が主催となり、同じ平塚市内にある

神奈川県本部研修センターでの研修会がメインとなりますが、

カリキュラムの中で営技セ・青果セの見学が組み込まれています。

Img_3790

Img_3792営農・技術センターでは施設紹介を行い、JAグループにおける

当センターの機能について説明しました。

Img_3805残留農薬検査室・圃場・ハウスなどのセンター内施設もご覧いただき

理解を深めていただきました。

Img_3811

Img_3820

Img_3824

Img_3826

Img_3829

Img_3833営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2017年5月29日 (月)

明治大学 農学研究科「先端分析機器学特論」受講生の視察をおこないました

5/25(木)は、明治大学 農学研究科「先端分析機器学特論」を

受講している皆さまが視察に訪れました。

Img_3778明治大学大学院 農学研究科博士前期課程の履修科目である

「先端分析機器学特論」を受講する農芸化学専攻ならびに

生命科学専攻の大学院生です。

Img_3779

分析機器の現場での活用状況を視察したいとの希望から、

分析機器を多数使用している残留農薬検査室を見ていただきました。

Img_3785

まず、センター全体の話をした後に、残留農薬検査室を見学しながら

詳しく説明をしました。

たくさんの質問が出され興味の深さがわかりました。

Img_3789

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

 

 

2017年5月26日 (金)

農業機械基礎講習会を開催!!

第331回農業機械基礎講習会が始まりました。

5月23日~6月13日まで行われる22日間の講習会です。

JA・県JA・県連・県本部職員・担い手の新任農業機械担当者を対象に

開講される講習会で、農業機械担当者として必要な基礎知識と

技能を修得することを目的としています。

Img_3725

Img_3739機械や電気の基礎知識を学ぶ講習から始まり、4サイクルガソリンエンジン・

ディーゼルエンジンの講習と実習を含む科目へと移っていきます。

その後、3週間の間に刈り払い機・トラクター・コンバイン・

田植機・乾燥機などの農業機械について

必要な基礎知識と技能を学び、修得していただきます。

Img_3742

Img_3745今回写真でご紹介しているのは、講習会2日目の風景です。

電気の基礎の授業や、電気配線を覚えるための実習を行っています。

Img_3747

Img_3750

Img_3753

Img_3755

Img_3759営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2017年5月25日 (木)

第2種電気工事士試験対策講習を開講しました

第2種電気工事士試験対策講習は、大型ガス機器設置にともなう電気配線や

コンセントの取り付け工事に必要な、電気工事士の資格取得を目指すための講習会です。

Img_3726

受講対象者は、JA・県連・県本部のLPガス担当者となります。

Img_3727筆記試験に必要な知識を学んだ後、出題候補問題に沿った演習を行い

試験合格を目指します。

Img_3729

Img_3731

5月23日から26日までの4日間の講習会です。

Img_3732

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

2017年5月24日 (水)

JA佐波伊勢崎 園芸協議会さかい支部ほうれんそう部会の皆さまのご視察をおこないました

5/22(月)は、JA佐波伊勢崎 園芸協議会さかい支部

ほうれんそう部会の皆さまが視察に訪れました。

JA佐波伊勢崎は、群馬県の中央に位置する伊勢崎市と、

隣接する玉村町をエリアとしています。

Img_3711管内は年間日照時間が長く、たくさんの品目数の農産物を作っています。

また、県内有数の米麦地帯でもあり、二毛作

(同じ土地で米と麦を交互に栽培)をしています。

野菜作も盛んで、ネギやキュウリ、葉物など栽培されています。

Img_3708

Img_3709当センターの業務紹介を行った後は、6階の残留農薬検査室

1階のリサーチギャラリーで肥料や農薬、野菜やお米の

新規開発品について詳しく説明させていただきました。

Img_3720最後に、ハウスや圃場についてもご覧いただきました。

Img_3713

Img_3714営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2017年5月23日 (火)

JA全農園芸部の新入職員の研修を行いました

5/12(金)は、JA全農園芸部に配属された新入職員の研修を行いました。

Img_3667園芸部の皆様ですので、お隣のJA全農青果センター神奈川センターでの研修と

セットで来ていただきました。

Img_3659_2

営技セでは、営農・技術センターの業務全般の話と、

農産物商品開発室・残留農薬検査室について話をしました。

Img_3664

農産物商品開発室については、新しい商品を開発する過程や販売に至るまでの

経過を説明しました。

Img_3661

残留農薬検査については、6階に移動し検査室を見ていただきながら詳しく説明しました。

たくさんの質問が出され、興味の深さを感じました。

Img_3666

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れています。

2017年5月22日 (月)

JA湘南女性部の皆さまのご視察をおこないました

5/18は、JA湘南 女性部の皆さまが視察に訪れました。

JA湘南は神奈川県の中部南端に位置し、平塚市、大磯町、

二宮町を管内とするJAです。

当営農・技術センターも、JA湘南の管内の平塚市にあります。

Img_2264

Img_2265古くから管内を流れる金目川・相模川・渋田川・鈴川水系を利用した稲作は、

県下でも有数の穀倉地帯を形成し、稲作をはじめ、野菜・果樹・酪農・養豚・

花卉等の農業が意欲的に取り組まれている地域です。

生産品目としては、施設園芸ではキュウリ・トマト・イチゴ等が

栽培されており、露地野菜では夏・冬ネギや休耕田でのサトイモ栽培の他、

ホウレンソウ、小松菜、根ミツバなど軟弱野菜も栽培されています。

Img_2267

今回は、エーコープマーク品の研修会を中心としたご視察です。

女性部での共同購入運動など積極的にエーコープマーク品を

お使いいただいている皆さまです。

Img_2268

Img_2273営農・技術センターの研究開発など全体的な話と、

エーコープマーク品の商品紹介について説明いたしました。

Img_2275研究・開発・検査をおこなっているエーコープマーク品を中心とする

商品管理室の展示室もご覧いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2017年5月19日 (金)

食農教育:平塚市立大野小学校の5年生がお米の話を聞きにきました

5/16(水)は、平塚市大野小学校の5年生130名の元気な皆さんがいらっしゃいました。

Img_2232

大野小学校では5年生がお米づくりを行っていますが、

お米づくりを始めるにあたり、お米の歴史や田んぼの生き物のお話、

お米作りのポイントについての授業をおこないました。

Img_2233

お米に関する質問もたくさん出され、これから始まるお米づくりを

楽しみにしている様子がうかがえました。

5/18(木)に田植えをおこなったそうです。

Img_2234

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っていますwink

2017年5月18日 (木)

液化石油ガス設備士養成講習会を開催中!!!

液化石油ガス設備士養成講習会は、

LPガス配管工事に必要な知識・技能を修得し、

国家資格を取得することを目的として開講している講習会です。

受講者対象者は、JA・県連・県本部のLPガス担当者となります。

Img_2253ゴールデンウィーク明けの5/8から5/23までの

16日間という長い講習会です。

講習会後半には国家試験も待ち構えており、毎日の試験や

補講など、講習生が合格するために必要なことを日々行っています。

Img_2257

Img_2258中盤の日程を過ぎてくると、実習の時間が増えてきます。

実際の液化石油ガスの配管なども実施するので

講習生の皆さんは真剣な表情で実習に臨んでいました。

Img_2259

Img_2260

Img_2261営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。