Powered by Six Apart

« ㈱JA-LPガス情報センターの視察研修を行いました | メイン | センターから見える夏の風景3 »

2017年8月17日 (木)

吉見町主穀研究会・吉見町機械化経営者協議会の皆さまをご案内しました

8/10、吉見町主穀研究会・吉見町機械化

経営者協議会の皆さまがご視察にいらっしゃいました。

吉見百穴で有名な埼玉県の吉見町で農業を営んでいる皆さまです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉見町はJA埼玉中央の管内にあります。

JA埼玉中央は名前のとおり埼玉県の中心に位置し、

1市7町1村で構成されています。

現在も、田園風景、山村風景を色濃く残し、緑の多い地域です。

Img_4893平坦地域(川島町・吉見町)、丘陵地域(東松山市・滑川町・

嵐山町・鳩山町)、山沿い地域(小川町・ときがわ町・東秩父村)の

3つの地域に大別され、平坦地域では「米」「麦」「イチゴ」

「いちじく」の生産が盛んで、県内でも有数な米どころです。

丘陵地域では宅地化が進むなか、「米」「麦」「花卉」

「のらぼう菜」など農産物が生産されています。

Img_4896営農・技術センターの業務について詳しく説明させていただいた後、

本館の6階に上がり、残留農薬検査室と6階から見える

JA全農青果センター 神奈川センターについても説明させていただきました。

Img_4903

Img_4905その後、センター内の圃場やハウスもご覧いただきました。

Img_4906

Img_4908営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。