Powered by Six Apart

« JAいせはら女性部の皆さまにご視察いただきました | メイン | JAみなみ信州エプロンサポーターの皆さまにご視察いただきました »

2017年9月21日 (木)

センターから見える初秋の風景1

今年の夏は、暑い日が続いたと思えば、寒い日もありました。

9月も後半に入り天気が安定してきましたが、先週は大きな台風が日本列島を縦断。

幸い営技セは大きな被害もなく済みました。

そんな中、見つけたちょっとした秋の風景をご紹介します。

Img_5260

農産物商品開発室では、職員が「はざがけ」の準備をしていました。

「はざがけ」とは、稲刈りをしたあとの稲穂を干すための作業です。

普段は農業機械を格納しておく場所ですが、来月から始まる「はざがけ」の場所を作るため、

屋根付きの簡易ハウスに足場パイプを組んでいました。

Img_5261

最近はコンバインで、稲刈りと同時に脱穀ができてしまいますが、

営技セの場合、試験や作業の内容によって、昔ながらの稲の乾燥をおこなう必要があります。

そのための場所づくりが始まっていました。

Img_5263

全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、営技セのフレッシュな情報を提供しますwink

 

コメント

この記事へのコメントは終了しました。