Powered by Six Apart

« センターから見える初秋の風景1 | メイン | センターから見える初秋の風景2 »

2017年9月22日 (金)

JAみなみ信州エプロンサポーターの皆さまにご視察いただきました

9/21は、JAみなみ信州エプロンサポーター

の皆さまがご視察にいらっしゃいました。

Img_5280

 JAみなみ信州は、「飯田下伊那」地域にあり、

長野県の南部に位置します。地域のほぼ中央を天竜川が流れ、

河岸段丘による地勢が形成され、異なる標高ごとに

さまざまな農産物が生産されています。

 例えば、南信州を代表する特産品「市田柿(いちだがき)」も

この地域の名産です。500年以上前から管内高森町の市田地域で

栽培されていました。鮮やかなあめ色の果肉は、もっちりとした食感で、

上品な甘さが特長です。自然の恵みがつまったドライフルーツであると同時に、

高級和菓子としても知られています。

 ほかには、蜜たっぷりで幻のりんごと言われる高糖度で最高品質の

サンふじのブランド「さすがふじ」や、JAみなみ信州管内の県農業試験場で

誕生した生まれも育ちもみなみ信州の赤梨「南水」もあります。中央アルプスの

湧水と太陽の光をいっぱい浴びて元気に育ったJAみなみ信州のおいしい野菜は、

「みなみちゃん」マークが目印です。

 その他、きゅうりをはじめ、パプリカ、アスパラガスなど、一年を通じて

さまざまな品種が栽培されています。

Img_5274

Img_5275

Img_5270

今回は、エーコープマーク品の研修のため、

エーコープマーク品の商品紹介と、研究・開発・検査をおこなっている

生活リテール部商品管理室の展示室をご覧いただきました。

Img_5291

Img_5293

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。