Powered by Six Apart

« 小売指導担当者(GSV(大口・営農))講習を開催しました | メイン | AED研修会を開催しました! »

2017年9月27日 (水)

JA組織代表者(埼玉県本部)の皆さまのご視察をおこないました

9/25(月)は、JA組織代表者(埼玉県本部)の皆さまが視察に訪れました。

埼玉県内にあるJAの代表者や役員の皆さまです。

Img_5312

埼玉県はとても農業が盛んな地域で、大消費地に隣接するため

「暮らしのとなりが産地です」をキャッチフレーズに新鮮な農産物が生産されています。

埼玉県は、米や麦、野菜、果物、畜産物から花・植木まで、

バラエティに富んだ農産物が県内各地で作られています。

埼玉県内で生産しているお米は、埼玉産のブランド米「彩のかがやき」や

「コシヒカリ」「キヌヒカリ」です。

県東部の早場米地帯と北部中部の二毛作地帯に田園が広がっています。

また、野菜は全国6位の生産量をほこっており、小松菜・ブロッコリー・ほうれんそう・

カブ・ネギ・里芋・キュウリが多く生産されています。

Img_5316

Img_5326

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

次に、残留農薬検査室、全国土壌分析センター、生産資材研究室の試験施設や、

農業機械の講習設備について説明させていただきました。

たくさんの質問が出され充実したご視察となりました。

Img_5327_2

Img_5331

Img_5335

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れています。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。