Powered by Six Apart

« センターから見える初秋の風景3 | メイン | JA東京みどり青壮年部の皆さまのご視察をおこないました »

2017年10月 4日 (水)

JA松本ハイランドの皆さまのご視察をおこないました

10/3は、JA松本ハイランドの皆さまが視察に訪れました。

JA松本ハイランドは、松本市、東筑摩郡山形村、生板村、

麻績村、筑北村、朝日村、安曇野市明科にまたがる、

北アルプスを望むことができる松本平を中心とした地域です。

Img_5412

野菜は、すいか、長いも、ネギ、レタス、キャベツ、トマト、

白菜、とうもろこし、セルリーなど様々な種類を生産し、

果物も、りんご、ぶどう、なし、桃などを生産しています。

また松本平の平坦な地域を利用し、米、大豆、麦、そばなど

様々な穀物も生産されています。

特にお米は、「コシヒカリ」「あきたこまち」「風さやか」

「もち米」「酒米」が生産されています。

ちなみに、「風さやか」は長野県生まれの新しい品種です。

Img_5417

営農・技術センターの業務について説明させていただいた後は、

本館の6階に上がり、残留農薬検査室と6階から見える

JA全農青果センター 神奈川センターについて説明させていただきました。

Img_5429

最後に、センター内の圃場やハウスについてもご覧いただきました。

Img_5436

Img_5438

Img_5441

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。