Powered by Six Apart

« JAあさか野役員・支部長合同県外研修の皆さまのご視察をおこないました | メイン | 関連企業の海外からのお客様をご案内しました »

2017年10月11日 (水)

JA相模原市役員視察研修の皆さまにご視察いただきました

10/5は、JA相模原市役員視察研修

の皆さまにご視察いただきました。

神奈川県の北部に位置する相模原市は人口70万人を超え、

神奈川県内では横浜市、川崎市についで第3位、全国では

第18位だそうです。

JA相模原市は、旧相模原市全域を担当するJAです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 相模原市を代表する農産物は、やまといもです。

「さがみの長寿いも」ともよばれ、棒状のもの、銀杏の葉のようなもの

など形はさまざまですが、粘りが強く、デンプンを分解するジアスターゼ

(消化酵素のひとつ)を多く含みます。年末の贈答品として人気の高い農産物です。

 もうひとつは、ごぼうです。麻溝地区ではごぼうが盛んに生産されており、

みずみずしさが特徴です。

 果実類は、ブルーベリーです。近年、生産する農家が増えていて、

直売だけでなく摘み取りもできる農場があるようです。もうひとつはゆずで、

緑区藤野地区で多く採れるゆずは、甘くて香りがあるのが特徴です。

 特徴を活かした様々な加工品が作られ、藤野地区の特産品となっています。

Img_5528

営農・技術センターの業務について詳しく説明させていただいた後、

本館の6階に上がり、残留農薬検査室について説明させていただきました。

Img_5542

その後、センター内の圃場やハウスについてもご覧いただきました。

Img_5545

Img_5552

Img_5556

Img_5559

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。