Powered by Six Apart

« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

東北・九州ブロック合同園芸直販連絡会議の皆さまのご視察をおこないました

11/21に園芸部主催の、東北・九州ブロック

合同園芸直販連絡会議が開催されました。

JAグループにおける直販事業強化のため、東北(5県)・

九州(4県)の県域の担当者が集まりました。

Img_6502

営農・技術センターでの開催でしたので、

当センターの視察もしていただきました。

Img_6503

Img_6504

Img_6505

当センターで実施している開発品目についての説明では、

様々なご質問をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2017年11月29日 (水)

JA川上そ菜販売の皆さまのご視察をおこないました

11/10は、JA川上そ菜販売の皆さまにお越しいただきました。

長野県の東南端に位置する川上村は、信濃川に至る千曲川源流の里です。

高原野菜の産地で、7月下旬から11月初旬にかけて

豊潤な大地と豊かな水に育まれたおいしいレタス・非結球レタス・

ハクサイ・キャベツなどの高原野菜を生産されています。

Img_6480

Img_6483

Img_6485

センターの業務紹介後は、ハウス・圃場など見ていただきました。

Img_6497

Img_6499

Img_6500

さらに残留農薬検査室・6階から見えるJA全農青果センター

神奈川センターなども見ていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2017年11月28日 (火)

ホクレン肥料株式会社の皆さまのご視察をおこないました

11/20(月)は、ホクレン肥料株式会社の皆さまが視察に訪れました。

Img_6466

「ホクレン」とは、北海道内のJAが出資しJAの経済事業を担うことを目的として設立された組織です。

生産現場に不可欠な資材やエネルギーの供給、技術面や情報面でのバックアップなど、

農畜産物を安定的に生産するためのサポートを行っています。

「ホクレン肥料株式会社」は、農畜産物の生産コストの引き下げや多様化する肥料需要に応えるため、

帯広、北見の2工場で化成肥料を製造しており、帯広、北見、空知、釧路の4工場で

粒状配合(BB)肥料を製造しています。

北見・空知工場に併設された土壌分析センターではホクレンからの受託分析なども行っているそうです。

 

Img_6467

最初に、営農・技術センターの業務についてと農産物商品開発室から、

品種開発の取組や新しい栽培技術について説明させていただきました。

その後、6階に上がり、残留農薬検査室と窓から見えるJA全農青果センター神奈川センターについて

説明させていただきました。

Img_6471

Img_6472

Img_6473

最後に、センター内の圃場やハウスをご覧いただきました。

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine

2017年11月27日 (月)

つくば市基礎組織協議会の皆さまのご視察をおこないました

11/20(月)は、つくば市基礎組織協議会の皆さまが視察に訪れました。

つくば市基礎組織協議会の皆さまは、茨城県みなみ農業共済組合に加入されている方々です。

Img_6444

つくば市の生産物と言えば、栽培面積日本一の芝をはじめ、米(コシヒカリ)、ブルーベリー、

ねぎ(つくばねぎ)、キノコ(シイタケ・シメジ・ナメコ)、野菜類(トマト・キュウリ・ピーマン等)、

葉茎菜(ネギ・ホウレンソウ・キャベツ等)、根菜類(サツマイモ・ダイコン・ニンジン等)と

たくさんの作物が挙げられます。

さすが農業県茨城の真ん中に位置する場所です。

Img_6446_2

最初に、営農・技術センターの業務について詳しく説明させていただきました。

Img_6452

次に、6階に上がり、残留農薬検査室と窓から見えるJA全農青果センター神奈川センターについて

説明させていただきました。

Img_6457

最後に、センター内の圃場やハウスもご覧いただきました。

 

Img_6459

Img_6463

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2017年11月24日 (金)

JA静岡市しづはた連合部農部会長会の皆さまのご視察をおこないました

11/16は、JA静岡市しづはた連合部

農部会長会の皆さまにお越しいただきました。

JA静岡市は、静岡市内の葵区と 駿河区を管内としています。

Img_6417_2

静岡市は、南は気候温暖な駿河湾沿岸から、北は3000m級の山々が

そびえる南アルプスまで、南北に約84kmあります。

その大部分が山間地で平坦地はわずか7%にすぎませんが、

その地域の条件を生かして、平坦地ではいちご、葉生姜、そさい、

桃等の施設園芸が発達し、山間部ではお茶を中心にみかん、わさび、

しいたけ等を栽培して特色ある農業生産が行なわれています。

Img_6420_2

Img_6426_2

センターの業務紹介後は、残留農薬検査室・6階から

見えるJA全農青果センター 神奈川センターの他、

ハウス・圃場なども見ていただきました。

Img_6432_2

Img_6434_2

Img_6437_2

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2017年11月22日 (水)

幸手市環境保全型農業推進協議会の皆さまのご視察をおこないました

11/16(木)は、「幸手市環境保全型農業推進協議会」の皆さまが視察に訪れました。

Img_6387

「幸手市環境保全型農業推進協議会」主催の、幸手市稲作研究会・幸手市農業後継者部会、

合同の視察研修会としていらっしゃいました。

幸手市は、JA埼玉みずほの管内です。

JA埼玉みずほは、埼玉県の東部に位置し平坦な地形と穏やかな気候に恵まれています。

また、利根川・江戸川を水源とする肥沃な水田地帯でコシヒカリを中心とする米作りが行われ、

埼玉県有数の早場、良質米の産地だそうです。

Img_6390

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

Img_6396

次に、6階に上がり、残留農薬検査室と窓から見えるJA全農青果センター神奈川センターについて

説明させていただきました。

Img_6406

Img_6408

最後に、センター内の圃場やハウスもご覧いただきました。

Img_6414

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2017年11月21日 (火)

士別市農業委員会の皆さまのご視察をおこないました

11/16は、士別市農業委員会の皆さまが視察に訪れました。

士別市(しべつし)は、北海道上川地方北部にある市です。

同じ北海道にある、同じ読みの標津町と区別するため

「サムライ士別」と呼ぶこともあります。

Img_6377

士別市は農業が盛んで、豊かな自然と冷涼で寒暖の差が大きい

気候を活かして、水稲や、小麦・豆類(大豆・小豆)・てんさい

など多くの畑作物、さらに多種類の野菜(ばれいしょ・

たまねぎ・ブロッコリー・ダイコン)が栽培されています。

Img_6375

営農・技術センターの業務について説明させていただいた後、

本館の6階に上がり、残留農薬検査室と6階から見える

JA全農青果センター 神奈川センターについてご説明しました。

Img_6384

Img_6385

センター内の圃場やハウスについてもご覧いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2017年11月20日 (月)

袖ケ浦市農業委員会の皆さまのご視察をおこないました

11/15(水)は、袖ケ浦市農業委員会の皆さまが視察に訪れました。

Img_6304

袖ケ浦市は、千葉県のほぼ中央に位置し東京湾アクアラインのたもとにあり利便性の良いところです。

そのため、近年はベッドタウン化が進み、昔からある農業と新しい住宅地が共存する場所だそうです。

住宅地が増えてきてはいますが、お米やさまざまな野菜の生産は現在でも継続れています。

Img_6308

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

Img_6310

次に、6階に上がり、残留農薬検査室と窓から見えるJA全農青果センター神奈川センターについて

説明させていただきました。

Img_6312

最後に、センター内の圃場やハウスもご覧いただきました。

Img_6320

Img_6325

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2017年11月16日 (木)

JA安房・野菜部会千倉支部の皆さまのご視察をおこないました

11/8(水)は、JA安房・野菜部会千倉支部の皆さまにお越しいただきました。

Img_6264

JA安房(あわ)は、千葉県の県南に広がり鋸南町(きょなんまち)、鴨川市、

南房総市、館山市を管内としています。

JA安房のおもな特産物は、ストック、夏ギク、菜の花、スナップ、スターチス、

カーネーション、金盞花(きんせんか)などの花卉から、菜の花、パセリ、ししとう、

いちごなどの野菜、温室びわ等の果物まで幅広く生産されています。

Img_6244_2

今回、お越しいただいた野菜部会千倉支部では、菜の花、ししとう、とうがらし、

生姜などを生産されているそうです。

Img_6252

最初に、センターの業務紹介とハウスや圃場を見ていただきました。

次に、残留農薬検査室と6階の窓から見えるJA全農青果センター神奈川センターも見ていただきました。

Img_6253

Img_6256

Img_6260

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2017年11月15日 (水)

JA越後さんとう 生産組織連絡協議会の皆さまのご視察をおこないました

11/10は、JA越後さんとう 生産組織連絡協議会

の皆さまにお越しいただきました。

JA越後さんとうは、信濃川の左岸地帯に広がる

越後平野の一端で古来「瑞穂国」といわれる水田単作地帯です。

長岡市(旧寺泊町・旧和島村・旧与板町・旧三島町・旧越路町・成沢町)

及び三島郡出雲崎町を管轄とするJAです。

Img_6268

広大な水田を利用した米作はもちろん、アスパラガス・カボチャ・

いちご・トマト・メロン・アスパラ菜・サツマイモ・里芋など

幅広く生産されています。

Img_6270

センターの業務紹介の後、ハウス・圃場など見ていただきました。

Img_6278

Img_6285

Img_6295

Img_6297

さらに残留農薬検査室・6階から見えるJA全農青果センター

神奈川センターなども見ていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。