Powered by Six Apart

« 2017年12月 | メイン | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月17日 (水)

神奈川県本部生活モニター会議を開催

1/16(火)は、神奈川県本部生活課主催の「第4回生活モニター会議」が

営農・技術センターで開催されました。

Img_2783

神奈川県下8JAの生活モニターとJA職員ら22名が参加しました。

Img_2789

「生活モニター会議」は、 生活モニターに選任されたJAの女性部員を対象に開催しているそうです。

内容は、商品のメーカー担当者による商品研修会や工場の視察、

商品開発の現場視察であり、Aコープマーク品の質の高さや商品知識を身に付け

JA女性部活動に役立てていただくことを目的としています。

Img_2804

Img_2830

今回は、営農・技術センターを会場として小麦メーカーによる商品研修と、

営農・技術センターの説明、エーコープマーク品の商品説明、商品管理をおこなっている

商品管理室の見学をおこないました。

Img_2862

Img_2875

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2018年1月16日 (火)

施肥診断技術者養成講習会を開催しています

営農・技術センターでは、1月15日~19日にかけて、

施肥診断技術者養成講習会を開催しています。

施肥診断技術者養成講習会は、健康な土づくりと適正施肥を

推進する施肥診断技術者を養成するためのもので、土壌や

肥料および土壌診断に関する基礎的な知識の習得や

土壌分析器を用いた土壌分析法の習得などを目的とする講習会です。

Img_2753

Img_2762

JA職員で、土壌診断業務に従事し、土壌改良目標や

施肥設計を策定しようとする方と、県連・県本部職員で、

土壌診断・施肥設計等の業務に従事しようとする方を対象に行うものです。

JAの指導力強化のため、肥料に関する基礎知識、施肥指導の

ための応用技術など、受講レベルに応じた講習会を実施しています。

Img_2757

Img_2765

Img_2768

Img_2769

今回はオリエンテーションと、最初の

講義の風景をご紹介しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2018年1月15日 (月)

共乾施設運転主任者講習会を開催しています

営農・技術センターでは、平成30年1月15日~19日で、

「共乾施設運転主任者講習会」を開催しています。

Img_2752

この講習会は、共同乾燥施設の運転に必要な国家資格(乾燥設備作業主任者)の取得と、

運転の基礎知識を習得するための講習会です。

Img_2770

ちなみに、「共同乾燥施設」とはライスセンターやカントリーエレベーターと呼ばれる

穀物の乾燥・調整(貯蔵)施設のことです。

日本では、主にお米や麦に使用され、乾燥機や選別機、籾すり機、穀物搬送用昇降機、

巨大なサイロ(貯蔵ビン)などで構成されています。

Img_2773

営農・技術センターでは年3回の共乾施設運転主任者講習会を開催しており、

講義のほか実習もあります。

実際の機械を使用した実習や、シミュレーターを使った実践的な講習を行っています。

今回の写真は、開講初日の講義をおこなっている風景です。

Img_2777

Img_2780

営農・技術センターでは、さまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

 

2018年1月12日 (金)

第334回農業機械基礎講習会を開講しました!

1月10日から334回農業機械基礎講習会が始まりました。

1月31日まで行われる22日間の講習会です。

Img_2711

JA・県JA・県連・県本部職員・担い手の新任農業機械担当者を

対象に行われる講習会で、農業機械担当者として必要な

基礎知識と技能を修得することを目的としています。

Img_2715

機械や電気の基礎知識を学ぶ講習から始まり、4サイクルガソリンエンジン

・ディーゼルエンジンの講習と実習を含む科目へと移っていきます。

その後は、刈り払い機・トラクター・コンバイン・田植機・乾燥機へと続き、

農業機械について必要な基礎と技能を学び、修得していただきます。

Img_2719

今回の講習生は、北は秋田から南は福岡まで、農業機械を担当する

JA職員・全農県本部職員の34名が受講しています。

今回ご紹介している写真は、電気の基礎についての受講風景です。

Img_2724

Img_2733

Img_2739

電気についての基本的な講義を受け、午後には自分たちでライトやホーンなどの

簡単な配線をおこない、電気の流れを学ぶ実習をおこなっていました。

配線が終わった機材には実際に電流を流し、ライトが点灯すること・

ホーンが鳴ることなど確認し、技術や知識の習得を

実感してもらえるような実習となっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2018年1月11日 (木)

営農・技術センターのホームページのご紹介

昨日に引き続き、営農・技術センターのホームページのご紹介です。

本日は、研究成果のページを詳しく説明します。

 

↓赤丸部分をクリックします。

http://www.zennoh.or.jp/eigi/index.html

17011101_2

以下のページに飛びます。

ここが研究成果一覧のインデックスです。

水田作、畑作、園芸(露地・ハウス)、病害虫・雑草、土壌肥料、その他にカテゴリー分けしています。

 

http://www.zennoh.or.jp/eigi/research/index.html

Eigisehp02

赤丸部分の「園芸(露地・ハウス)」を選択すると、技術情報、マニュアル、チラシの情報が、

研究室ごとに分かれて、掲載されます。

スクロールして目当ての情報を探します。今回は、「うぃずOne」を表示してみます。

Eigisehp03_2

Eigisehp06

赤丸をクリックすることで以下の「うぃずOne」の情報を

表示できます。

Eigisehp04_2

たくさんの情報が掲載されていますので、是非ご活用ください。 

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、営技セのフレッシュな情報を提供しますflair

2018年1月10日 (水)

営農・技術センターのホームページのご紹介

営農・技術センターを、多くの方に知っていただく

ためにホームページを公開しています。

ホームページでは、営農・技術センターの概要や、各研究室の

業務のご紹介、視察のご案内などを掲載しています。

http://www.zennoh.or.jp/eigi/index.html

Eigisehp01

今回は、研究成果のページについてご紹介します。

営農・技術センターでおこなわれた試験研究の成果や、

開発した技術情報などをPDF形式で掲載しています。

170111blog01

詳細については明日以降当ブログにて紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

営技セのフレッシュな情報を提供します。

2018年1月 9日 (火)

センターの新年

気がつけば昨日の成人式も終わり、新しい年になって9日目を迎えました。

センターのお正月風景をお送りしたいと思います。

まずは、定番の鏡餅を受付の玄関前に置きました。

Img_2695_4

次は、玄関のしめ飾りです。

石川佳純ちゃんの等身大ウエルカムパネルと並んでお正月のお出迎えをしてもらいました。

Img_2707_2

しめ飾りは松の内までなので1月7日にはずしました。

Img_4736_2

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、営技セのフレッシュな情報を提供しますshine

2018年1月 5日 (金)

あけましておめでとうございます

営農・技術センターは1/4から業務を開始しています。

本館5階の窓からは、富士山の雄大な姿を

確認することができましたfuji

幸先の良いスタートが切れそうですね。

Img_0121

ブログは本日(1/5)から開始いたします。

Iinu142

今年もどうぞよろしくお願いいたします。