Powered by Six Apart

« 2018年8月 | メイン | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月28日 (金)

JA上伊那 伊那地区生活部会連絡協議会の皆さまのご視察をおこないました

9/21(金)に、JA上伊那 伊那地区生活部会連絡協議会の皆さまが視察に訪れました。

1809281

JA上伊那は、長野県南部の中央アルプスと南アルプスに囲まれ、

南北に沿って天竜川が流れる「伊那谷」と呼ばれる地域にあるJAです。

伊那市、駒ヶ根市など2市3町3村から構成されています。

おもな農産物としては、水稲のほかアスパラガス、ねぎ、ブロッコリー、りんご、

梨、花、きのこ類などがあります。

今回は、生活部会員の方にお越しいただきました。

1809282

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1809283

その後、6階の残留農薬検査室と1階のリサーチギャラリーで

センター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1809284

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2018年9月27日 (木)

食農教育:平塚市立なでしこ小学校の5年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、小学校5年生を対象に

食農教育の受入を行っており、お米作りや

田んぼの生きものについての話などをしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9/25(火)には、平塚市立なでしこ小学校

5年生のみなさんがやってきました。

1809271

全農が取り組んでいる仕事の話や、営農・技術センターの

仕事について説明し、そのあとお米作りや田んぼの

生きものについてお話ししました。

1809272

特に、自分たちで育てている身近なお米についての話は、

真剣に聞き入ってメモをとる姿も見られました。

1809273

お米に関するクイズのコーナーもあり、子どもたちは

元気に手を上げて答えていました。

1809274

1809275

また、「温室の中ではどんな研究をしていますか?」という質問がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさ、を体験してもらう活動を行っています。

2018年9月26日 (水)

JA東京都区内専務常務会の皆さまのご視察をおこないました

9/21(金)に、JA東京都区内専務常務会の皆さまが視察に訪れました。

1809261

都内のJA役員の皆様と、全農東京都本部と合わせて19名にお越しいただきました。

JAかながわ西湘の直売所を視察後、センターに来訪されました。

まず、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1809262

その後、6階に上がり、残留農薬検査室について説明しました。

1809263

1809264

最後に、1階のリサーチギャラリーで各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1809265

1809266

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れています。

2018年9月25日 (火)

静岡県東部地区JA専務常務参事会の皆さまのご視察をおこないました

9/20(木)に、静岡県東部地区JA

専務常務参事会の皆さまが視察に訪れました。

JA伊豆太陽三島函南あいら伊豆なんすん御殿場富士市

6JAの役員の皆様と、同行した静岡県経済連の方を合わせて

17名にお越しいただきました。

1809251

始めに、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1809252

肥料の品質管理について知りたいとのご希望があったため、

肥料研究室より品質検査について説明しました。

1809253

その後本館の6階に上がり、残留農薬検査室について説明しました。

1809254

続いて、肥料研究室の物性棟を見学していただきました。

1809255

1809256

また、本館1階のリサーチギャラリーでセンターの

各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1809257

1809258

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年9月21日 (金)

ライン長フォロー研修を開催しました

9月18日~19日の2日間にわたり、

ライン長フォロー研修を開催しました。

1809211

1809212

この研修会は、平成29年度にライン長に就任した職員が対象であり、

ライン長としての1年間を振り返り、悩みや解決策を討議し、

今後のマネジメントの向上につながる気づきを得ること、

人材育成の重要性と目標管理との連携について再認識し、

職場での実践につなげることを目的としています。

1809213

1809214

1809215

外部講師を招いて、今後の管理者のあり方、コミュニケーションや

部下の活躍支援などに関する研修を行いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2018年9月20日 (木)

長泉町中核農業者協議会の皆さまのご視察をおこないました

9/18(火)に長泉町中核農業者協議会

の皆さまが視察に訪れました。

長泉町は静岡県東部にあり、工場が多く、近年宅地化が

進んでいる町です。JAなんすんの管内にあり、メロン、

大和芋、ねぎ、柿などが生産されています。また、つる性の

花である「クレマチス」については日本一の産地です。

1809201

今回は露地野菜と水稲を中心に農業を営んでいる

12名の方にお越しいただきました。

1809202

1809203

営農・技術センターの業務について詳しく説明させていただいた後、

本館の6階に上がり、残留農薬検査室について説明しました。

1809204

その後1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の

取り組みについてご覧いただき、圃場・ハウスも見学していただきました。

1809205

1809206

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年9月19日 (水)

食農教育:平塚市立松延小学校の5年生が社会見学にやってきました

営農・技術センターでは、小学校5年生を対象に

食農教育の受入を行っており、お米作りや

田んぼの生きものについての話などをしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9/14(金)には平塚市立 松延小学校

の5年生のみなさんがやってきました。

1809191

全農が取り組んでいる仕事の話や、

営農・技術センターの仕事について説明し、そのあと

お米作りや田んぼの生きものについてお話ししました。

1809192

1809193

今年、自分たちで育てている身近なお米についての話は、

特に真剣に聞き入っていて、メモをとる姿も見られました。

1809194

1809195

1809196

また、「一番おいしいお米の品種は何?」

「お米の検査をするとき大変なことは?」

「インディカ米はどこで作られているか?」などの質問もありました。

先生からも「陸稲はお店で売っていますか?」という質問がありました。

1809197

1809198

5年生のみなさんはお弁当を食べた後、バスに乗って

日産車体の見学に行きました。

また、センターの講師へ元気にあいさつしてくれました。

最後までありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさ、を体験してもらう活動を行っています。

2018年9月18日 (火)

食農教育:平塚市立勝原小学校の5年生が郊外学習にやってきました

営農・技術センターでは、小学校5年生を対象に

食農教育の受入を行っており、お米作りや

田んぼの生きものについての話などをしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9/13(木)に平塚市立 勝原小学校

5年生のみなさんがやってきました。

勝原小学校は平塚市の西部、湘南平と呼ばれる丘陵の北側にある小学校です。

学校の近くにはまだ田んぼが残っているそうです。

1809181

全農が取り組んでいる仕事の話や、

営農・技術センターの仕事について説明し、そのあと

お米作りや田んぼの生きものについてお話ししました。

1809182

1809183

今年、自分たちで育てている身近なお米についての話は、

特に真剣に聞き入っていました。

1809184

1809185

1809186

また、「どういう虫や病気にこまっているか?」

「苗作りで大変なことは?」「営農・技術センターでは

どのような研究をしているか?」などの質問もありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさ、を体験してもらう活動を行っています。


おまけ:9月11日のブログで、りんごの実が全て落ちたと

書いてしまいましたが、よく見ると1個だけ実がついていました。

1809187

1809188

2018年9月14日 (金)

丙種ガス主任技術者試験対策講習会を開催しました

営農・技術センターでは、平成30年9月12日~14日にかけて、

丙種ガス主任技術者試験対策講習会を開催しました。

1809141

丙種ガス主任技術者養成講習会は、

簡易ガス事業の許可を受けている事業者のLPガス担当者を

対象におこなっている講習会です。

2日目からは3回にわたって模擬試験を行い、

試験形式に慣れることで国家資格の取得に近づくことをねらいとした講習会です。

1809142

ちなみに、「ガス主任技術者」とは、『ガス事業法』に基づき、ガス工作物の工事、

維持および運用に関する保安監督などを行うために必要な資格です。

「丙種」とは、特定ガス発生設備に関するガス工作物の工事、維持及び運用を行う方が対象です。

1809143

講習会は模擬試験と演習が中心のため、静かな中進んでいました。

1809144

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

 

2018年9月13日 (木)

「全農ブロガー」の勉強会を行いました

9/11(火)に「全農ブロガー」の皆さんが営農・技術センターにいらっしゃいました。

「全農ブロガー」とは、㈱ベネッセコーポレーション発行の雑誌「サンキュ!」に

関連するブログに登録しているブロガーのうち、

全農が認定する人気ブロガー10名のことです。

1809131

ブロガーの皆さんは全農の協力でお米作りを体験したり、

全農の事業についての勉強会に参加し、それについてブログで発信しています。

今回は「肥料・農薬」についての勉強会ということで、

5名のブロガーにお越しいただきました。

1809132

管理・講習課からは、営農・技術センターの概要について説明しました。

続いて、農産物商品開発室より全農が開発した

お米の新品種「はるみ」の話とお米の品種開発、

肥料・農薬研究室よりそれぞれ肥料と農薬について少し詳しくお話をしました。

1809133

1809134

その後、4階の農薬研究室の害虫飼育室を見学いただき、

6階の残留農薬検査室で残留分析の説明を行いました。

1809135

ブロガーの皆さんは、肥料や農薬の話に熱心に耳を傾けていただけました。

今日のことを書いた皆さんのブログを楽しみにしています。

1809136

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine