Powered by Six Apart

« 2018年11月 | メイン | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月12日 (水)

中国日本商会による中国の大学生のご視察をおこないました

11/30(金)に中国の大学生の皆さまが視察に訪れました。

今回の視察を企画した「中国日本商会」では、2007年から

中国の若い世代に日本社会および日本企業に対する理解や

人的交流を深めてもらうことを目的として、毎年2回

中国の大学生を日本に派遣しています。

1812121

1812124

7泊8日の日程で大阪、京都、東京などを訪れ、企業や大学などを視察します。

今回は6大学から30名(女性21名、男性9名)にお越しいただきました。

そのうち、農業専攻の方も5名おられました。

1812122

総合企画部より全農の事業を紹介した後、

営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階の

リサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1812123

大学生の皆さんからは多くの質問がありました。例えば

「遺伝子組み換えの農産物はどれ位普及しているか?」

「全農として、収益を上げるためにどのような対策を講じているか?」

「講習会・研修会にはどのような人々が選ばれて参加するのか、

またそれにかかる費用はどこが負担しているのか」などの質問があり、

時間の関係で、途中で質問時間を終了しましたが、まだまだ質問し足りない様子でした。

その他、農業機械の講習会に18、19歳の方も参加していることや、

センター内に虫のための供養塔があること、ポジティブリスト制度において

定められている残留農薬基準の0.01ppmという数値がいかに小さいか

ということなどの説明には、とても驚いていた様子でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年12月11日 (火)

育苗培土講習会を開催しました

11月29(木)~30日(金)に「育苗培土講習会」を開催しました。

1812111

1812112

この講習会は、県連・県本部の肥料担当者を対象に

育苗培土に関する特性や情勢、培土の品質調査について学び、

品目推進力の強化と品質事故対応力の強化を目的としています。

1812113

座学だけでなく、営農・技術センターの施設を活用して

実習を行うことができるのが特長です。

1812114

1812115

1812116

2日目はメーカーの担当者も参加して培土技術研修会として、研修を行いました。

1812117

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

2018年12月10日 (月)

2年目職員フォロー研修を開催しました

11月28日~30日の3日間にわたり、

2年目職員フォロー研修を開催しました。

この研修会は全農に入会して2年目の職員が対象であり、

全国で働いている同期が一同に会する貴重な機会でもあります。

1812101

1812102

営農・技術センターのほか、他の会場でも開催されており、

今回は2年目職員のうち69名が参加しました。

1812103

1812104

1日目はグループ討議などを行い、その結果を発表しました。

2日目からは外部講師を招いて、キャリアアップや

コミュニケーション能力の向上を目的とした研修を行いました。

1812105

1812106

1812107

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2018年12月 7日 (金)

ガス溶接技能講習会を開催しました

11月28日~29日にガス溶接技能講習会を開催しました。

1812071

これは農業機械基礎講習会に続いて受講が可能な講習会で、

労働安全衛生法にもとづくガス溶接技能講習会として実施しています。

(主催:神奈川労務安全衛生協会)

1812072

1日目の座学講義から始まり、

1812073

2日目は器具を装着する実習や実際に炎を出して溶接、溶断の実習を行います。

1812074

1812075

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますnote

2018年12月 6日 (木)

JA松本ハイランド朝日支所壮年部のご視察をおこないました

11/28(水)にJA松本ハイランド朝日支所

壮年部の皆さまが視察に訪れました。

前日に引き続いてのJA松本ハイランドからのお客様です。

朝日支所管内はレタス、キャベツ、ハクサイなどの葉菜類の

栽培が盛んな地域で、50~60代の農家から構成される

生産部会の13名にお越しいただきました。

1812061

1812062

営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1812063

その後本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の

取り組みについてご覧いただきました。

1812064

リサーチギャラリーでは、全農が普及している天敵を活用した

防除資材の「バンカーシート」や、ギャラリーに展示している

土壌断面の模型を熱心に視察されていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年12月 5日 (水)

伊豆の国市農業委員会のご視察をおこないました

11/28(水)に、伊豆の国市農業委員会の皆さまが視察に訪れました。

1812051

「伊豆の国市」は静岡県の伊豆半島北部にあり、

「韮山反射炉」や温泉で知られる町です。

農業では、いちごやトマトの栽培が盛んです。

今回は水稲のほか、いちごや野菜類を生産している

農業委員の方26名にお越しいただきました。

1812052

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1812053

1812054

農業委員の皆さんからは、輸出の際の鮮度保持技術や

生物農薬などについて質問がありました。

センターを視察した後は、雪印メグミルク海老名工場を視察されるとのことでした。

1812055

1812056

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますshine

2018年12月 4日 (火)

JA松本ハイランド女性渉外担当のご視察をおこないました

11/27(火)にJA松本ハイランド女性渉外担当

の皆さまが視察に訪れました。

JA松本ハイランドは、長野県中部の松本市を中心とした

地域にあるJAで、すいか、長いも、レタスなどの野菜、

りんご、ぶどうなどの果樹、水稲、きのこ類、花、畜産など

さまざまな農業が営まれています。

1812041

今回はJAの支所でエーコープマーク商品・生活購買品を

販売し、女性部などの組織の事務局を受け持っている方

17名にお越しいただきました。

長野県から日帰りの強行スケジュールだそうです。

1812042

営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1812043

その後本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階の

リサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについて

ご覧いただきました。

1812044

1812045

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年12月 3日 (月)

神扇落悪水路土地改良区のご視察をおこないました

11/27(火)は、神扇落悪水路土地改良区の皆さまが視察に訪れました。

1812031

この改良区は埼玉県東部の幸手市にあります。

幸手市は茨城県と千葉県の県境にあり、水稲の栽培が盛んな地域です。

また、市内にはJA埼玉みずほの農産物直売所「さくらファーム」があります。

今回は低地湿地帯で排水路の維持管理などを行っている土地改良区の役職員、

排水委員15名にお越しいただきました。

おもに水稲と露地野菜の栽培に取り組んでいる方々です。

1812032

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1812033

1812034

リサーチギャラリーでは、全農が推進している低コスト肥料の「PKセーブ」や

「共同購入トラクター」などの省力低コスト技術に関心を持たれていました。

また、参加者の中には、JAの理事で鉄コーティング水稲直播や流し込み施肥に

取り組まれた経験のある方もおられました。

1812035

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair