Powered by Six Apart

« JA静岡市青壮年部美和支部のご視察をおこないました | メイン | 栽培技術総合研修(第2クール)を開催しました »

2019年2月 5日 (火)

静岡県中遠稲作研究会のご視察をおこないました

1/31(木)に、静岡県中遠稲作研究会の皆さまが視察に訪れました。

1902051

今回の視察の主催は、研究会の事務局を担当している

静岡県中遠農林事務所です。

中遠農林事務所は磐田市、掛川市、袋井市、御前崎市、菊川市、森町の

5市1町を所管しています。

この地域は、静岡県内最大の稲作地帯であるほか、

お茶や温室メロンの生産も盛んです。

今回は大規模稲作経営をされている16名の

研究会メンバーにお越しいただきました。

平均30haの土地を耕作されており、水稲を中心に

麦、大豆、露地野菜を生産されているそうです。

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1902052

その後、6階の残留農薬検査室を視察し、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1902053

1902054

視察者の皆さまからは、全農が開発したイネの品種「はるみ」の

育成経過や輸出に関する質問がありました。

リサーチギャラリーでは全農が開発・普及に関わっている

防除衣の「カッパ天国エース」、土壌断面、

農薬などの展示を熱心に視察されていました。

また、営農・技術センターを訪問する前には、

都内の米穀店を視察されたそうです。

1902055

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますflair

コメント

この記事へのコメントは終了しました。