Powered by Six Apart

« 新採用職員受入研修でセンター施設を見学しました(その2) | メイン | センターから見える春の風景(5) »

2019年4月 9日 (火)

センターから見える春の風景(4)

春になると、営農・技術センターには、小さな赤紫色の花が咲きます。

センター内で最も多く咲いているのは、「ホトケノザ」という花です。

1904091

1904092

1904093

これはシソ科オドリコソウ属の植物です。

なお、「春の七草」の中にも「ホトケノザ」という植物がありますが、

これは「コオニタビラコ」というキク科の黄色い花が咲く別の植物ですので、

注意が必要です。こちらのホトケノザは、食用にはできません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホトケノザより量は少ないですが、似た花を持つ

ヒメオドリコソウ」も見ることができます。

1904094

1904095

これもシソ科オドリコソウ属の植物で、葉の形や色が

ホトケノザとは異なるので、簡単に見分けることができます。

写真のように同じ場所に両方が咲いていることもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1904096

その他センター内でよく見かける赤紫色の花としては、

カラスノエンドウ」があります。

マメ科の植物で、繁殖力が高いため、雑草として問題になることがあります。

1904097

1904098

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

センターのフレッシュな情報を提供します。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。