Powered by Six Apart

« 2019年5月 | メイン | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月28日 (金)

財団法人アジア農業協同組合振興機関(IDACA)主催の農協振興担当者研修参加者をご案内しました

6月26日、IDACA主催の農協振興担当者研修に

参加している海外の皆さんをご案内しました。

 IDACAとは、財団法人アジア農業協同組合振興機関(The Institute

 for the Development of Agricultural Cooperation in Asia)のことです。

 IDACAは、国際協力機構(JICA)、その他国際関係機関と提携し、

 農業協同組合振興に向けた人材養成のための研修を実施しています。

今回はアジア、アフリカなどの、主に農協組織育成に関わる行政官・

農協組織の職員を対象とした研修会を開催しました。

1906281

ジョージア、マラウィ、ミャンマー、フィリピン、シエラレオネ、

南スーダン、タンザニア、トンガ、ウガンダ、ベトナムの

9カ国の皆さま13名が視察されました。

1906289

営農・技術センターの概要や農産物商品開発室

研究内容についてお話しさせていただきました。

1906282

また、残留農薬検査室や農業機械の実習棟、土壌分析実習室、

場内圃場、ハウス、リサーチギャラリーも視察しました。

1906283

1906284

1906285

参加者からは農協関係の皆さんということもあり、センターの運営、

資材の検査、輸出、残留農薬検査など、多くの質問がありました。

1906286

1906287

1906288

なお、この研修は5/25~7/25の2ヶ月にわたって開催されており、

先週は秋田を訪問され、秋田白神のねぎ産地や秋田のパールライス・

全農物流などを視察されたとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年6月27日 (木)

施工管理担当者講習会(基礎講習会)を開催しました

施工管理担当者講習会(基礎講習会)とは、

農業施設の推進に必要な建築、プラント、補助事業、施工管理、

契約事務に関する基礎知識を習得することを目的としています。

1906272

本講習会はプラント施工管理担当者認証制度の指定講習会となっています。

1906273

1906274

県連・県JA・県本部の施設設計者の方を対象に、

6月19(水)~21日(金)に開催されました。

1906271

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

2019年6月26日 (水)

包装資材講習会を開催しました。

包装資材講習会は、段ボール資材の取り扱いに必要な

「基礎知識(品目情報、価格計算など)」、「法規制」、

「品質管理方法」などを演習・実習を通じて習得すること

を目的としています。

1906261

1906262

県JA・県連・県本部の包装資材取扱主任者の方が対象です。

6月19日~21日の3日間にわたり開催されました。

1906263

1906264

1906265

座学だけではなく、実習や製造現場(工場)の見学など

幅の広い講習会で、段ボール箱の製作実習なども行いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2019年6月25日 (火)

健康診断を行いました

6月20(木)~21日(金)に、営農・技術センター職員の

健康診断を行いました。

1906251

健康診断は、年1回の実施が法律で義務付けられています。

1906252

また、健康診断の結果を活用することにより、

病気を未然に防ぐことができると考えられます。

1906253

今回は、身長・体重から視力、血圧、血液検査、心電図、

胸部レントゲン検査などさまざまな検査を行いました。

1906254

1906255

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

センターのフレッシュな情報を提供しますwink

施肥診断技術者養成講習会を開催

営農・技術センターでは、6月17日~21日にかけて、

施肥診断技術者養成講習会を開催しました。

施肥診断技術者養成講習会は、健康な土づくりと適正施肥を

推進する施肥診断技術者を養成するためのもので、土壌や肥料

および土壌診断に関する基礎的な知識の習得や土壌分析器を

用いた土壌分析法の習得などを目的とする講習会です。

1906241

1906242

JA職員で土壌診断業務に従事し、土壌改良目標や施肥設計を

策定しようとする方や、県連・県本部職員で、土壌診断・

施肥設計等の業務に従事しようとする方を対象に行うものです。

1906243

座学の講義のほか、実際に土壌分析法を学ぶ実習も行われます。

1906244

1906245

今年度よりカリキュラムが変更になり、土壌の採取・

調整方法を学ぶ実習を行うことになりました。

1906246

1906247

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2019年6月21日 (金)

JAグループ会社新任ライン長研修会を開催

6月12日(水)~14日(金)の3日間にわたり、

JAグループ会社新任ライン長研修会を開催しました。

1906201

1906202

JAグループ会社新任ライン長研修会は、JAグループ会社管理者の

業務遂行・組織運営に必要な管理能力を再認識するとともに、

時代の変化に的確に対応できる目標・成果志向の管理者を

育成することを目的としています。

1906203

1906204

1906205

1906206

外部講師により、目標管理、部下の育成、リーダーシップなど

に関する講義も行われました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

衛生基礎知識研修を開催しました

6月13日(木)~15日(金)に

「衛生基礎知識研修」が開催されました。

1906211

1906212

これは、異物混入や食中毒対策など、食品の衛生を

確保するために必要な知識を身につけるための研修会です。

1906215_2

対象者は全農の畜産関係の関連会社の職員です。

1906216

研修会では講義のほか、食品のにおいなどに

関する実習も行われました。

1906213_2

受講者全員が衛生管理用の帽子を着用して受ける講義もありました。

1906214_2

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますsun

2019年6月19日 (水)

LPガス新任担当者講習会を開催しました

LPガス新任担当者講習会は、LPガスやガス器具の基礎知識、関係法規、

価格などLPガス担当者に必要な基礎知識を取得することを目的として行っています。

1906191

6月12日(水)から14日(金)までの3日間開催されました。

1906192

1906193

講習会最終日には、ガス器具を実際使用してその特徴を学ぶ時間もあります。

1906195

営農・技術センターのプレゼンテーションスペース

「食菜工房」を使用して、調理も含めながら講習会を進めました。

1906196

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

2019年6月18日 (火)

ガス溶接技能講習会を開催しました

6月12日(水)~13日(木)に

ガス溶接技能講習会を開催しました。

これは農業機械基礎講習会に続き受講が可能な講習会で、

労働安全衛生法にもとづくガス溶接技能講習会として実施しています。

(主催:神奈川労務安全衛生協会)

1906181

今年1回目の講習会で、講義と取り扱いの実習が行われました。

1906182

1906183

1日目の座学講義から始まり、2日目は器具を装着する実習や、

実際に炎を出して溶接や溶断をおこなう実習を行います。

1906184

1906185

1906186

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2019年6月17日 (月)

㈱全農ビジネスサポートの新入社員研修を行いました

6月10~12日に営農・技術センターで、

㈱全農ビジネスサポートの新入社員研修を行いました。

1906174

この研修は、センターの業務を受託している

㈱全農ビジネスサポート・平塚支店の業務を

新入社員に知っていただくため、

センター構内の視察や各研究室から受託している

業務の体験など、盛りだくさんの内容となっています。

1906173

研究室の試験研究や食品の官能検査、

宿泊棟のベッドメーク、構内の垣根の剪定など、

さまざまな体験ができる研修会になっています。

1906171_2

1906172

1906175

1906176

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

センターのフレッシュな情報を提供しますflair