Powered by Six Apart

« 液化石油ガス設備士養成講習会を開催しました(実習編) | メイン | 一般社団法人 日本飼料用米振興協会のご視察をおこないました »

2019年8月 6日 (火)

JAかながわ西湘 西湘はるみ米研究会のご視察をおこないました

7/30(火)にJAかながわ西湘

西湘はるみ米研究会の皆さまが視察に訪れました。

JAかながわ西湘は、神奈川県南西部に位置する小田原市を

中心とした2市8町を管内としています。

おもな農産物としてはみかん、足柄茶、梅などがあります。

1908061

今回は全農が開発した米の品種「はるみ」を栽培されている

生産者の方33名にお越しいただきました。

1908063

営農・技術センター長より挨拶を行った後、農産物商品開発室より

水稲育種と「はるみ」の概要について説明しました。

1908062

1908067

その後センターの施設見学ということで、まずは本館6階の

残留農薬検査室を視察いただき、1階のリサーチギャラリー

センター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1908065

1908066

また、圃場やハウスも見学していただきました。

視察者の皆さまからは、水稲の育種年限を短縮する技術動向について、

「『主要農産物種子法』が廃止されたが、神奈川県の種子は今後も

安定供給されるのか」や、「自家採種でなく毎年種子更新が必要な理由は、

高温登熟軽減のための水管理はどうすればよいか」などの質問がありました。

1908064

また、リサーチギャラリーでは鉄コーティング水稲直播や

流し込み施肥などの展示を熱心に視察されていました。

センターの後は、神奈川県農業技術センターを訪問されるとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。