Powered by Six Apart

2019年5月29日 (水)

センター内の田植を行いました

営農・技術センターには試験用の水田があります。

少し前ですが、5月16日(木)に田植えを行いました。

1905291

この水田は農薬研究室が使っており、複数の農薬の試験を行うため、

農薬を含む水が混ざらないように枠組みを使って区分けしながら

田植を行っています。(苗は手で植えます。)

1905292

1905293

1905294

田植が終わった後の水田はこんな感じです。

1905295

1905296

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

センターのフレッシュな情報を提供します。

2019年5月28日 (火)

神奈川県中央会主催の新任営農担当者研修会の皆さまのご視察を行いました。

5月22日(水)に、神奈川県中央会が主催する

県下JAの新任営農指導員を対象とした

研修会の参加者27名をご案内しました。

1905281

まず、営農・技術センターの施設紹介を行い、

JAグループの中でセンターの担う働きについて説明しました。

1905282

次に、残留農薬検査・リサーチギャラリー・圃場・ハウスなどの

センター内施設もご覧いただき理解を深めていただきました。

1905283

1905284

参加者の中には、すでにセンターで講習会を受講された方も3名ほどおりました。

リサーチギャラリーでは、野菜の地中点滴潅水や

天敵を活用した防除資材「バンカーシート」などを熱心に視察されていました。

また、JA全農青果センター㈱の旧大和センターが平塚に移転し、

当センターに隣接する神奈川センターになったことを初めて知った方もおられました。

営農・技術センターの後は、神奈川県農業技術センターへ向かわれました。

1905285

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

2019年5月27日 (月)

農業機械基礎講習会が開催中です

現在、339回 農業機械基礎講習会を開催しています。

5月21日~6月11日まで行われる22日間の講習会です。

今年度1回目の講習会となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JA・県JA・県連・県本部職員の新任農機担当者及び担い手を対象に

行われる講習会で、農業機械担当者として必要な基礎知識と

技能を修得することを目的としています。

1905271

機械や電気の基礎知識を学ぶ講習から始まり、4サイクル

ガソリンエンジン・ディーゼルエンジンの講習と実習を含む

科目へと移っていきます。その後、3週間の間に刈り払い機・

トラクター・コンバイン・田植機・乾燥機へと、農業機械に

ついて必要な基礎と技能を学び、修得していただきます。

1905272

1905273

今回は機械・電気の基礎に関する講義と、4サイクル

ガソリンエンジンの実習風景をお送りします。

1905274

1905275

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2019年5月24日 (金)

グループ会社新任管理職研修を開催しました

5月22日(水)~24日(金)の3日間にわたり、

「グループ会社新任管理職研修」を開催しました。

1905241

1905242

この研修会は、全農グループ会社の管理職の業務遂行・組織運営に

必要な能力を再認識するとともに、時代の変化に的確に対応できる目標や

成果志向の管理職を育成することを目的としています。

1905243

研修会では外部講師によりリーダーシップ、メンバーの

マネジメントなどに関する研修が行われ、

グループ討議なども行われました。

1905244

1905245

営農・技術センターはさまざまな講習会・研修会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

2019年5月23日 (木)

第84回葬祭初級講習会を開催しました

全農くらし支援事業部では、組合員の利用要望が高く、

事業拡大が見込まれるJA葬祭事業を担う人材の育成を

目指すため、葬祭に関する講習会を開催しています。

中でもJA葬祭事業の基本的な人材育成を

目指した講習会が、「葬祭初級講習会」です。

1905231

1905232

経験年数2年以下の方を対象に、葬祭担当者として

必要な基礎知識の習得を目的とした講習会です。

5/20~22の3日間の開催です。

1905233

1905234

1905235

講習会では座学のほか、実際の葬儀の形式にあわせた実習も行われます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2019年5月22日 (水)

JA御殿場 玉穂婦人会の皆さまのご視察をおこないました

5/21(火)は、JA御殿場 玉穂婦人会の皆さまが視察に訪れました。

1905221

JA御殿場は、静岡県東部の御殿場市と小山町を管内としています。

代表的な特産品は、富士山の雪解け水で作られた米の「ごてんばこしひかり」、

「峰の雪もち」です。

その他にも、漬物に加工される野菜の「水かけ菜」や、

富士の湧水を利用して栽培される「わさび」があります。

今回は、エーコープマーク品の研修会を中心としたご視察でした。

1905222

女性部での共同購入運動など積極的に

エーコープマーク品をお使い頂いている皆さまです。

1905223

営農・技術センターの研究開発などの話と、

エーコープマーク品の商品について説明しました。

また、研究・開発・検査をおこなっている

商品管理室の展示室もご覧いただきました。

1905226

1905225

エーコープマーク品の実物を用いた研修も行われました。

1905224_2

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますflair

2019年5月21日 (火)

センターから見える春の風景(14)

営農・技術センターのある平塚では、夏が近づいています。

センター内の植物や試験に使う作物にも変化が見られます。

温室ではトマトが赤いおいしそうな実を付け始めました。

1905211

1905212

センターの周りに植えてあるレッドロビンは、4月には全体が真っ赤な

葉で覆われていましたが、緑色の葉が多くを占めるようになってきました。

新しく育った若い葉は赤いのですが、成長すると緑になります。

1905213

1905214

農薬研究室のインキュベーターの近くにあるみかんの木が、

白い花をたくさん付けています。秋には実がなることでしょう。

1905215

1905216

1905217

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

センターのフレッシュな情報を提供します。

2019年5月20日 (月)

場外圃場の草取りを行いました

営農・技術センターの場外圃場の周りでは、気温が上がるとともに

雑草が多くなってきました。

防草シートのすき間からも草が顔を出しており、

かなり背の高い雑草も見えています。

1905201

1905202

1905203

このため、5月10日(金)に草取りを行いました。

農産物商品開発室の皆さんの協力もあり、

下の写真のようにきれいになりました。

1_3

2

3

営農・技術センターブログでは、

これからもフレッシュな情報を伝えていきますflair

2019年5月17日 (金)

JA尾鈴 役職員の皆さまのご視察をおこないました

5月16日(木)にJA尾鈴

役職員の皆さまが視察に訪れました。

JA尾鈴は、宮崎県中部の児湯郡 川南町(かわなみちょう)・

都農町(つのちょう)を管内としています。

温暖な土地できゅうり、トマト、かぼちゃ、ピーマンなどの野菜や

ぶどうやマンゴーなどの果物が生産され、和牛や養豚を中心とした

畜産が営まれています。

1905171

今回お越しの方々は、JAの役職員の皆さま14名です。

1905172

始めに、パワーポイントを使用して営農・技術センターの

業務について説明させていただきました。

1905173

1905174

その後、本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の

取り組みについてご覧いただきました。

1905175

皆さまからは、全農が普及する天敵を活用した防除資材「バンカーシート」や、

省力的水稲栽培法の「鉄コーティング直播」に関する質問がありました。

リサーチギャラリーでは、全農が普及する栽培用資材「うぃずOne」や

ネギの地中点滴潅水、土壌断面等の展示を熱心に見学されていました。

1905176

営農・技術センターの後は、隣接するJA全農青果センターに視察に行かれました。

次の日は全農本所を訪問し、畜産関係の情報交換をされるとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年5月16日 (木)

液化石油ガス設備士養成講習会を開催中

液化石油ガス設備士養成講習会は、LPガス配管工事に必要な知識・技能を修得し、

国家資格を取得することを目的として行っています。

1905161

国家資格の試験日程が決まっているため、ゴールデンウィークがまだ明けない

5月6日から始まり、21日までの16日間という長い講習会です。

講習会後半に国家試験が待ち構えており、毎日の試験や補講など、

合格するために必要な事を日々頑張っています。

1905162

中盤の日程を過ぎてくると、実習の時間が増えてきます。

実際の業務で液化石油ガスの配管も担当するので、

講習生の皆さんの表情は真剣です。

1905163

1905164

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

2019年5月15日 (水)

JA大井川焼津ブロック女性部の皆さまのご視察をおこないました

5/14(火)は、JA大井川 焼津ブロック女性部

のみなさまが視察に訪れました。

JA大井川は、静岡県中部の藤枝市、焼津市、島田市、

川根本町の3市1町をエリアとするJAです。

JA大井川という名称は母なる大河に由来し、大いなる恵みを

もたらすよう願いを込めて“JA大井川”と名付けられたそうです。

1905151

今回は、エーコープマーク品の研修会を中心としたご視察です。

女性部での共同購入運動など積極的にエーコープマーク品を

お使いいただいている皆さまです。

1905152

営農・技術センターの研究開発など全体的な話と、

エーコープマーク品の商品紹介について説明いたしました。

1905154

1905155

また、研究・開発・検査をおこなっている商品管理室の

展示室もご覧いただきました。

1905153

エーコープマーク品の実物を用いた研修も行われました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年5月14日 (火)

センターから見える春の風景(13)

営農・技術センターの場内には試験用の水田があり、

水田に水を入れました。

今年の試験の準備が始まっています。

1905141

1905142

また、場外圃場でも田植の準備が始まっており、

一部の水田に水が入っています。

平塚市は、通常田植は6月上旬に行われますが、

営農・技術センターの圃場では、

試験のため早めに田植が行われる場合があります。

1905143

1905144

営農・技術センターブログでは、

これからもフレッシュな情報を伝えていきますclover

2019年5月13日 (月)

センターから見える春の風景(12)

営農・技術センターのある平塚では、日に日に気温が上がり、

暑いと感じられる日もあるような季節になりました。

各研究室では、試験に使う作物の準備に忙しくなっています。

1905131

1905132

圃場では麦が育っています。4月にはまだ青かった麦も、

穂が大きくなり、葉が茶色くなり始めています。

1905133

1905134

別の圃場ではタマネギが栽培されています。葉が大きく伸び、

根元がふくらんで収穫までもう少しです。

1905135

1905136

温室の中では、試験に使う野菜や稲の育苗が行われています。

田植まであと1か月ほどになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

センターのフレッシュな情報を提供します。

2019年5月10日 (金)

県連・県本部職員肥料農薬技術講習会を開催しました

「県連・県本部職員肥料農薬技術講習会」が、

5月8日~10日にかけて開催されました。

1905101

1905102

この講習会は、県連や県本部の新任肥料・農薬担当者に対し、

肥料農薬事業の重点施策への取り組み方を明確にし、

肥料および農薬の基礎知識と施肥・防除技術を習得し、

事業推進力の強化を図ることを目的とした講習会です。

1905103

座学だけではなく、土壌や肥料、農薬の散布や病害虫、

園芸資材に至るまで、現物を見ながらの実習も含まれており、

新任担当者にとって実践的な内容となっております。

1905104

1905105

1905106

1905107

1905108

1905109

19051010

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

2019年5月 9日 (木)

液化石油ガス設備士養成講習会が始まりました

液化石油ガス設備士養成講習会は、LPガス配管工事に

必要な知識・技能を修得し、国家資格を取得することを

目的として行っている講習会です。

1905091

国家資格への対応により日程が決まっているため、

ゴールデンウィークがまだ明けない5月6日から始まりました。

21日までの16日間という長い講習会です。

1905092

1905093

1905094

講習会後半には国家試験も待ち構えており、毎日の試験や補講など、

日々合格を目標に頑張っています。

1905095

また、教室には過去の受講生のメッセージが貼ってあり、

資格取得を目指す受講生への励みとなっています。

受講生の皆様、合格のその日まで、日々の講習を頑張ってください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献しています。

2019年5月 8日 (水)

センターから見える春の風景(11)

営農・技術センターでは、春から初夏にかけて咲く花の代表

「ツツジ」が満開を迎えています。

1905081

ツツジを漢字で書くと「躑躅」です。

1905082

主にアジアに広く分布しているそうです。ツツジの仲間には、

同じ時期に咲く「サツキ」もありますし、

街路樹でよく見かける「シャクナゲ」も仲間です。

1905083

センターの植樹の低木層はこのツツジなので、

桜が終わったあともきれいな花を見ることができます。

1905084

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

センターのフレッシュな情報を提供しますcherryblossom

2019年5月 7日 (火)

営農・技術センターに配属された新人の歓迎行事を行いました

10連休も終わり、時代は平成から令和に変わりました。

営農・技術センターにも新規採用者が配属され、

4/26(金)に歓迎行事を行いました。

1905071

4月前半の合同研修、JA研修を終え、

いよいよセンターでの本格的な仕事が始まります。

1905072

今回は9名の新人職員に元気に挨拶してもらいました

(新規配属者は10名ですが、1名はこの日不在だったため、

5/7に挨拶してもらいました)。

新人職員には、挨拶の中で趣味について話してもらったので、

同じ趣味を持つ仲間を作るきっかけになったかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

センターのフレッシュな情報を提供します。

2019年4月26日 (金)

新人の配属が始まりました

4月上旬に営農・技術センターで開催された新規採用職員受入研修のあと、

日本全国のJAで研修を受けていた今年度の新人10名が、

4月25日(木)配属先であるセンターに戻ってきました。

1904261

翌日から勤務開始となりますが、その前に新しい生活に向け、

新居の説明などを行いました。

1904262

その後、各研究室の若手職員と一緒に生活の準備を始めました。

1904263

JA全農 営農・技術センター「ぶろぐ」は、

営技セのフレッシュな情報を提供しますwink

2019年4月25日 (木)

光環境と植物生育に関する講演会を開催しました

近年施設園芸の分野で、LEDの光源としての使用が普及しつつあります。

光が作物の生育に影響することが知られており、LEDの活用により、

収量の増加や品質の向上が期待されます。

そこで4/24(水)に、大学で光と植物生育の

関係について研究している専門家をお呼びして

営農・技術センター職員対象の講演会を開催しました。

1904251

まず、光と植物生育の基礎知識について説明していただき、農業生産

における光環境の影響について実際の試験事例を交えてお話いただきました。

1904252

1904253

また、海外の施設園芸における光の活用事例についても紹介がありました。

センター職員からも多くの質問があり、盛況な講演会になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターブログでは、

これからもフレッシュな情報を伝えていきます。

2019年4月24日 (水)

第82回葬祭初級講習会を開催しました

全農くらし支援事業部では、組合員の利用要望が高く事業の拡大が見込まれる、

JA葬祭事業を担う人材の育成を目指し、葬祭に関する講習会を開催しています。

1904241

1904242

その中でも基本的な講習会となるのが、葬祭初級講習会です。

1904243

経験年数2年以下の方を対象に、葬祭担当者として必要な

基礎知識の習得を目的とした講習会です。

1904244

4/22~24の3日間で開催しました。

講習会では座学のほか、実際の葬儀の形式にあわせた実習も行われます。

1904245

1904246

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair