Powered by Six Apart

視察 Feed

2019年12月19日 (木)

飯豊町つや姫研究会の皆さまのご視察をおこないました

12月17日(火)に飯豊町つや姫研究会

の皆さまが視察に訪れました。

飯豊町(いいでまち)は山形県南部にある町で、JA山形おきたま

管内になります。「日本で最も美しい村連合」加盟地域のひとつだそうです。

町内には水田が約1,200haあるほか、アスパラガスも栽培されています。

また、「米沢牛」の飼育も盛んな地域です。

1912191

今回お越しの皆さまは、山形県で栽培が盛んな米の品種

つや姫」を栽培されている生産者組織の方々で、水稲以外には

米沢牛の肥育もされているそうです。

センター視察の前日は静岡県内の米の取引先を訪問されました。

1912192

パワーポイントを使用して、営農・技術センターの

業務について説明させていただきました。

1912193

その後本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階の

リサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについて

ご覧いただきました。

1912194

1912195

視察にいらした皆さまからは、営農・技術センターの名前の由来や、

残留農薬に関する質問がありました。また、リサーチギャラリーでは、

全農が育成した水稲品種「はるみ」や農薬の展示を熱心に視察されていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年12月16日 (月)

JA埼玉ひびきの女性部の皆さまのご視察をおこないました

12月12日(木)にJA埼玉ひびきの

女性部の皆さまが視察に訪れました。

JA埼玉ひびきのは、埼玉県西北部の本庄市・上里町・美里町・

神川町の1市3町をエリアとするJAで、管内の耕地面積は

約5,200haです。耕地の多くは、畑地帯および水田地帯が広がり、

南西部は山間地域となっており、野菜や米・麦、畜産、果樹、

花など地域の特性を活かした農業が行われています。

1912161

今回は、女性会の皆さまにお越しいただき、

エーコープマーク品の研修を中心としたご視察となりました。

1912162

1912163

積極的にエーコープマーク品をお使いいただいている皆さまを対象に、

営農・技術センターの研究開発など全体的な話と、エーコープマーク品の

商品について紹介いたしました。

1912164

1912165

また、研究・開発・検査をおこなっている商品管理室もご覧いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年12月12日 (木)

JA湘南 比々多野菜部会の皆さまのご視察をおこないました

12月6日(金)にJA湘南 比々多野菜部会

の皆さまが視察に訪れました。

神奈川県平塚市、大磯町、二宮町をエリアとするJA湘南と、

伊勢原市をエリアとするJAいせはらが本年11月1日に合併して

新生JA湘南となりました。神奈川県の中南部に位置するJAで、

この営農・技術センターがある平塚の地元JAです。

1912121

稲作では県下でも有数の穀倉地帯を形成しているほか、施設園芸では、

キュウリ・トマト・イチゴ等が栽培されており、露地野菜では

ネギやサトイモをなじめ、ホウレンソウ、小松菜、根ミツバなど

軟弱野菜が栽培されています。

今回は旧JAいせはら管内の部会の皆さまにお越しいただきました。

1912122

パワーポイントを使用して、営農・技術センターの

業務について説明させていただきました。

1912123

その後本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階の

リサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについて

ご覧いただきました。また、圃場も見学していただきました。

1912124

1912125

1912126

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年12月 5日 (木)

鹿児島県生産資材事業推進委員会の皆さまのご視察をおこないました

11月29日(金)に、鹿児島県生産資材事業推進委員会の皆さま

12名が視察に訪れました。

1912051

鹿児島県生産資材事業推進委員会は鹿児島県内各JAの

経済担当参事で構成される委員会で、鹿児島県経済連が事務局となり、

今回の視察研修を行いました。

1912052

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

次に、6階の残留農薬検査室と1階の段ボール検査室を視察いただき、

最後にリサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1912053

1912054

視察にいらした皆さまからは、肥料の分析、残留農薬分析に関する質問がありました。

また、リサーチギャラリーではジェネリック農薬、水稲種子鉄コーティング直播、

ネギの地中点滴灌水、土壌断面模型などの展示を熱心に視察されていました。

1912055

リサーチギャラリーにも展示している天敵を活用した防除資材「バンカーシート」を

試験導入しているJAがあるとのことでした。

今回の訪問の前日は静岡方面を視察され、営農・技術センターの後は

隣接するJA全農青果センター㈱神奈川センターを訪問されました。

1912056

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますsun

2019年12月 2日 (月)

JA長生青年部白子部会の皆さまのご視察をおこないました

11月26日(火)にJA長生 青年部

白子部会の皆さま16名が視察に訪れました。

JA長生は千葉県房総半島東部にある茂原市を中心とした地域のJAです。

耕地面積の75%が水田で「コシヒカリ」が栽培されているほか、

トマト、キュウリ、メロン、イチゴの施設園芸、タマネギ、

長ネギなどの露地野菜が栽培されています。

1912021

今回お越しの方々は、トマト、ネギなどを

生産されている青年部の皆さまです。

販売先を訪問された後に営農・技術センターに来られました。

1912022

パワーポイントを使用して、営農・技術センターの

業務について説明させていただきました。

1912023

その後本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階の

リサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについて

ご覧いただきました。

1912024

1912025

リサーチギャラリーでは水稲種子鉄コーティング直播、天敵を活用した

防除資材「バンカーシート」、ネギの地中点滴灌水、農研機構が開発した

地下水位制御システム「FOEAS」などの展示を熱心に視察されていました。

次の日は静岡方面に視察に行かれるとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年11月29日 (金)

芳賀町認定農業者協議会の皆さまのご視察をおこないました

11月25日(月)に、芳賀町認定農業者協議会の皆さま11名が視察に訪れました。

1911291

芳賀町は栃木県東部に位置する町で、町の中部には水田地帯が形成されています。

また、果樹や野菜類をはじめ、施設園芸・畜産などの都市近郊型農業が営まれており、

特に「豊水」などの梨やいちごの生産が盛んです。

1911292

今回お越しの方々は、水稲、麦、いちご、梨、アスパラなどを生産されている

認定農業者の皆さまです。

午前中に豊洲市場を視察され、午後に営農・技術センターを訪問されました。

1911293

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階のリサーチギャラリーで

センター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

視察の皆さまからは、全農が開発した米の品種「はるみ」、

農研機構が開発した地下水位制御システム「FOEAS」に関する質問がありました。

 リサーチギャラリーでは天敵を活用した防除資材「バンカーシート」、

ネギの地中点滴栽培、土壌断面模型などの展示を熱心に視察されていました。

1911294

 また、農業機械のオペレーターをされている方も多く、当日開催されていた

農機基礎講習会の様子を見学されていました。

1911295

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine

2019年11月26日 (火)

JA庄内みどり 遊佐畑作部会メロン根菜専門部の皆さまのご視察をおこないました

11月22日(金)にJA庄内みどり 遊佐畑作部会

メロン根菜専門部の皆さま9名が視察に訪れました。

JA庄内みどりは山形県庄内地方の北部に位置し、酒田市、遊佐町を

管内としています。管内は稲作を中心とする地帯ですが、ねぎや梨、

花の栽培なども盛んです。また、日本海沿いに広がる庄内砂丘では

メロンやイチゴ、大根などの栽培が盛んです。

1911261

今回お越しの方々は、メロン、大根、長芋などを

生産されている専門部会の皆様です。

1911262

パワーポイントを使用して、営農・技術センターの

業務について説明させていただきました。

1911263

その後本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の

取り組みについてご覧いただきました。

1911264

砂質土壌の地帯からお越しいただいたということで、ネギの

地中点滴灌水土壌断面標本、またジェネリック農薬の展示などを

熱心に視察されていました。また、パプリカ栽培では天敵を活用した

防除資材「バンカーシート」を活用されたそうです。

1911265

営農・技術センターの後は、隣接するJA全農青果センター

神奈川センターに視察に行かれました。

青果センターには大根を出荷されているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年11月25日 (月)

信濃町認定農業者協議会の皆さまのご視察をおこないました

11月22日(金)に、信濃町認定農業者協議会の皆さま20名が視察に訪れました。

信濃町は長野県北部に位置する町で、江戸時代の俳人として有名な

小林一茶の生誕地でもあります。「JAながの」の管内になります。

1911251

森林が大多数を占める自然の豊かな町で、農業では水稲やとうもろこしの生産が盛んです。

今回は、水稲、露地野菜、そば、麦などを生産されている認定農者の皆さまに

お越しいただきました。

朝5時半に現地を出発され、日帰りの行程で来所されたそうです。

朝早くからお越しいただきお疲れ様でした。

1911252

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後、6階の残留農薬検査室と1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の

取り組みについてご覧いただきました。

1911253

視察の皆さまからは、肥料の省力的な施用法である「苗箱まかせ」や

「流し込み施肥」、BB肥料に関する質問があり、肥料に関する関心が高いようでした。

また、リサーチギャラリーでは天敵を活用した防除資材「バンカーシート」、

土壌断面模型、ネギの地中点滴灌水などを熱心に視察されていました。

1911254

1911255

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2019年11月21日 (木)

群馬県JA生活・葬祭総合推進協議会の皆さまのご視察をおこないました

11月20日(水)に、群馬県JA生活・葬祭総合推進協議会の皆さまが

視察に訪れました。

1911211

群馬県内JAの生活・葬祭関連事業に携わる役職員からなる団体です。

全農群馬県本部が事務局となって今回の視察を行いました。

1911212

今回は、エーコープマーク品の研修を中心としたご視察でした。

最初に、営農・技術センターの研究開発などの全体的な話をしました。

1911213

次に、エーコープマーク品の商品の紹介と、

研究・開発・検査をおこなっている商品管理室の展示室もご覧いただきました。

1911214

1911215

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2019年11月20日 (水)

JAふくおか八女 いちご部会立花地区生産委員会の皆さまのご視察をおこないました

11月19日(火)にJAふくおか八女 いちご部会

立花地区生産委員会の皆さま7名が視察に訪れました。

JAふくおか八女は、福岡県の南部に位置し、八女市、筑後市、

広川町の2市1町で構成されています。自然に恵まれた管内では、

米・麦を始め、みかん・ぶどう・なし・キウイフルーツ・いちご・

なす・トマトなどの生産が盛んに行われています。特に「八女茶」が有名です。

1911201

今回お越しの方々は、いちご「あまおう」主産地の皆さまで、

前日には豊洲市場を訪問されたそうです。

いちごの輸出にも取り組まれており、センターにも展示している

天敵を活用した防除資材「バンカーシート」も試験導入されているそうです。

1911202

パワーポイントを使用して、営農・技術センターの

業務について説明させていただきました。

1911203

その後本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階の

リサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについて

ご覧いただきました。また圃場やハウスも見学していただきました。

1911204

1911205

視察の皆さまからは、農薬の試験や、全農が取り扱う防除衣

カッパ天国エース」などに関する質問がありました。

また、全農が取り組んでいる残留農薬分析や土壌分析体制などを

熱心に視察されていました。

なお、別の地区部会の皆様が、同じ日に栃木県のいちご産地を

視察されているとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。