Powered by Six Apart

視察 Feed

2019年7月22日 (月)

小田原市農業委員会のご視察をおこないました

7/9(火)に、小田原市農業委員会の皆さまが視察に訪れました。

1907221

小田原市は神奈川県南西部に位置する町で、小田原城をはじめとする

観光資源に恵まれています。

JAかながわ西湘の管内に属し、おもな農産物としてはみかん、

足柄茶、梅などがあります。

また、全農が開発したお米の「はるみ」も栽培されています。

今回は農業委員の29名にお越しいただきました。

水稲や露地野菜を栽培されている方が多いとのことでした。

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1907222

農薬検査室を視察し、1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の

取り組みについてご覧いただきました。

1907223

1907224

視察者の皆さまからは、防除や残留農薬検査に関する質問がありました。

リサーチギャラリーでは、鉄コーティング水稲直播、地中点滴栽培、

土壌断面模型などの展示を熱心に視察されていました。

センターの後は、平塚農業高校を訪問されるとのことでした。

1907225

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2019年7月18日 (木)

JAアルプス女性部の皆さまのご視察をおこないました

7/8(月)は、JAアルプス女性部の皆さまが視察に訪れました。

1907181

JAアルプスは、富山県西部の滑川市、立山町、上市町、舟橋村の

1市2町1村を管内としています。

北アルプスのふもとで水稲を中心に、はとむぎ、さといも、ねぎ、

にら、りんご、ぶどうなどが栽培されている地域です。

今回は、JAの女性部の皆さんにお越しいただき、

エーコープマーク品の研修を中心としたご視察をおこないました。

女性部で県オリジナルの共同購入チラシなどにより

積極的にエーコープマーク品をお使いいただいている皆さまです。

1907182

営農・技術センターの全体的な話と、

エーコープマーク品の商品について紹介いたしました。

また、研究・開発・検査をおこなっている

商品管理室の展示室もご覧いただきました

1907183

 

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の

皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますnotes

2019年7月11日 (木)

十日町市農業委員会の皆さまのご視察をおこないました

7月5日(金)に、十日町市農業委員会の皆さまが視察に訪れました。

1907111

十日町市は、新潟県南部に位置し日本有数の豪雪地帯です。

「魚沼産コシヒカリ」の産地として知られており、

山間地には棚田が広がっています。

その他にもアスパラガスやトマト、なす、

きのこなども栽培されています。

今回は、農業委員会の皆さま27名にお越しいただきました。

管内では、今年から全農が開発に携わったミニトマトの

品種「アンジェレ」の栽培に取り組まれている生産者がいるとのことでした。

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1907112

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについて

ご覧いただきました。

最後に、圃場も見学していただきました。

1907114

1907115

視察者の皆さまからは、全農が開発した米の品種「はるみ」、

農研機構が開発した地下水位制御システム「FOEAS」、

被覆肥料に関する質問がありました。

また、リサーチギャラリーでは、天敵を活用した防除資材「バンカーシート」、

全農が推進する野菜栽培用資材「うぃずOne」、

全農オリジナルの防除衣「カッパ天国エース」などの

展示を熱心に視察されていました。

1907113

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますsun

2019年7月 9日 (火)

JA児湯の皆さまのご視察をおこないました

7月4日(木)に、JA児湯(こゆ)の役職員の皆さまが視察に訪れました。

1907091

JA児湯は、宮崎県中部の高鍋町、木城町、新富町の

3町を管内としています。

おもな農産物としては、ピーマン、きゅうり、トマト、

ズッキーニといった施設園芸、かんしょやキャベツなどの露地園芸、

肉用牛などがあります。

1907092

今回お越しの方々は、JAの組合長を始めとする役職員の皆さま15名です。

前日には、「山梨県の直売所」を訪問され、営農・技術センターの後は

隣接する「JA全農青果センター㈱の神奈川センター」を視察されました。

また、次の日は「豊洲市場」を視察されるそうです。

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の

取り組みについてご覧いただきました。

1907093

1907094

視察者の皆さまからは、米の品種育成動向などについて

質問がありました。

また、リサーチギャラリーでは、鉄コーティング水稲直播栽培や

天敵を活用した防除資材「バンカーシート」、

全農が推進する野菜栽培用資材「うぃずOne」の展示を

熱心に視察されていました。

1907095

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の

皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますsun

2019年7月 5日 (金)

JA佐波伊勢崎 営農事業部営農支援課の皆さまのご視察をおこないました

7月2日(火)に、JA佐波伊勢崎 営農事業部営農支援課

の皆さまが視察に訪れました。

1907051

JA佐波伊勢崎は、群馬県南部の伊勢崎市と玉村町を

管内としています。

この地域は年間日照時間が長く、農産物の品目数が豊富です。

また、県内有数の米麦地帯でもあり、

二毛作(同じ土地で米と麦を交互に栽培)をしています。

野菜ではきゅうり・トマト・なす・いちご・ねぎなどが

多く生産されているとのことです。

1907052

今回は、JAのTAC担当者の皆さま11名にお越しいただきました。

前日には、静岡県にある肥料メーカー「ジェイカムアグリ」の工場を

視察されたそうです。

1907053

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについて

ご覧いただきました。

1907054

1907055

最後に、圃場も見学していただきました。

視察者の皆さまからは、輸出用の輸送試験に関する

質問がありました。

また、リサーチギャラリーでは、段ボール資材やネギの地中点滴栽培などを、

圃場ではスーパードレンベッドや果菜類の試験ハウスを熱心に視察されていました。

1907056

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますflair

2019年6月28日 (金)

財団法人アジア農業協同組合振興機関(IDACA)主催の農協振興担当者研修参加者をご案内しました

6月26日、IDACA主催の農協振興担当者研修に

参加している海外の皆さんをご案内しました。

 IDACAとは、財団法人アジア農業協同組合振興機関(The Institute

 for the Development of Agricultural Cooperation in Asia)のことです。

 IDACAは、国際協力機構(JICA)、その他国際関係機関と提携し、

 農業協同組合振興に向けた人材養成のための研修を実施しています。

今回はアジア、アフリカなどの、主に農協組織育成に関わる行政官・

農協組織の職員を対象とした研修会を開催しました。

1906281

ジョージア、マラウィ、ミャンマー、フィリピン、シエラレオネ、

南スーダン、タンザニア、トンガ、ウガンダ、ベトナムの

9カ国の皆さま13名が視察されました。

1906289

営農・技術センターの概要や農産物商品開発室

研究内容についてお話しさせていただきました。

1906282

また、残留農薬検査室や農業機械の実習棟、土壌分析実習室、

場内圃場、ハウス、リサーチギャラリーも視察しました。

1906283

1906284

1906285

参加者からは農協関係の皆さんということもあり、センターの運営、

資材の検査、輸出、残留農薬検査など、多くの質問がありました。

1906286

1906287

1906288

なお、この研修は5/25~7/25の2ヶ月にわたって開催されており、

先週は秋田を訪問され、秋田白神のねぎ産地や秋田のパールライス・

全農物流などを視察されたとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年5月30日 (木)

JA東京中央JAカレッジの皆さまのご視察をおこないました

JA東京中央JAカレッジの皆さまのご視察をおこないました

1905301

JA東京中央は、東京都の大田区、品川区、世田谷区、目黒区、杉並区、

中野区、新宿区を管内としています。

都内ではありますが、都市農業が行われている地域もあります。

今回お越しの方々は、JA管内の生産者、消費者の皆さま22名です。

1905302

トマト、キュウリなどの果菜類の他に、枝豆や葉物野菜など多品目を生産され、

主に直売場や学校給食向けに出荷されているそうです。

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1905303

1905304

皆さまからは、全農が普及している天敵を活用した防除資材

「バンカーシート」や、作物の根域に関する質問がありました。

1905305

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の

皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますshine

2019年5月28日 (火)

神奈川県中央会主催の新任営農担当者研修会の皆さまのご視察を行いました。

5月22日(水)に、神奈川県中央会が主催する

県下JAの新任営農指導員を対象とした

研修会の参加者27名をご案内しました。

1905281

まず、営農・技術センターの施設紹介を行い、

JAグループの中でセンターの担う働きについて説明しました。

1905282

次に、残留農薬検査・リサーチギャラリー・圃場・ハウスなどの

センター内施設もご覧いただき理解を深めていただきました。

1905283

1905284

参加者の中には、すでにセンターで講習会を受講された方も3名ほどおりました。

リサーチギャラリーでは、野菜の地中点滴潅水や

天敵を活用した防除資材「バンカーシート」などを熱心に視察されていました。

また、JA全農青果センター㈱の旧大和センターが平塚に移転し、

当センターに隣接する神奈川センターになったことを初めて知った方もおられました。

営農・技術センターの後は、神奈川県農業技術センターへ向かわれました。

1905285

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますflair

2019年5月22日 (水)

JA御殿場 玉穂婦人会の皆さまのご視察をおこないました

5/21(火)は、JA御殿場 玉穂婦人会の皆さまが視察に訪れました。

1905221

JA御殿場は、静岡県東部の御殿場市と小山町を管内としています。

代表的な特産品は、富士山の雪解け水で作られた米の「ごてんばこしひかり」、

「峰の雪もち」です。

その他にも、漬物に加工される野菜の「水かけ菜」や、

富士の湧水を利用して栽培される「わさび」があります。

今回は、エーコープマーク品の研修会を中心としたご視察でした。

1905222

女性部での共同購入運動など積極的に

エーコープマーク品をお使い頂いている皆さまです。

1905223

営農・技術センターの研究開発などの話と、

エーコープマーク品の商品について説明しました。

また、研究・開発・検査をおこなっている

商品管理室の展示室もご覧いただきました。

1905226

1905225

エーコープマーク品の実物を用いた研修も行われました。

1905224_2

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますflair

2019年5月17日 (金)

JA尾鈴 役職員の皆さまのご視察をおこないました

5月16日(木)にJA尾鈴

役職員の皆さまが視察に訪れました。

JA尾鈴は、宮崎県中部の児湯郡 川南町(かわなみちょう)・

都農町(つのちょう)を管内としています。

温暖な土地できゅうり、トマト、かぼちゃ、ピーマンなどの野菜や

ぶどうやマンゴーなどの果物が生産され、和牛や養豚を中心とした

畜産が営まれています。

1905171

今回お越しの方々は、JAの役職員の皆さま14名です。

1905172

始めに、パワーポイントを使用して営農・技術センターの

業務について説明させていただきました。

1905173

1905174

その後、本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の

取り組みについてご覧いただきました。

1905175

皆さまからは、全農が普及する天敵を活用した防除資材「バンカーシート」や、

省力的水稲栽培法の「鉄コーティング直播」に関する質問がありました。

リサーチギャラリーでは、全農が普及する栽培用資材「うぃずOne」や

ネギの地中点滴潅水、土壌断面等の展示を熱心に見学されていました。

1905176

営農・技術センターの後は、隣接するJA全農青果センターに視察に行かれました。

次の日は全農本所を訪問し、畜産関係の情報交換をされるとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。