Powered by Six Apart

視察 Feed

2018年9月 6日 (木)

JAはまゆう稲作部会 串間支部の皆さまのご視察をおこないました

9/5(水)にJAはまゆう稲作部会 串間支部の皆さまが視察に訪れました。

1809061

JAはまゆうは、宮崎県の南部に位置する日南市、串間市を管内とするJAで、

1年間の平均気温は17度前後の温暖な気候です。

管内では、畜産(肉用牛・養豚)、施設園芸(ピーマン・スイートピー)、

超早期米、みかん(極早生)、きんかん、かんしょ等の生産が盛んです。

1809062

最初に、営農・技術センターの業務について詳しく説明させていただきました。

続いて、農産物商品開発室より全農が開発した

お米の「はるみ」について紹介させていただきました。

1809062_2

その後、残留農薬検査室とリサーチギャラリーもご覧いただきました。

1809064

1809065

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2018年9月 4日 (火)

富里市農業士会の皆さまのご訪問がありました。

8/29(水)に富里市農業士会の皆さまが視察に訪れました。

1809041

富里市は千葉県の内陸にあり、すいかを始め、にんじん、

だいこんなど露地野菜の栽培が盛んな地域です。

1809042

また、農業士とは農業後継者の育成を自ら行い、

農業者に対する社会的評価の向上に努める農業者として千葉県が認定するものです。

1809043

当日は、JA富里市の組合長も同席されました。

また、参加者の中には営農・技術センターと隣接する

JA全農青果センター㈱神奈川センターに、にんじん等を

出荷されている方もいらっしゃいました。

まずは、営農・技術センターの業務について詳しく説明させていただきました。

その後、残留農薬検査室について説明しました。

1809044

最後に、リサーチギャラリーもご覧いただきました。

1809045

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますflair

2018年9月 3日 (月)

高校生の職場見学を受け入れました

8/28(火)に、神奈川県内の清泉女学院高等学校の

生徒4名が職場見学にやってきました。

1809031

今回訪問された皆様は、植物に関心があり、品種育成等に興味があったので

職場見学の場所として営農・技術センターを選んだそうです。

1809032

全農全体の事業紹介、営農・技術センターの事業概要について説明した後、

残留農薬検査室の説明を行いました。

それから、リサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについて説明しました。

1809033

1809034

1809035_2

また、圃場やハウスも見学していただきました。

1809036

1809037

1809038

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますnote

2018年8月31日 (金)

三浦市農協果樹部会の皆さまのご視察をおこないました

8/24に三浦市農協 果樹部会の皆さまがご視察に訪れました。

三浦市農協は、神奈川県三浦半島の先端に位置する三浦市を

管内とする農業協同組合です。露地野菜中心の農業が盛んで、

冬はダイコン、キャベツ、夏はスイカ、カボチャ、メロンなどを

生産していますが、温暖な気候を活かして、みかんの栽培も行われています。

1808311

今回は主にみかんの観光農園(みかん狩り)や

直売をされている生産者の皆様にお越しいただきました。

1808312

まずはパワーポイントにより、センターの

業務紹介をさせていただきました。

18083131808314

次に本館の6階に上がり、残留農薬検査室について説明しました。

1808315

1808316

続いてリサーチギャラリーで各研究室の取り組みを

見ていただき、圃場や温室も見学しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年8月30日 (木)

JA横浜インターンシップの皆様のご視察をおこないました

8/24は、JA横浜のインターンシップの

皆様が視察に訪れました。

JA横浜は、名前のとおり横浜市にあるJAです。横浜といえば大都市で、

農業のイメージはあまりないかもしれませんが、実はキャベツ、白ねぎ等の

各種野菜や「浜なし」という梨などが生産されています。

数多くの直売所を持ち、地産地消に取り組んでいるJAです。

今回はJA横浜のインターンシップに参加した神奈川大学・日本大学・

東京家政大学の学生8名にお越しいただきました。

1808301

まずはパワーポイントにより、営農・技術センターの

業務紹介をさせていただきました。

1808302

次に本館の6階に上がり、残留農薬検査室について説明しました。

1808303

1808304

続いてリサーチギャラリーで各研究室の取り組みを見ていただきました。

参加した学生の皆さんは研修レポートを大学に提出するため、

熱心にメモを取っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年8月29日 (水)

茨城県JA営農指導者連盟(茨城県中央会)の皆さまのご視察をおこないました

8/23(木)に茨城県JA営農指導者連盟

の皆さまが視察に訪れました。

茨城県中央会主催の新人営農指導員が対象の研修会です。

県内JAより9名の指導員が参加されました。

園芸分野の担当者が多いとのことです。

1808291

茨城県の農業産出額は、北海道に次ぐ第2位(2010年度の統計)で

日本有数の農業県です。メロンなどの生産量は全国1位です。

1808292

1808293

パワーポイントを使用して、営農・技術センターの業務について

詳しく説明させていただいた後、本館の6階に上がり、

残留農薬検査室について説明しました。

1808294

1808295

また、1階のリサーチギャラリーもご覧いただきました。

営農・技術センターの後は、隣接するJA全農青果センター(株)

神奈川センターを視察されるとのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年8月28日 (火)

JA足利たまねぎ部会のご視察をおこないました

8/23(木)は、JA足利たまねぎ部会

のみなさまが視察に訪れました。

JA足利は、栃木県南部に位置した都市近郊型農業の地域です。

1808281

渡良瀬川の北東部では米麦を主体とし、ビニールトンネルによる

大根・人参などが生産されています。南部は豊かな水田地帯で、

特にトマト・いちご・きゅうり などの施設野菜が生産されています。

さらには、トルコギキョウを はじめとする花卉の生産も行われています。

1808282

1808283

今回は、たまねぎと水稲の生産者の方を中心に

7名の方々にお越しいただきました。

最初に営農・技術センターの業務について説明させていただき、

その後農産物商品開発室より、たまねぎの栽培に関する

試験の取り組みについて紹介しました。

1808284

1808285

また、本館1階のリサーチギャラリーをご覧いただき、

各研究室の取り組みをご覧いただきました。

午後は農薬メーカーの北興化学を訪問されるとのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年8月27日 (月)

神奈川県本部 生活モニター会議参加者の皆様のご視察をおこないました

8/22に神奈川県本部 生活モニター会議

営農・技術センターで開催されました。

この会議は、県本部主催で女性モニターを対象としており、

当センターではエーコープマーク品の説明と施設見学

行うことになりました。

1808241

1808242

エーコープマーク品をお使いいただいている皆様が対象のため、

エーコープマーク品の取り組みについて紹介し、研究・開発・検査を

おこなっている商品管理室を中心に施設見学を行いました。

1808243

1808244

1808245

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年8月23日 (木)

日本大学生物資源科学部の視察をおこないました

8/22(水)は、日本大学の学生が視察に訪れました。

1808231

「生物資源科学部くらしの生物学科」の「園芸・植物系研究室」に所属する

3~4年生、約40名です。

1808232

まずは、管理・講習課より営農・技術センターの概要について説明しました。

1808233

その後、農産物商品開発室から同室の業務について説明しました。

1808234

最後に、残留農薬検査室、リサーチギャラリー、圃場の視察も行いました。

1808235

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2018年8月22日 (水)

三ヶ日町農協果菜部会の皆さまにご視察いただきました

8/21は、三ヶ日町農協果菜部会

の皆さまにご視察いただきました。

三ヶ日町農協は、静岡県浜松市(旧三ヶ日町)にあるJAで、

高品質のみかん栽培で有名です。みかんの他にも、畜産業や

野菜の栽培もあり、今回センターを訪れた果菜部会の皆様は、

トマト、メロン、いちご、パクチーなどを生産しているそうです。

1808221

まずはパワーポイントを使用して、営農・技術センターの

業務について説明させていただきました。

1808222

トマトの多収栽培に関心がある方々ということで、

生産資材研究室より全農の営農実証支援施設

ゆめファーム全農の紹介を行い、多くの質問をいただきました。

1808223

その後、本館の6階にある残留農薬検査室を視察し、1階の

リサーチギャラリーでセンター各研究室の業務について

説明させていただきました。

1808224

全農が推進している天敵農薬「バンカーシートにも

高い関心があるようでした。

1808225

1808226

1808227

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。