Powered by Six Apart

視察 Feed

2019年9月11日 (水)

山形県小国町認定農業者協議会の皆さまのご視察をおこないました

9/10(火)に、山形県小国町認定農業者協議会の皆さまが

営農・技術センターを訪れました。

1909111

小国町は山形県南西部にあり、JA山形おきたまの管内で、

水稲栽培や畜産の盛んな地域です。

今回は水稲を中心に、露地野菜、畜産に取り組まれている

認定農業者の13名にお越しいただきました。

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1909112

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の取り組みについて

ご覧いただきました。

1909113

1909114

最後に、圃場やハウスも見学していただきました。

1909115

皆さまからは、水稲育苗ハウスの有効利用や、

全農が推進している省力栽培用資材「うぃずOne」について

質問がありました。

リサーチギャラリーでは、全農が開発した

水稲品種「はるみ」、「鉄コーティング水稲直播栽培」、

天敵を用いた防除資材「バンカーシート」などの展示を

熱心に見学されていました。

1909116

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますsun

2019年9月 9日 (月)

群馬県九合・沢野地区農事支部協議会の皆さまのご視察をおこないました

9/5(木)に、「群馬県九合(くあい)・沢野地区農事支部協議会」の皆さまが

営農・技術センターを訪れました。

1909091

この地区は群馬県太田市の一部で、JA太田市の管内です。

水稲・麦を主体にネギやホウレンソウ、小玉スイカなどの野菜類、

さらに畜産物まで様々な農畜産物が生産されている地域です。

今回は、水稲を中心に露地野菜を生産されている

28名にお越しいただきました。

中には50年ほど前に、当センターで畜産の長期技術講習会を

受講された元JA職員の方がおられました。

1909092

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階のリサーチギャラリーで

センター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1909093

 リサーチギャラリーでは、天敵を用いた防除資材「バンカーシート」、

ネギ地中点滴栽培、全農が開発した水稲品種「はるみ」、

鉄コーティング水稲直播栽培などの展示を熱心に見学されていました。

センターの後は静岡方面に視察に行かれました。

1909094

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますsun

2019年9月 5日 (木)

JAマインズ神代農産物直売会の皆さまのご視察をおこないました

9/4(水)に、「JAマインズ 神代農産物直売会」の皆さまが視察に訪れました。

1909051

「JAマインズ」は、東京都府中市・調布市・狛江市を管内としています。

今回は、多品目の野菜やブドウ・いちご・花などを生産されている皆さまに

お越しいただきました。

主に直売場での販売が中心だそうです。

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1909052

1909053

続いて、全国土壌分析センターより土壌分析・土壌診断について説明しました。

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、1階のリサーチギャラリーで

センター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1909054

1909055

最後に、圃場やハウスも見学していただきました。

1909056

 皆さまからは、ハウス内土壌の高ECを下げる方法や、

線虫などに関する質問がありました。

また、施設見学では、ミニトマトの全農オリジナル品種アンジェレ、

ネギの地中点滴栽培、加工業務用ブロッコリー栽培などを熱心に視察されていました。

センター来訪後は、沼津方面に視察に行かれました。

1909057

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますsun

2019年8月30日 (金)

JA埼玉県女性組織協議会リーダー(食の安全部会)の皆様のご視察をおこないました

8/26(月)に、JA埼玉県女性組織協議会リーダー(食の安全部会)の

皆さま35名が営農・技術センターにいらっしゃいました。

1908301

エーコープマーク品の開発・検査をおこなっている

「商品管理室」が説明おこないました。

1908302

積極的にエーコープマーク品をお使いいただいている皆さまが対象のため、

エーコープマーク商品について簡易テストを交えて紹介し、

商品管理室を中心に施設見学を行いました。

1908303

1908304

1908305

1908306

1908307

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2019年8月28日 (水)

茨城県JA営農指導者連盟(茨城県中央会)の皆さまのご視察をおこないました

8/22(木)に、茨城県JA営農指導者連盟の皆さまが視察に訪れました。

1908281

茨城県中央会主催の1~2年目の営農指導員が対象の研修会です。

県内JAより8名の指導員が参加されました。

園芸分野の担当者が多いとのことです。

1908282

茨城県の農業産出額は、北海道に次ぐ第2位(2010年度の統計)で日本有数の農業県で、

中でもメロンなどの生産量は全国1位です。

最初に、営農・技術センターの業務について詳しく説明させていただきました。

その後、6階に上がり、残留農薬検査室について説明しました。

1908283

また、段ボール検査室やリサーチギャラリーもご覧いただきました。

1908284

視察された皆様からは、栽培技術TV講習会や

マーケットイン情報入手についての質問がありました。

また、残留農薬分析、鉄コーティング水稲直播、

ネギの地中点滴潅水栽培などの展示を熱心に視察されていました。

営農・技術センターの後は、

隣接するJA全農青果センター㈱神奈川センターを視察に行かれました。

1908285

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますflair

2019年8月27日 (火)

神奈川県本部生活モニター会議参加者の皆様のご視察をおこないました

8/21(水)に神奈川県本部 生活モニター会議

営農・技術センターで開催されました。

1908271

1908272

この会議は県本部主催の女性モニター対象のものですが、

センターではエーコープマーク品の説明と施設見学を行いました。

1908273

1908274

1908275

1908276

積極的にエーコープマーク品をお使いいただいている皆様が対象のため、

エーコープマーク商品について紹介し、研究・開発・検査をおこなっている

商品管理室を中心に施設見学を行いました。

1908277

1908278

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年8月26日 (月)

JA足利きゅうり部会のご視察をおこないました

8/20(火)は、JA足利きゅうり部会の皆さまが視察に訪れました。

1908261

JA足利は、栃木県南部に位置した都市近郊型農業の地域です。

渡良瀬川の東北部では、米麦を主体とし、ビニールトンネルによる

大根・人参などが生産されています。

南部は、豊かな水田地帯で、特にトマト・いちご・きゅうり などの

施設野菜を生産しています。

さらには、トルコギキョウを はじめとする花卉の生産も行われています。

今回は部会の生産者とJAより3名の方々にお越しいただきました。

1908262

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1908263

その後、6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の

取り組みについてご覧いただきました。

1908265

また、圃場やハウス、農機の実習棟も見学していただきました。

1908264

1908266

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますshine

2019年8月20日 (火)

「愛媛県下JA経済部課長共同購入研修」参加者の皆さまのご視察をおこないました

8/9(金)は、「愛媛県下JA経済部課長共同購入研修」参加者の皆様が

視察に訪れました。

1908201

この研修会は、全農愛媛県本部主催で、県内6JAの経済担当部課長と

県本部を合わせて9名の皆さんにお越しいただきました。

1908202

1日目は全農の本所で共同購入の品目研修を行い、

2日目に営農・技術センターでエーコープマーク品の研修を行いました。

今回は、営農・技術センターの研究開発など全体的な話と、

エーコープマーク品の概論について説明し、商品を用いた簡易テストを行いました。

1908203

1908204

また、研究・開発・検査をおこなっている商品管理室の展示室もご覧いただきました。

 

1908205

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2019年8月19日 (月)

東急ストアの社員研修の皆さまのご視察をおこないました

8月2日(金)に、JA全農青果センター(株)の取引先である

株式会社東急ストアの新入社員の皆さまが、研修の一環で

営農・技術センターの視察に訪れました。

1908191

最初に、パワーポイントを使用して、営農・技術センターの

業務について説明させていただきました。

1908192

その後本館6階の残留農薬検査室を視察いただき、

1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の

取り組みについてご覧いただきました。

1908193

1908194

1908195

また、農業機械の実習棟や圃場、ハウスなどの

センター内施設も見学していただきました。

1908196

1908197

1908198

「青果センターと営農・技術センターとのコラボレーションとは

どういったことか?」など様々なご質問をいただき、

担当者の方々の関心の高さがうかがえました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2019年8月 7日 (水)

一般社団法人 日本飼料用米振興協会のご視察をおこないました

7/31(水)に、一般社団法人 日本飼料用米振興協会の皆さまが視察に訪れました。

今回お越しいただいたのは、日本飼料用米振興協会の理事の方6名で、

消費者団体・生協・元大学教授といった方々です。

1908071

最初に、営農・技術センターの業務について説明させていただきました。

1908072

その後、農産物商品開発室より多収穫米について説明しました。

続いて6階の残留農薬検査室を視察し、1階のリサーチギャラリーで

センター各研究室の取り組みについてご覧いただきました。

1908073

また、圃場やハウスも見学していただきました。

1908074

視察者の皆さまからは、多収穫米の安定生産、品種普及の課題、

今後の生産動向などについて活発な質疑がありました。

また、リサーチギャラリーでは、天敵を活用した防除資材の

「バンカーシート」、ネギの地中点滴栽培、

土壌断面などの展示を熱心に視察されていました。

1908075

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れていますsun