Powered by Six Apart

視察 Feed

2018年6月29日 (金)

JA山武郡市さんむ中央青年部の皆さまのご視察をおこないました

6/26にJA山武郡市さんむ中央青年部

皆さまが視察に訪れました。

JA山武郡市(さんぶぐんし)は、千葉県九十九里平野中央部に

位置する大網白里市、東金市、九十九里町、山武市、芝山町、

横芝光町を管轄とする広域JAです。

1806291

JA山武郡市管内では、北総台地から九十九里浜へと地形の変化に

富んだ豊かな自然環境の中で、ネギ、ニンジン、トマト、キュウリ、

スイカ、水稲など四季を通してさまざまな農産物が生産されています。

1806292

まずは、営農・技術センターの業務について

説明させていただきました。

1806293

1806294

その後、本館の6階にある残留農薬検査室に行き、

さらに1階のリサーチギャラリーでセンター各研究室の

業務について説明させていただきました。

1806295

1806296

1806297

センター内の圃場やハウスについてもご覧いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年6月25日 (月)

JICA農協の組織化促進と事業運営能力の向上(IDACA)の研修をご案内しました

6月22日、IDACAでおこなわれているJICA農業協同組合の

組織化推進と事業運営能力向上研修に参加している

海外の皆さんをご案内しました。

IDACAとは、財団法人アジア農業協同組合振興機関(The Institute for

the Development of Agricultural Cooperation in Asia)です。

JICAは独立行政法人国際協力機構(Japan International Cooperation

Agency ジャイカ)です。

18062501

IDACAは、国際協力機構(JICA)、その他国際関係機関と提携し、

農業協同組合振興に向けた人材養成のための研修を実施しています。

今回は、JICA「農協の組織化促進と事業運営能力の向上」コースとして、

アジア、アフリカなどの、主に農協組織育成に関わる行政官・

農協組織の職員を対象とし、農家経済の向上と地域農業基盤の

改善のための農業振興事業および政策策定の基礎資料を作成することを

目的として実施する研修会です。

18062502

今回は、カンボジア、フィリピン、ベトナム、東チモール、

シエラレオネ、スーダン、タンザニア、モザンビーク、

マラウイの9カ国(順不同)の皆さまが視察されました。

当センターの役割や残留農薬検査、農産物の商品開発等について

お話しさせていただきました。

18062503

参加者は残留農薬検査に関心が高かったとのことです。

18062504

18062505

18062506

また、近年の異常気象に対応するための品種・

栽培方法について質疑を行いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年6月13日 (水)

三浦市農協 女性担い手活動研修会の皆さまのご視察をおこないました

6/8(金)は、三浦市農協 女性担い手活動研修会の皆さまがご視察に訪れました。

18061301

三浦市農協は、神奈川県三浦半島の先端に位置する三浦市を管内とする農業協同組合です。

三浦市は三方を海に囲まれているため、「冬温かく、夏涼しい」という気候です。

18061302

そんな温暖な気候を生かした露地野菜中心の農業が盛んで、

三浦市の農業は神奈川を代表する野菜の産地として全国的にも有名です。

冬はダイコンやキャベツ、夏はスイカ、カボチャ、メロンなどを生産しています。

18061303

まずは、センターの業務紹介をさせていただきました。

18061304

次に、リサーチギャラリーで各研究室の取り組みを説明し、圃場や温室もご覧いただきました。

18061305

18061307

最語に、6階に上がり、残留農薬検査室について説明させていただきました。

18061308

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますshine

2018年6月 5日 (火)

秋田県県北農業委員会 会長会の皆さまのご視察をおこないました

5/31(木)は、秋田県県北農業委員会 会長会の皆さまが視察に訪れました。

1806051

秋田県北部にある9市町村の農業委員会会長の皆さまです。

秋田県は水稲が農業の中心ですが、近年はねぎ、えだまめなど

園芸分野の取り組みも進んでいるそうです。

1806052

まずは、センターの業務を紹介してから、残留農薬検査室と

全国土壌分析センターの説明を行いました。

1806053

次に、リサーチギャラリーで全農が目指している

「トータル生産コスト削減」に関する技術について、

詳しく説明させていただきました。

1806054

最後に、場内のハウスや圃場もご覧いただきました。

1806055

1806056

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

 

2018年6月 1日 (金)

JA木更津市 青壮年部の皆さまのご視察をおこないました

5/30(水)は、JA木更津市 青壮年部の皆さまが視察に訪れました。

1806011

千葉県にあるJA木更津市は、各種野菜の栽培が盛んで、

中華料理に使用されるターサイが特産だそうです。

今回は、レタス、いんげん、とうもろこし、梨などを

主要作物とする青年農業者にお越しいただきました。

1806012

まずは、センターの業務紹介を行いました。

次に、6階の残留農薬検査室、1階のリサーチギャラリーで肥料や農薬、

野菜やお米の新規開発品について、詳しく説明させていただきました。

1806013

1806014

最後に、ハウスや圃場をご覧いただきました。

1806016

1806017

1806015_2

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、業界関連団体の皆様を対象に、

視察や研修を受け入れていますflair

2018年5月31日 (木)

JA横浜女性部港北支部の皆さまのご視察をおこないました

5/28は、JA横浜 女性部

港北支部の皆さまが視察に訪れました。

5/23には、同じJA横浜の中里支店女性部の皆さんに

ご視察いただいたので、今年度JA横浜からは2回目の視察となります。

1805311

今回も女性部での共同購入運動など積極的にエーコープマーク品を

お使いいただいている皆さまが対象のため、エーコープマーク品

研修会を中心とした視察を行いました。

1805312

まずはエーコープマーク品について紹介し、研究・開発・

検査をおこなっている商品管理室の展示室をご覧いただきました。

1805313

1805314

1805315

1805316

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年5月30日 (水)

神奈川県中央会主催「新任営農担当者研修会」の皆さまのご視察を行いました。

5月25日(金)は、神奈川県中央会が主催する

県下JAの新任営農担当者を対象とした研修会の皆さまを

ご案内しました。

1805301

最初に、営農・技術センターの施設紹介と

JAグループの中でセンターの担う働きについて説明しました。

1805302

1805303

次に、残留農薬検査・リサーチギャラリー・圃場・ハウスを

ご覧いただき理解を深めていただきました。

1805304

1805305

1805306

営農・技術センターはさまざまな講習会を開催し、

JAグループの「人づくり」に貢献していますsun

2018年5月23日 (水)

JA横浜中里支店女性部の皆さまのご視察をおこないました

5/22は、JA横浜 中里支店

女性部の皆さまが視察に訪れました。

JA横浜は、名前のとおり横浜市にあるJAです。

横浜といえば言わずと知れた大都市で、農業のイメージは

あまりないかもしれませんが、実は各種野菜に加え「浜なし」

という梨などが生産されており、地産地消に取り組んでいるJAです。

また、全農との協力で食育の取り組みも行っています。

1805231

中里支店には、「ハマッ子」という直売所が併設されているそうです。

今回はこのJA横浜 中里支店の女性部の皆さんにお越しいただき、

エーコープマーク品の研修会を中心としたご視察となりました。

女性部での共同購入運動など、積極的にエーコープマーク品を

お使いいただいている皆さまです。

1805232

まずは営農・技術センターの試験圃場を見ていただき、研究開発など

全体的な話と、エーコープマーク品の商品紹介について説明いたしました。

1805233

1805234

1805235

また、研究・開発・検査をおこなっている

商品管理室の展示室もご覧いただきました。

1805236

1805237

1805238

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年5月15日 (火)

JA湘南女性部の皆さまのご視察をおこないました

5/11は、JA湘南 女性部の皆さまが視察に訪れました。

JA湘南は、神奈川県の中部南端に位置している平塚市、

大磯町、二宮町を管轄とするJAです。

この営農・技術センターもこのエリアにあります。

1805151

古くから管内を流れる金目川・相模川・渋田川・鈴川水系を

利用した稲作は、県下でも有数の穀倉地帯を形成し、稲作をはじめ、

野菜・果樹・酪農・養豚・花卉等の農業が意欲的に取り組まれている地域です。

生産品目としては、施設園芸ではキュウリ・トマト・イチゴ等が

栽培されており、露地野菜では、夏・冬ネギや休耕田でのサトイモ栽培など、

また、ホウレンソウ、小松菜、根ミツバなど軟弱野菜が栽培されています。

1805152

1805153

今回は、エーコープマーク品の研修を中心としたご視察です。

女性部での共同購入運動など、積極的にエーコープマーク品を

お使いいただいている皆さまです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターの研究開発など全体的な話と、

エーコープマーク品の商品紹介について説明いたしました。

1805154

研究・開発・検査をおこなっている商品管理室

展示室もご覧いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、生産者、JA役職員、

業界関連団体の皆様を対象に、視察や研修を受け入れています。

2018年5月 2日 (水)

リサーチギャラリーの展示を更新しました(2)

営農・技術センターの1階ロビーにある「リサーチギャラリー」では、

センター各室で行われている研究・開発についてまとめたパネルや

成果を活用した商品を展示しています。

1805021

1805022

1805023

1805024

展示物の中には、神奈川県の水田や畑の実際の土壌断面を

模型化して示したものもあります。

1805025

JA全農 営農・技術センターは、農業に関する研究・開発の情報を発信していきますflair