Powered by Six Apart

食育 Feed

2017年11月 8日 (水)

食農教育:平塚市立豊田小学校の5年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、食農教育活動を行っています。

学校の授業でお米づくりをおこなっている5年生に、

お米の歴史や田んぼの生きものについての話しやトラクター・コンバインなどの

農業機械に触れる体験をしていただいています。

10/30(月)は、平塚市立豊田小学校の5年生の皆さん41名がやってきました。

Img_6121

最初に、全農が行っている仕事の話や営農・技術センターの役割について説明しました。

Img_6111

次に、トラクター・コンバイン・田植機に乗って触る体験をしていただきました。

Img_6117

Img_6126

豊田小学校では、農家の方から水田を借りて稲を育てています。

お米の刈り取りや脱穀なども手作業で行っているため、お米に関してたくさんの質問があり

農業への関心の高さが伝わってきました。

Img_6120

Img_6122_2

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさ、を体験してもらう活動を行っていますwink

2017年11月 1日 (水)

食農教育:平塚市立大野小学校の3年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、食農教育活動を行っています。

社会科や理科で野菜づくりや地域産業についての勉強を始める

小学校3年生を対象にした見学を行いました。

10/25(水)は、平塚市立大野小学校の3年生、97名がやってきました。

Img_2647

野菜はどこで作られるのかや平塚で作られている野菜の話、

農家が野菜を作る上で農薬やビニールハウスなどを使い、

いろいろな工夫をして野菜を作っている話をしました。

Img_2648

また、全農が行っている仕事や野菜の流通についてもお話ししました。

たくさんの質問が出され、とても熱心に聞いていただきました。

Img_2649

Img_2650

Img_2651

Img_2652

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさ、を体験してもらう活動を行っていますcatface

2017年10月18日 (水)

食農教育:平塚市立吉沢小学校の5年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、食農教育活動を行っています。

学校の授業でお米づくりをおこなっている5年生に、

お米の歴史や田んぼの生きものについての話しやトラクター・コンバインなどの

農業機械に触れる体験をしていただいています。

Img_5668

10/13(金)は、平塚市立吉沢小学校の5年生の皆さんがやってきました。

「吉沢」と書いて、「きさわ」と読みます。

最初に、全農がおこなっている仕事の話やJA全農営農・技術センターの役割について説明し、

次に、田んぼの生き物やお米作りについて説明しました。

Img_5669

授業の中で育てているお米の話は、特に真剣に聞き入っていました。

最後に、トラクター・コンバイン・田植機に乗って触れる体験をしました。

Img_5674

あいにくの雨でしたが、子どもたちは元気にトラクターやコンバインを観察していました。

Img_5676

Img_5677

Img_5681

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさ、を体験してもらう活動を行っていますwink

2017年9月29日 (金)

食農教育:平塚市立金田小学校の5年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、食農教育活動を行っています。

学校の授業でお米づくりをおこなっている5年生に、

お米の歴史や田んぼの生きものについての話しやトラクターやコンバインなどの

農業機械に触れる体験をしていただいています。

9/28(木)は、平塚市立金田小学校5年生の皆さんがやってきました。

Img_5390

最初に、ガイダンスルームで全農や営農・技術センターが

何をしているところかを説明しました。

皆さんのメモ帳はたくさんの文字で埋められ、

農業についてたくさん興味持っていただきました。

Img_5384

Img_5389

続いて、外に展示したトラクター・コンバイン・田植機の説明と、

乗って触れる体験をしました。

Img_5394

間近で見る機会が少ない農業機械に子どもたちは興奮状態です。

朝から降っていた雨も上がり、楽しい見学となりました。

Img_5391

Img_5398

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさ、を体験してもらう活動を行っていますwink

 

2017年9月19日 (火)

食農教育:平塚市立花水小学校の5年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、食農教育を行っています。

お米の歴史や田んぼの生き物についての話しや、トラクターやコンバインなどの

農業機械に触れる体験をしています。

9/14(木)は、平塚市立花水小学校5年生の皆さんがやってきました。

Img_5219

パワーポイントを使い、全農の業務や営農・技術センターの仕事について

子ども向けに説明しました。

Img_5225

皆さんのメモ帳は沢山の文字で埋められ、農業についてたくさん興味を持っていただきました。

Img_5226

続いて、外に展示したトラクター・コンバイン・田植機の触れる体験をしました。

Img_5228

間近で見る機会が少ない農業機械に触れて乗る事も出来たので、

子どもたちは興奮状態でした。

その場で質問もたくさん出され、楽しく体験しながら農業について理解を深めていただきました。

Img_5241

Img_5242

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさ、を体験してもらう活動を行っていますsun

2017年6月 1日 (木)

JA佐野アグリスクールでのうぃずOneを活用した食農教育を紹介

平成27年度から開始している「うぃずOneを活用した

野菜作り食農教育」は、うぃずOne」の

栽培キットを用いて行う食農教育です。

平成29年度は4カ所のJAで活用していただいています。

今回はその一つ、JA佐野での活用状況についてご紹介します。

Img_3707栃木県のJA佐野は、「JA佐野アグリスクール」を毎年開催しています。

親子参加型の農業体験とし、野菜の種まき・定植などを

親子で体験する取り組みです。

今年は5月から12月にかけて、50組の親子が7回の農業体験をします。

Img_3674

Img_36845/20、JA佐野教育センターでアグリスクールが開催されました。

JA佐野アグリスクールの参加者のみなさんには、「うぃずOne

活用した栽培キット」をお渡しして、自宅でミニトマト栽培に挑戦していただきます。

Img_3677参加者の親子は、発泡スチロールの栽培槽を受け取って、

ミニトマトの定植方法や、誘引の棒の立て方などを

JAの職員から教えてもらい、自宅に持ち帰ります。

Img_3694

Img_3702子供たちは、職員の野菜栽培に関する説明に興味津々で、

職員の回りを取り囲むようにして話を聞いていました。

夏のミニトマトの収穫が楽しみですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、小学生に食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っています。

2017年5月19日 (金)

食農教育:平塚市立大野小学校の5年生がお米の話を聞きにきました

5/16(水)は、平塚市大野小学校の5年生130名の元気な皆さんがいらっしゃいました。

Img_2232

大野小学校では5年生がお米づくりを行っていますが、

お米づくりを始めるにあたり、お米の歴史や田んぼの生き物のお話、

お米作りのポイントについての授業をおこないました。

Img_2233

お米に関する質問もたくさん出され、これから始まるお米づくりを

楽しみにしている様子がうかがえました。

5/18(木)に田植えをおこなったそうです。

Img_2234

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っていますwink

2017年5月15日 (月)

食農教育:大野小3年生が「うぃずOneを活用した野菜作り」を始めました

「うぃずOneを活用した野菜づくり食農教育」は、農家向けに開発した

軽量で設置が容易なトロ箱養液栽培「うぃずOne」の考え方を活用して、

小学生でもできる栽培体験学習用資材として提供する取り組みです。

平塚市でも、大野小学校3年生が夏のトマト作りを始めました。

Img_3576

5/10(水)は、学校でのトマトの定植作業を控えての勉強会を行いました。

Img_3577「トマトを育てよう・トマトを食べて元気になろう」のテーマで授業を行いました。

Img_3580

参加した小学生はいろいろなトマトの話を、真剣に聞いていました。

「みどりのトマトは美味しいですか?」「トマトはいつ頃食べられますか?」など

質問もたくさん出され、これからのトマト栽培への意欲あふれる勉強会となりました。

Img_3581

営農・技術センターでは、小学生に食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っていますshine

2017年2月27日 (月)

食農教育:世田谷区立駒繋(こまつなぎ)小学校の5年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、広く食農教育活動を行っています。

その中でも小学校5年生を対象にした施設見学は、毎年好評です。

Img_2665

2/21(火)は、世田谷区立駒繋(こまつなぎ)小学校の62名の

元気な5年生の皆さまがやってきました。

Img_2669

5年生は、社会科で工場について、理科でお米について学ぶ学年だそうです。

Img_2672

その関係から、同じ工業団地にある日産車体の工場見学と、

この営農・技術センターの農業施設を見ていただきました。

最初に、全農の仕事の話や営農・技術センターの仕事について説明しました。

次に、田んぼの生き物やお米作りについてお話した後、

トラクター・田植機・コンバインの試乗体験をおこないました。

Img_2678

Img_2680_2

Img_2686_2

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさ、を体験してもらう活動を行っていますwink

2016年12月 2日 (金)

食農教育:平塚市立崇善小学校の3年生が見学にやってきました

営農・技術センターでは、広く食農教育活動を行っています。

Img_180411/22は、平塚市立崇善小学校

3年生の皆さんがやってきました。

3年生は、野菜づくりや地域産業についての勉強(社会や理科)を

始めていることから、今回の見学では野菜についての授業を行いました。

Img_1829

Img_1832授業では、平塚で生産される野菜や、農家さんが野菜を作るうえで行っている

農薬やビニールハウスなどを使った工夫についての話、

全農の仕事、野菜の流通についての話をしました。

たくさんの質問が出され、とても熱心にメモを取っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営農・技術センターでは、小学生の皆さんに食べものの大切さ、

農産物づくりの楽しさを体験してもらう活動を行っています。